2014年01月26日

ウォッチマニアの会(恵比寿)沖縄料理のぶーてん

WM2013_3月-13

アンティークウォッチ好きの兄貴衆らが集まるツキイチの集会。

単に時計好きの集まりというわけでなく、レストランやワイン、靴に眼鏡…など
幅広く色気あるモノが好きで、知識や経験値を無駄に高めてしまっているという、
しょーもないオトナ達の集いです。
WM2013_3月-6



初回は神楽坂の中華「LouRun」にて
続く二回目が新宿の「トラットリア・ブリッコラ」
回数で言うと、ここが3回めでした。

その次の会は欠席で、5回めがうなぎの「しらゆき」
6回目が築地の「パラディーゾ」で、そのまま西巣鴨にある
『Private Eyes』 に寄って、自身 初となるアンティーク
ウォッチを手に入れました。

7回目も、うなぎの「しらゆき」。
皆のお気に入り度がバレますねw

以後も、ほぼ毎月開催してるんだけど、
まだアップが追いついてないね。
アップの順番もまちまちだし。

WM2013_3月-15






もともとアンティークウォッチには興味があったんだけど、
中途半端な知識じゃ、正直コワかったんで買えなかったのよ。
それに自分の軸(好み)がわかるまでには、それなりに数見て
自身の腕にハメてみないといけないからね。まだ、この頃は
筋トレ中で、自分の型が出来るには程通り状態。
WM2013_3月-9





実際、兄貴衆からは「当分の間は見てハメるだけだ」と
竹刀での素振りを命じられていて、真剣を持つには自分の型が
ある程度出来てからだと厳命されていたんです。


もちろん、人の好みだけど、例えばこの時計。
眺めてる時より、腕にハメた時のほうが華やかに
感じて好きなんだけど、サイズがオレには ちとデカいかな…
ちょっと息苦しい。

昨今の現行モデル的デカフェイスに慣れてると、
そんな違和感は感じないと思うけど、今の自分の
スタイルからすると、ワンサイズオーバーサイズの
ジャケット着てるくらいのボリューム感。

そういう基準(あくまで人それぞれ)がなんとなく
出来てくると、面白さが格段に変わってくる。
WM2013_3月-18





サイズ的にもデザイン的にも、TOPの写真のLONGINESは好き。
デイリーユースのアンティークウォッチは、ちょくちょく出逢いが
あれば買うと思うけど、それなりの大人買いではブランドとすると
ジャガー・ルクルトかインター(IWC)あたりを狙ってる。
ブラックフェイスのクロノもいいのがあればいいんだけど、
クロノコレクターの山田さんのモデル見ちゃってると、あれが
基準値になっちゃって、中々手が出せないんだよなぁ…
WM2013_3月-3





恵比寿の海南鶏飯2の斜向かいあたりにある沖縄料理店、
ゆったりした時間が流れる中で、濃度の高めの時間を
過ごさせてもらいました。
WM2013_3月-24

ぶーてん
03-3441-9092
東京都渋谷区恵比寿1-22-10 カマスヤビル 1F



人生MAXデブになったので、
とりあえず2月で3kg落とします。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*********************


この日は料理が出る前から、バシバシみなさんの
時計が飛び回ってたので、時計たちを汚さないように
気を使いながら食べてました。
WM2013_3月-4





恵比寿でも、沖縄料理店は安いですな。
島価格と同レベルではないけど、イタリアンや
フレンチの価格に慣れてると、リピりやすい。
WM2013_3月-23





今、ちょうど会の発足から1年位たったので、
そこそこ誰の時計か目星がつくようになってきます。
W渡辺さんのどちらかのじゃないかな…
んー、エリオさんのかな??
WM2013_3月-1





名機ルクルトの「メモボックス」
フェイスが黒単色じゃなく、ツートンなんですね
WM2013_3月-2










このクロノグラフも凄いな…
文字盤が細かく、汚れも殆ど見られない。
WM2013_3月-5




こんだけダイヤル描いてあるのに
リューズの上にボタンが一つのみ。
どうやって使うんだろう。
WM2013_3月-7




存在感あるけどフェイスがブラックで締まってるし、
ゴールドのケースとの相性もいい。存在感あるけど
これはバランス的にイケる気がする。
WM2013_3月-14






文字盤の12が赤って時代もあったんです。
WM2013_3月-8






これは随分渋いっすね、どなたのコレクションだろ?
WM2013_3月-10




このデコラティブなケースに
ブルースチール針
WM2013_3月-11




フェイスがツートンカラーで、
リューズが2つも??
どうやって使うか知らないけど、
色気あっていいなぁ、コレ。
WM2013_3月-12






綺麗っすね。
腕にはめる前は、清楚な印象が強かったんだけど
実際ハメてみたら、色気も適度にあってタイプでした。
サイズ感がまだ慣れない。一個このサイズ持てば
慣れるのかもしれないけど。
WM2013_3月-16





ブラックフェイスにブレゲ数字、
ベルトはパープルなんだ、お洒落。
これもハメ撮りしたかった。
WM2013_3月-17






周囲の数字と秒針が赤色で飛び数字。
やっぱ並んだらとりあえず腕にハメてみないとな。
今頃、どんな風に腕に馴染んだんだろう?と
気になっても遅いからね。
WM2013_3月-19





むっちゃ色んな機能が詰まったユニバーサルのクロノ。
アンティークウォッチショップでも、もちろん色々試着は
出来るけど、こんなに数を見て試せる機会は貴重なんで
今年もガンガン巻いていきます。
WM2013_3月-20




えーっと、これはもはや時計なんでしょうか?
WM2013_3月-21





時計師ナベさんの、このヴィトンのバッグも人気。
WM2013_3月-22




去年、一気に開花した趣味の世界です。
徐々に周囲も巻き込みつつあるけど、
この世界ハマったら現代に戻るのが
中々大変ですわ 笑
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔