2014年04月19日

ジャーミンストリート (LONDON)紳士の買い物道

0404ENGLAND3月-32



ロンドンっ子や観光客であふれるピカデリー通りの一本裏手。
ここはシャツやネクタイ、靴などメンズの名店が並ぶ「ジャーミンストリート」。
これまでミラノやナポリ、パリなどでも買い物を愉しんできたけれど、
ここまで実用的な紳士アイテムが充実している通りは見たことがありません。
0404ENGLAND3月-37




朝早めに来たので軽く眺めただけ。
夕方にゆっくり来ようと、めぼしい店をチェックしてみたものの
結局スケジュールが押し押しになって再訪できなかったエリア。
ロンドンでの最大の心残りは、このエリアでゆっくりと買物が
できなかったこと。マジでこの通りで1日つぶせます、オレ。
0404ENGLAND3月-31




もちろん、モノにもよるんだけど、実用的でかつデザインの
秀逸な靴が思ったより安そう。アンティークのカフスとかも
充実してたし、色々小物も充実している。ディスプレイを
覗いただけの感覚なので、確信は持ててないけど多分世界の
どこより紳士にとっては買い物天国だと思う。
0404ENGLAND3月-33





プリンスアーケードやピカデリーアーケードなど、
ジャーミンストリートとピカデリー通りをつなぐ
アーケードにも魅力的な店が軒を連ねている。
0404ENGLAND3月-36





散財リスクの大きなゾーンですw
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





********************




ロンドンの家には、昔有名な人が住んでいたところには、
こうして印が残っているんですが、ジャーミンストリートの
建物のひとつに、教科書でもよく見るあの人の名が。
アイザック・ニュートン、万有引力の法則はあまりに
有名ですが、実は学者という顔以外にも王立造幣局長官を
務めていたりしていたようです。
0404ENGLAND3月-38






拙ブログでも何度か紹介してますがブランメル卿。
0404ENGLAND3月-34





現在の紳士ファッションの基礎を作ったのが彼。
ファッション好きとしては、ご挨拶を欠かしては
いけない存在です。
0404ENGLAND3月-35



title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル



メンズでロンドン買物旅したいです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔