2014年03月20日

旅のバックアップ 世界で使えるWi−Fiルータ

0318MandarinLondon3月-1

旅には貪欲だけど、あんまし緻密なプランは立てません。

緻密って一言にいっても抽象的過ぎるし、人によって捉える
レベル感が全然違っちゃうと思うんだけど「何時から何時まで
あそこ行って、次に電車で移動して何時まに●●へ行く」みたいな
分刻みのスケジュールは組まないってことです。

やりたいことリストは、手持ちで多めに持っていて、優先順位
だけは、なんとなく決めておく。ランチとかディナーとか、
完全に時間指定のアポも1,2個は入れると思うけど、せいぜい
そんなモノ。

一個スケジュールが押したら、後は雪崩のようにスケジュールが
崩壊してくってパターン、あんまし好きじゃないんです。


そのために大事なことは、アドリブでありつつもバックアップ
プランをいくつも用意しておくということ。臨機応変に”旅先を
楽しむには、旅をイメージして水面下の準備をどれだけしっかり
出来てるって、かなり大事だと思うんです。
0318London3月-3




アイテムに関しても考え方は同じ。
ボクは極度の近視なので、いつも使ってるコンタクトは
もちろん、使い捨てのコンタクトを複数箇所にバラけて
入れておくし、眼鏡も当然持ってきている。

財布は旅専用の財布があるし、マネークリップに
少し小銭入れがついたような財布は、散歩用に
最悪盗まれても大丈夫な覚悟で必要最低限のもの
だけ入れて持ち歩くようにしている。
0317MandarinLondon3月-44


旅のアドリブ度が高まったのはスマホの影響がデカい。
地図であらかじめプリントアウトしておくとか、
目的地までのルートをシミュレーションしなくて
いいとか、旅の負担が格段に減った。

スマホは2台、ノートPCは1台体制。
全ての旅情報はネット上なので、ある意味
コンタクトに匹敵する生命線

最近は、ルーターにSIMカードぶっ挿して使うことで、アホみたいに
高い日本の携帯会社の海外ローミングサービスは出来るだけ使わない
ようにしてる。今回みたいに短期間で国を移動するときはWi-HoのWi−Fi
みたいに、複数国で使えて定額なサービスが威力を増してくる。
0318London3月-6



最近は、レストランやホテル、空港でWi-Fi使えるトコ増えてるから
画像などのアップとかは、やはりそっちが高速で快適。

ただ、どの国行っても(世界で約120カ国対応)使えるって
自由度と安心感は、ここまで旅の必需品になってしまった今、
めちゃめちゃ大事だったりしています。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************


バックアップをいくつも作っても抜けは勿論あるわけで。
0318London3月-1-2





今回はカフスを忘れました…、というか白のYシャツ突っ込んだら
カフスボタンでした閉まらないヤツだったりして。Beau Brummell 様に
ダメ出しされないうちに、Hallodsやジャーミンストリートで現地調達。
0318London3月-2





また、改めて書くけど、ほんと買い物が楽しい国でした。
日本とは異なり、消費のための買い物というよりは、
自分というキャラクター作りのための買い物といった
奥深さがあります。
0318London3月-8





にしても、マンダリンオリエンタル ハイドパーク、
立地がヤバ過ぎるわ。ハイドパークにも面してるし、
出かけて帰ってくると、めちゃめちゃホッとします。
0318London3月-7






やり残したことがいっぱいのロンドン、
入口だけ覗いただけでも全然印象違ったし。
ここには、お洒落野郎達と一緒に来たいわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔