2014年04月20日

バーリントンアーケード (LONDON)格式のアーケード

0420LONDON3月-20

世界一古いアーケードと言われている「バーリントンアーケード」。
王立芸術院横のアーケードで、王室御用達の格式ある店舗が並んでいる。
私設の警備員がいるというのも、このアーケードの特徴。

ミラノやナポリのガレリアのような迫力は無いが、その分
厳選された良店が並んでいるという印象。一店舗たりとも
”相応しくない店”が入っていないというのが凄い。
0420LONDON3月-5




アーケードの入口がLADUREEですからね。
外席あるのもいいね、まだ、ちょい寒かったけど。
0420LONDON3月-7




こじんまりしたブティックなんだけど、
置いてあるものがいちいち選びぬかれてて気持ちいい。
0420LONDON3月-17





アンティークウォッチが飾ってある店を見つけると
思わず足が止まってしまう。
0420LONDON3月-19





こちらのSHOPはROLEXを中心にかなりの数のアンティークウォッチが
揃っている。価格も数百万円のがゴロゴロと。
0420LONDON3月-14




GLOBE-TROTTERたちが並ぶショーウィンドウ。
奥の方に見えるアタッシュケースもカワイイっすね。
0420LONDON3月-10




こちらは冬の制服、外套を羽織っています。
0420LONDON3月-18


title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル



正直、こっちの価格帯は”眺めてるだけ”的な
アイテムが多かったという印象ですね。
目の保養になるし、足を運ぶ価値は絶対に
ありますけど。ちなみに、この通りでは
『ペンハリガン』の香水を買いました。
詳しいことは、また別の機会に。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ






********************


ピカデリーの町並み。
0420LONDON3月-1





工事中も、緑の色気がない網じゃなく、こういうので
覆っているところに都市ブランディングに対する成熟度を
感じます。日本が圧倒的に遅れている感性価値に対する理解。
0420LONDON3月-3





王室御用達マークがわかりやすいというのも
インバウンド対策につながりますよね。京都ですら、
どこに天皇家御用達のお店があるのか、全然わからんし。
0420LONDON3月-2






王立芸術院です。
国立だけじゃなく、王立っていう
カテゴリーがあるのがカッコいい
0420LONDON3月-4






アーケードの足元には、世界各国のシグニチャーなイラストが。
残念ながら、日本のイラストは無いとのこと…無念。
0420LONDON3月-11





パープルのスーツケースかっけーなぁ。
ただ、これの横に立ってるオレが鞄に負けそうでコワい 笑
0420LONDON3月-12




アーケードの警備員さん、かなり素敵なオジサマでした。
0420LONDON3月-22




特にアンティークウォッチマニアじゃない方にも
知られてることから、かなり有名なショップみたい。
0420LONDON3月-15




「おお!!! さて、円に換算すると…」と計算結果が出た瞬間
ケタをもう一度確認する。ま、そりゃそうか(;´д`)
0420LONDON3月-13







コンディションの良さそうなレアアイテムたちが並んでいる。
0420LONDON3月-16






次回は、ペンハリガンでの買物を。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ
















トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔