2014年06月17日

三井ガーデンホテル 京都新町別邸

0617MGSB6月-8

旅先のホテル選びって毎回悩みます。

凄く泊まりたいホテルがあれば、スケジュールに余裕
持たせるようにするし、とにかく町を知りたければ
単に寝るだけだからとホテルは潔く割り切るし。


京都のように、旅の目的が時によって変わる町は、
その時々で選ぶホテルを変えています。

オフシーズンでゆったりしたい時は、「柊家」みたいな
老舗旅館泊まったり、「Bijuu」のようなモダンな
スパレジデンスで、新しい古都と向き合ってみたり。


ハイアット」や「ウェスティン」は、まりえと来る時は
使いやすいけど、一人だとちょっと中心部からの
遠さが気にかかる。

カンラ」のような海外旅行客に人気のデザインホテルも
いいけど、一人だとこれまたちょっと予算オーバー。


今年3月にオープンした、三井ガーデン 京都新町別邸は、
デザイン性高くて、快適で、移動にも便利なお手頃ホテル。
朝ごはんも美味しく定宿に向いてんね。

元々が旧松坂屋の大店だったらしく、以前の雰囲気を
活かしながらも、現在の快適なホテルライフを約束してる。
0617MGSB6月-11




新築だけど木の格子が町並みに馴染んでいて、そもそも
ここがホテルとすら気づきにくい。ホテルの中に入ると
レセプションが中庭に面していて、こじんまりとして
いながらも開放感あるんですよ。






部屋は限られたスペースだけど、圧迫感は感じない。
窓が空けられないことを逆手に取った障子の仕掛けが
うまく効いているのかな。モダンな和のテイストを散りばめ
ながら、機能性も同時に実現している。
0617MGSB6月-18




ベッド周辺のコンセントはスマホユーザのライフラインだし、
ベッドに転がりながら調光を全部コントロールできるのも
ありがたい。照明全部はコントロール出来ないとか
極端に全部消えちゃうとこって多くない? お気に入りは
「WINDOW」ライトってのがあって、障子がボワーっと
光ってるの。これが中々使い勝手いいんすわ!
0617MGSB6月-24








夜のエントランスは、昼間とまた違った雰囲気に。
ソファーに置かれているファブリックや、
壁にかけられた木のアートなどもセンス良く
ホテルに戻ってきた時に五感を一気に癒し
ゾーンに運んでくれる。「ホッとする」って
こういうことなのねーと体感できる。
0617MGSB6月-29





旅先でありがたいのは、ホテルに併設のレストランが
”使える”存在であるということ。朝食、カフェ、ランチ、
ディナーと4つの顔を持つ「IZAMA」
0617MGSB6月-7





漆喰壁を今っぽくアレンジした和モダンの空間。
フレームで切り取られた中庭の景色が京都らしい。
0617MGSB6月-1





小鉢が多くドリンクバーもついている。
外国人の方にも人気で、朝からどのテーブルも
賑やかな活気で溢れてました。
0617MGSB26月-1



空間も心地よく、メニューも豊富なビュッフェ
スタイルのおばんざいモーニング。宿泊客じゃ
なくても使えるので、この内容で1800円なら
覚えておくといいですね。
意外と京都で朝ごはんって悩むので。
0617MGSB6月-10


三井ガーデンホテル 京都新町別邸
〒604-8212 京都市中京区新町通六角下る六角町361番
075-257-1131
http://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-shinmachi/



IZAMA
075-251-2500
京都府京都市中京区新町通六角下ル六角町361
三井ガーデンホテル京都新町別邸
http://www.gardenhotels.co.jp/kyoto-shinmachi/restaurant/



昨晩は日本酒で心地よく酔って帰ってきたので、
軽く寝てからサッカー見ようと1:00に目覚まし
かけてたんだけどな…
目覚ましがなったことすら記憶にない。
おかげで、ドイツVSポルトガル戦見過ごしたわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





*************************

ホテルの外観。
道はそんなに広くないから、2Fの部分くらいまでしか
意識が届かなくて、看板を見逃したらホテルってわからないかも。
0617MGSB26月-10




そんなに広い空間だけど
、あるのと無いのとでは大違い。
0617MGSB6月-9




ロビーから居住者エリアに入るトコ、
エレベーターで利用階押すとこでも
ルームキーのタッチが求められる。
セキュリティ高めの印象。

ちなみに1Fに大浴場があるのも嬉しい。
外人さんにはポイントでしょ。
0617MGSB6月-27



部屋の入口から。
0617MGSB6月-17





華美さはなくても、こういうさりげないデザインで
五感は癒されます。
0617MGSB6月-13





ちょっと休んだり、寝るのには充分。
0617MGSB6月-20






ちょいちょいした小物のデザインにも気を使っている
0617MGSB6月-14




これはミラー。
0617MGSB6月-15






ここですべてのライティングコントロールが。
バスルームはさすがに別だけど。
Luxuryなホテルほど、ベッド近辺にコンセント
なかったりするから、スマホを電源につなげながら
手の届くとこに置いておけるのは、逆に新鮮かも。
0617MGSB6月-25




チラッと見せてもらった2Fの部屋は、ちょっとした小上がりがあって
木の格子越しに向かいの建物が見えたりするんです。
0617MGSB26月-9





こういう景色は京都ならでは。
0617MGSB26月-8





夜のロビーからもう一枚。
0617MGSB6月-28













朝食のIZAMAの様子。
空席がないくらいの繁盛具合。
0617MGSB26月-2




朝から、こういった温もりある おかずを食べられるのが嬉しい。
夜にいいもの食べたりしてるんで、朝はむしろ気を抜きたいんです。
0617MGSB26月-5




日本の和の朝を象徴するような一枚。
0617MGSB26月-6







お客さんがいない時に覗かせてもらって。
片付け中に、ごめんあそばせ。
0617MGSB6月-4





この中央の席が特等席っすね。
0617MGSB6月-6




レストランの横には蔵を改造した個室も。
0617MGSB6月-2




京都しっかり観光したいアクティブ派におすすめです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 12:33│Comments(1)TrackBack(0)和食 | 京都2014_6月

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by まー   2015年01月26日 13:09
5 来月京都出張で泊まるホテルを、三井ガーデンホテル京都新町別邸かダイワロイネットホテル京都四条烏丸どちらかで迷ってましたが
当ブログを拝見して、ホテルがわかりやすい紹介をされていたので三井ガーデンにすることにしました。良いブログを書いてくれてありがとうございます。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔