2014年06月14日

ハイドパークで乗馬の朝 (LONDON)

0613HR3月-2


香港&ロンドン旅では、紳士の嗜みを身につけようと
朝ごはんの後はハイドパークで乗馬をすることに。

ポニーにまたがったことはあるものの乗馬は初めて。
デビュー戦がロンドンってのは華があっていいなと思うものの、
英語での細かな指示とか理解できるかな、と少しドキドキ。

ま、不安と好奇心がぶつかった時は、たいてい好奇心に
身を任せることにしてるので、この日も余計なことは
考えず現場に向かうことに。

乗馬体験が出来る厩舎はいくつかあるようで、ここは
ハイドパークの北側にある町中の路地。
0613HR3月-1-2






公園内に厩舎があるんだろうと思っていたので、
このシチュエーションにはのっけから驚かされました。

周りの乗馬体験者を見てみると、ボクみたいに
初心者のかたも多くいたので「なんとかなるでしょ」と。
帽子やブーツはレンタルで。なので手ぶらでOKです。

公園までは普通にアスファルトの上をカツカツ歩いて
向かうんです。この非日常感はハンパない!!
都会でこんな遊びができるのか…とロンドンの
懐の深さに改めて驚く。
0613HR3月-1





インストラクターがロープでつないでくれているので
ボクらはゆったりまたがっていればOK。たまにギャロップも
はさんでくれますが、小走りするだけで体が浮いてケツが
がんがん打ちつけられます。競馬の騎手ってスゲーなと
思い知る。というか、暴れん坊将軍やりますな。
0613HRH3月-2



ハイドパーク内は、こうした乗馬の専用コースがあるんです。
池沿いを歩いていたら、向こうに馬に乗った衛兵の行進が。

朝から優雅さ全開のように見えますが、この頃からインフルエンザの
前戯がはじまっていて、やけに寒気を感じてたんですよね。
まだ発熱はしてなかったんで疲れが溜まってるのかな…くらいに
思ってたんですが、発症があと一日早かったらと思うと冷や汗。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル






**********************


ハイドパークの北部、ランカスターゲートに厩舎が集まる小路が、
初心者が体験乗馬する馬は、競馬でよく見るサラブレットな体型
ではなく、重心低めの安定感あるボディタイプのお馬さん。
0613HR3月-2-2





どの馬に乗ると聞かれたので、白馬の騎士になってみることに。
0613HR3月-3-2





厩舎からハイドパークまでは、普通に車道を歩いていくんです。
0613HRH3月-1







天気はイマイチだし、公園の緑もまだだったけど、
ロンドンを遊んでるな…と気分は相当昂ぶります。
0613HR3月-3










公園内では池沿いの散歩が相当気持ちいい。
初心者でも全く問題なく楽しめるので、
是非 試してみて欲しいですね。
0613HRH3月-3






スペインVSオランダは、まさかの1−5
W杯には悪魔が棲んでますな…

スペインの予選敗退は見たくない。
決勝でいきなりのブラジルVSスペインって
ビッグカードを魅せて欲しい!!!!
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔