2014年02月27日

Bijuu (京都)美意識のスパレジデンス

0227Bijuu2月-0


京都の四条河原町にあるスパレジデンス「Bijuu
ビル一棟で宿泊できる部屋は5Fの一部屋のみ。
4Fがスパになっていて、2Fがレストラン。
1Fはカフェになってるので、その気にさえなれば
1日この建物の中で過ごすことができちゃいます。
0227Bijuu2月-52





見ればわかると思うんだけど、
このレジデンスの最大のウリは美意識の高さ。
空間の美しさもさることながら、音や香り、
肌触りにいたるまで徹底的に心を解放してくれる。
0227Bijuu2月-1





こういったさりげないアメニティに至るまで、
こだわり抜いて選ばれた”愛情”を感じます。
いいものを選んでいるからといって、押し付け
がましくなく、ナチュラルに共感できるのが
このレジデンスの素晴らしいセンス。
0227Bijuu2月-21





だいたいね、リビングの真ん中に浴槽ってぶっ飛び過ぎでしょ?
最初は「ふんがー」って驚いていたけど、帰る間際にはあまりに
自然になっちゃって、むしろこんな部屋を作りたいなと夢想してみたり。
0227Bijuu2月-33







0227Bijuu2月-24




0227Bijuu2月-54




0227Bijuu2月-30



Bijuu
075-353-0802
京都市下京区木屋町通四条下ル船頭町194村上重ビル5F
http://bijuu.jp/



あまりにファンになったんで、色々ホテルのスタッフと
話し込んでたら、このブログ見て予約された方には、
とっておきの「京みやげ」をプレゼントしてくれるとのこと。
0227Bijuu2月-60



予約の際に「漢の粋を見た」と伝えていただくか、
ボクの方にでも連絡くれればBijuuの方にお繋ぎします。

とにかく一度、この空間を味わって欲しい。
そして、こんなヤンチャな部屋が、日本の古都
京都にあることが誇らしいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






****************************



さて、ちょいとバーチャル探索気分を味わっていただきましょうか。

エレベータを降りるとドアがあって、
きちんとセキュリティは守られています。

ここは玄関部分。
0227Bijuu2月-15





で、玄関入って右にはシャワーブース。
使用時は勿論ブラインド降ろすこともできるけど、
大人なカップルなら、敢えて開け放しというのもお洒落かと。
0227Bijuu2月-17





チェックインすると、スタッフがお茶を出してくれます。
その時に一通り部屋の使い方を説明してくれるし、
京都の観光についても相談に乗ってもらえる。
これは玄関あたりからのカット。
0227Bijuu2月-2






部屋の奥の方からも見てみましょうか。
花に隠れてるけど、ガラスの壁の向こうがベッドルーム。
隠れて見えないけど、左側にソファーセットが配置されている。
0227Bijuu2月-4






お風呂の蛇口もこだわってますね、美しい。
0227Bijuu2月-5



0227Bijuu2月-3






これは部屋からの景色。
鴨川の向こうに東山を望める絶好のロケーション。
この写真には写ってないけど、南座も至近距離。
0227Bijuu2月-6






コーヒーは豆から挽けます。
普段はNespressoでワンタッチな生活なので、
こういうアナログなとこが、旅の特別感を高めてくれる。
0227Bijuu2月-7





こちらがベッドルーム、空間の美しさもさることながら、
いい音に包まれてベッドに転がるのは至極の時間。
0227Bijuu2月-10








iPadで曲は選べるんだけど、音もわざわざこの空間を
イメージしてオリジナルで作ったとか。どこまで!!
アンプもイイね。
0227Bijuu2月-12



0227Bijuu2月-13





そして、これがスピーカー。
なんだか蜂の巣みたいですが、
音はヤバいです。体に染みてくる。
0227Bijuu2月-50





ベッドルームよりリビングを望む。
中央からちょい右にタオルが積んであるトコが
見えると思うんだけど、あの辺が洗面台と岩盤浴エリア。
0227Bijuu2月-14





そう、スパレジデンスを名乗ってるだけあって、
部屋に岩盤浴コーナーがついているんです。
0227Bijuu2月-22




岩盤浴部屋の中にもシャワーあるんだ。
0227Bijuu2月-23







こちらが洗面台。
欲を言うなら、もっと明るくなるような
照明が欲しいっすね。普段は照明抑えておくけど
朝、髪型セットするときとかもうちょい光が欲しいんです。
0227Bijuu2月-19





ボディタオルは4種類用意されています。
0227Bijuu2月-20











この浴槽は、足湯としても使えるので朝食後に足をお湯に
つけながら、コーヒー飲むのとかかなり贅沢。
0227Bijuu2月-26





ちなみに、ボクは朝ごはんの後に湯船に浸かりながら、
前夜に残ったオーパス・ワン飲んでました。
明らかに勘違いしそうな時間だったけどw、人生の中には
そういった振り切れた時間も必要だと思うんです。
0227Bijuu2月-51







バスタオルはもちろん、バスローブも強烈に気持ちよく。
どうやらトルコ製だそうで。
0227Bijuu2月-28




その名もHamam、なるほど!!
0227Bijuu2月-53





これ、どこだかわかる?
悔しいことにトイレです。
こんなカッコいい空間、
オレん家にも欲しいわ!!!
トイレにすら完敗(笑)
0227Bijuu2月-16





ソファーの前にスペースは、朝ヨガとかに絶好の空間。
パワースポット的な、なにか気の流れを感じます。
0227Bijuu2月-29






やー、チェックアウトするのが哀しかった。
0227Bijuu2月-31










Bijuuのスパは夜までやってるので、
チェックアウトした後に寄るってのも
余韻の楽しみ方としては悪くない。
帰り際に荷物のピックアップついでに
スパして帰ったら、エラい充実した気分になりました。

技術も高いし、使っているオイルもハイクオリティ。
0227Bijuu2月-55





施術の前に、色々カンセリングを受けながら
お茶をいただく。ごぼうのお茶とか初めてなんすけど。
0227Bijuu2月-56



0227Bijuu2月-57






ここ「Bijuu」は、今のスタイルでの営業は3月末まで。
そこから、一旦クローズしてリニューアルするらしいです。
今はSPAルームのこの部屋も、どうやら泊まれる部屋にするんだとか。
0227Bijuu2月-59




どんな風に進化するのか、愉しみな「Bijuu」。
ここを定宿に出来るくらいの余裕が欲しい。
0227Bijuu2月-58





ちなみに、このスパレジデンスは『村上重』という
老舗のつけものやさんの経営なんです。スーパーの
味のキツイお漬物は好んで食べないけど、ここの
お漬物は優しくて美味しい。
0227Bijuu2月-61



京都は、一見さんより「誰かの紹介」というのが重視されるコミュニティ。
たいしたお力にはなれませんが、”このブログを見た”と言っていただければ、
少しは距離感縮めるお役に立てるはず。

リッツやハイアットもいいけれども、これまでの京都観をまだまだ
くつがえす、ズバ抜けたセンスのスパレジデンスでした。京都は
何度訪れてもいい意味で裏切ってくれるから、やめられないんだわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 京都2014_2月

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔