2014年06月20日

ニライカナイの滝 (西表島)滝の下へ

2013ニライカナイの滝9月-19


西表島を代表するトレッキングコース「ニライカナイの滝」

ここもまた、波照間島のゲストハウス”やどかり”で友人になった
離島の達人が「良かったらガイドするよ」と連れてきてくれたんです。

通常はガイドさん込でツアーを手配するらしいんだけど、
離島の達人ケンちゃんが馴染みのツアー会社に電話して
カヤックを手配してくれたのよ。なんせケンちゃんが
ガイドできるくらいリピってるから。


コストは落とせるわ、時間は自由になるわ、
変な気を使わなくていいわ、といいことだらけ。
旅先ではローカル遊び人か、その道の達人に
エスコートしてもらうのが正解への最短距離。


このトレッキングコースは、ポイントまで
カヤックで行かないと滝に辿りつけないという、
天然のアトラクション。カヤック漕ぎながら
向こうに目的地の滝が見えた時とか、マジで
しびれたから。石垣島とも波照間島とも
全く違う表情のイノセントワールド。
2013ニライカナイの滝9月-4



なんせカヤックだって、ほとんど初体験。
ちょっと試し乗りした体験はあるけど、河を登って
目的地までなんてミッション、初心者にはドキドキ
でしたよ、大人になってこんなにワクワクドキドキ
できるなんて、そうそうありませんぜ。

カヤックの係留ポイントにしっかりロープでつないで、
あとは歩くこと20分くらい…かな。テンション高めで
あんまし時間の感覚なかったんだけど。こんな感じの
”もののけ姫”的世界観の中をトレッキング。ヤバいでしょ。
2013ニライカナイの滝9月-11





最初に音が聞こえてきて、視界が開けると目の前に
高さ数十mの瀑布が現れます。滝にうたれてみようと
岩を登ろうとしたらつるつる。他のグループのガイドさんに
「そっちいっちゃダメだよ」と止められました。
2013ニライカナイの滝9月-13






沖縄と一口に行っても、西表島の自然の濃さは別格。
本島に次ぐ大きさの島で殆どが未開拓エリアのため、
今まで知ってた沖縄とは全く異なるタイプの魅力に溢れている。
2013ニライカナイの滝9月-20





西表島に行ったら必ず行って欲しいポイントですね。
次回の西表島レポートは、いよいよ滝の上まで登ります。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





********************


上原港の近くでガイドやレンタルをしてるロビンソン小屋
カヌーを借りて、いざピナイサーラの滝へ。

集団行動とか無視なので、勢い良く他のツアーを
抜いていきます。カヌー経験のあるノッポさんが
同じカヌーに乗ってたせいか、かなりの安定感。

2013ニライカナイの滝9月-1




マングローブが両脇に茂る河をのぼり、トレッキングポイントまで
ひたすら漕ぎます。流れは感じないので、思ってる以上に腕はラクちん。
2013ニライカナイの滝9月-5





ビーサンだと脱げやすいので、シュノーケルの時にも
履いてるアクアシューズがほんと役に立った。この旅の
MVPは、間違いなく1000円チョイのアクアシューズ。
2013ニライカナイの滝9月-8



水も緑も美しすぎる。命のパワーってこういうこと?
2013ニライカナイの滝9月-9








波照間島の宿から一緒のメンバーと、たまたま
ニシ浜(波照間島)で友人になったメンバーと。
そういうノリの軽さが離島のいいとこ。
2013ニライカナイの滝9月-12




下にいると結構な水量に感じます。
2013ニライカナイの滝9月-18



滝壺は、みるみる他のトレッキング客が増えてきて
透明度はほとんどゼロ。でも、神秘指数はMAX高め。
2013ニライカナイの滝9月-15




ピピ島の「The Beach」を思い出したわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔