2014年08月25日

マンダリン・オリエンタルのカフェで一息 (Bangkok)

0826Oriental12月-11

現在のマンダリンオリエンタルホテルは、香港の「マンダリン」とバンコクの「オリエンタル」が
合併して出来たホテルグループ。バンコクの「ザ・オリエンタル」と言えば世界一のホスピタリティ
とも謳われた正真正銘のラグジュアリー・ホテル。

その真価は宿泊客、もっと言えば常連客にこそ発揮されるものではあるが、その雰囲気の
片鱗でも味わいたいのならば、夕方にカフェで一息するのなどいかがでしょう
0826Oriental12月-9




ドレスコード(長ズボン、襟付きシャツ)があるとはいうものの、
お客さんによっては短パン、Tシャツというスタイルも。
入れなくは無いと思うんだけど、折角の舞台を愉しむなら、
最低限のスタイルで訪れたいものですね。なんだかんだ言っても
雰囲気はやっぱりアッパーなので。
0826Oriental12月-1






夕暮れに染まるチャオプラヤー川を眺めながら、汗を引かせるひととき。
アルコール一杯なら1000円程度でおさまるはず。バンコクの物価とサービス
レベルの高さを知ってしまうと、中々 他のアジア諸国で遊べません。
0826Oriental12月-4






やはり、このホテルはバンコクのマイフェバリットです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***************************



クリスマスシーズンだったので、飾り付けも華やか。
日本の7月ころと変わらないので、油断してると
年末ってことは忘れるけどね。
0826Oriental12月-13






クリスマスのせいなのか、いつもよりロビーに
コンテンツが詰まってたような気がする。
0826Oriental12月-12




ロビー外の喫煙可能なエリアも、洒落てて好きなんス。
0826Oriental12月-10






『サヨナライツカ』でも良く登場していたBamboo Bar
0826Oriental12月-8




ここで昼からシガーとシングルモルトとか飲るのがやんちゃジジイの
正しいヴァカンススタイル。あと10年くらいしたら似合うかな。
0826Oriental12月-7



この廊下を抜けていくと
0826Oriental12月-6




チャオプラヤー川が目の前に開けます。
この右側がオリエンタルのカフェ。
0826Oriental12月-5





写真には映ってないけど、もうちょい右側に
おハイソなファミリーが陣取ってました。
やはり、ステージに相応しいスタイルを
している方が似合います。
0826Oriental12月-3





お酒を頼めば出てくるお通し。
意外に美味しくて止まりません。
0826Oriental12月-2




チャオプラヤー川で遊ぶなら、寄っておきたいポイントのひとつ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔