2014年04月12日

マーメイド・イン (ライ)カントリーサイドのアンティークホテル

0404RYE3月-2


1156年に創業した老舗旅籠の「マーメイド・イン」、
今の建物は築600年ということで、かなりのアンティークっぷり。
中に入ると足元がミシミシ音するなんてかわいいもんで、
一部では木の床が水平とれていなかったりとか、
近代建築では味わえないアナログ感が満載。
幽霊が出ることでも有名らしい。

熊本城にも清正が築城した櫓(築400年)が残ってたけど
柱のアンシンメトリーさとか、木の艶加減とか、壮大な
歴史を重ねてきた建造物だけが出せる独特のオーラが
共通してました。
0404RYE23月-2






ダイニングをはじめ宿の内部は雰囲気ありまくり。
オーナーのジュディスさんがアツく宿をプレゼン
テーションしてくれます。
0404RYE3月-7






朝食はクラシックなスタイルのイングリッシュブレックファーストを。
ブーダン・ノワール(イギリスではなんていうか謎)や、ソーセージに
ボイルしたトマトや目玉焼きが乗っている。
0404RYE3月-6


他のメンバーは、エッグ・ベネディクトや、燻製の魚にソースが
かかったトラディショナル料理(名前は忘れた)食べてましたね。
なにげにカントリーサイドらしく、ヨーグルトが極ウマだったことに驚いた。
0404RYE3月-5






密輸事業者でこの街が栄えていた頃は、筋金入りのスマグラーが
入り浸っていたというこの宿。部屋には隠し扉があったりと、
男心をソソります。
0404RYE3月-8




こちらの古い暖炉は迫力あります。
ちなみに、暖炉に頭をつっこんで煙突の上の方をみあげると、
煙突の途中にも秘密の物入れがあったりと、あちこちに
密輸時代の歴史の跡が残っている。ちなみに、オーナーの
ジュディスさんは10代でバイトに入って、そこから今の
オーナーになったんだとか。凄腕です!!
0404RYE3月-9




イギリス国内でも有数の美しい坂と言われるマーメイドストリート沿い。
しかも最上部の絶景ポジションという最強のロケーション。
さすが多くのセレブリティたちが宿泊したという老舗宿。
宿の入口には、過去に宿泊したセレブの写真が飾ってあって
ブラッド・ピットやアンディ・ガルシアの写真があったのを
覚えている。エリザベス女王もお泊りになったとか。
0404RYE23月-1

Marmaid Inn
Mermaid Street, Rye, East Sussex TN31 7EY
電話番号 01797 223065
http://www.mermaidinn.com/




イギリスで最初に訪れた町がロンドンでは無く
ライの町というところが、尚更お洒落。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ








*************************



多分、朝の7:00過ぎだったかな、ここに到着したのは。
早朝にも関わらず宿の方が丁寧に出迎えてくれました。
0404RYE3月-1






実にアンティーク。
0404RYE23月-3





歴史が刻んできた雰囲気は、独特の色気を有しています。
0404RYE23月-4




サービスの子とか、いかにもイングランド。
0404RYE3月-3






素朴なエッグベネディクトが、こういうシチュエーションにはハマります。
0404RYE3月-4



このロビーも雰囲気出しまくり
0415MI3月-1





銀食器の重さがやけに嬉しい。
0415MI3月-2




このヨーグルト、めっちゃ美味でした!!
0415MI3月-3





朝食の一皿。
0415MI3月-4





クラシックなスタイルのパンケーキ
0415MI3月-5




談話室的な場所。夜の雰囲気も良さ気です。
0415MI3月-6




レザーの艶がソソる。
0415MI3月-7




おーーー、こんなサインも。
0415MI3月-8





なんて趣ある扉でしょう。
0415MI3月-9





廊下は静かになんて歩けません 笑
ミシミシ言うから。
0415MI3月-11




こちらはバーカウンター。
数十年間、毎日通ってくるお客さんもいるそうで。
0415MI3月-13




正直、朝ビールしたかったけど、この後の町散策で完全に
戦力外になりそうだったので、ここは我慢のしどころ。
0415MI3月-14




時計とか気になる。
0415MI3月-15




古いだけど清潔感あって、この宿の歴史に対する
愛とリスペクトを感じます。
0415MI3月-17





行く前は、カントリーサイドに行く時間あったら、ロンドンをもうちょい
見てみたいとか思ってたけど、カントリーサイドには中々行けないからね。
この流れはめっちゃセンスいい、さすがイギリス政観の仕事はデキますねw
0404RYE3月-11



title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル



イギリス滞在中、ずーっと天気が良かったけど、
この日が晴れてて、ほんと良かった。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔