2014年01月22日

カサノバ (沖縄)琉球仕様にトラットリア

0116Casanova3月-0


那覇の本格トラットリア「カサノバ
沖縄に行ったら必ず寄ってる安定感あるイタリアン。

本場感高めのトラットリアだけど、ぼくらが
行くときは無理やり沖縄食材を使ってもらって
コースを組み立ててもらっている。
0116Casanova3月-5





本物の技と感性をベースに、地方の特長を取り込んだ
オリジナリティのある料理を堪能する。これこそが、
旅の楽しみであり、イタリアンらしい遊び方だと思う。
0116Casanova3月-4






これは、ヤシガニを使ったパスタだったっけ?
何度も行っていて、既に1年近く前の記憶となると
どれがどの時の素材だか、良くわからんくなりますわ。
ま、そんなのはいいの。琉球を感じて一流のイタリアンが
楽しめるなんて、ほんとうの意味で贅沢だよ。
0116Casanova3月-13





なんちゃってかと思いきや、結構美味だった
ランボルギーニの赤ワイン。ただ、これを
呑んだら思い切り病状が悪化してしまい....
体調悪い時にアルコールは要注意。
0116Casanova3月-11





一撃で倒せるインパクトを重視するというシェフ。
琉球の海と風を舌で感じながら食べるイタリアン、
これがリゾートの夜の正しい愉しみ方。
0116Casanova3月-1



カサノバ (Antica Trattoria Casanova)
098-861-1182
沖縄県那覇市銘苅1-2-17 クレセントビル 2−B
http://casanova2009.info



旅先でも絶対ハズしたくない人は
沖縄行ったら寄ってみましょう。
沖縄らしい食材があるかわからないので
事前にリクエストしておく方が安全です。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







****************************


以前はカウンター席もあったんだけど、
今はテーブルのみの構成。全部で20席
くらいなんで、沖縄といえど要予約。
0116Casanova3月-3






島ダコや烏賊の使い方がウマいんだよね。
前菜の段階で、カサノバらしさ出てますなぁ。
0116Casanova3月-8





ドライトマトとハムの組み合わせに
思わず酒が進んでしまいます。
0116Casanova3月-6





この烏賊のテクスチャが野性的かつ官能的。
それに合わせた野菜やソースがエロさを加速。
0116Casanova3月-7





昔は、「沖縄に行っても食がねぇ…」なんて時期も
ありましたが、これだけ情報が流通して、内地からも
人が流れるとなると、食のレベルもあがってきます。
隠れた名店にも逢える確率がグッと高まったし。
0116Casanova3月-9





ワインもお任せ。そこそこ気分伝えれば
あとは予算内で最適なセレクトをしてくれます。
0116Casanova3月-10





ミートボール的な。
これまたストレートパンチなマンマ系。
0116Casanova3月-12






絶品の甲殻系パスタを挟んでからの魚料理、
スモークした香りも色気あって、本当に美味な
仕事だったんだけど、この頃からウィルス性
胃腸炎の症状が本気出して暴れだし…
(酒と脂は厳禁なそうで、翌日知りました)

欲にまみれたオレをもってしても、完全に
動けなくなってしまいました。
0116Casanova3月-14




極上のセコンド。
折角オレたちのために用意してくれたのに。
まりえも義妹もそこまで肉は食べないから、
本来は残ったものもまとめて、全部片付ける
役がオレだったんですけどね。
0116Casanova3月-16




実に見事な火入れ。美味しいものを前にして
全くカラダが動かないツラさ。完全に脂を
受け付けられなくなってました(泣)
0116Casanova3月-18




レストランを楽しむには、美味な料理に色気たっぷりのワイン、
そして、テーブルを一緒に囲む大事な仲間達。
あと忘れちゃいけないのが、その環境をめいっぱい
堪能するための健康なカラダね。この時の悔しい思いは
その後の美味しいものとの関わり方に、大きな影響を残しています。
0116Casanova3月-2




あまりに悔しいので、この半年後に
リベンジマッチしてきました。
結果は、もちろん完勝!!
ありがとう、カサノバ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔