2014年09月13日

竹富島 (沖縄)珊瑚の集落を歩いて

0910竹富島9月-21


石垣島から船ですぐの『竹富島』。

ここには、沖縄本島では殆ど見ることの出来ない、多くの人が
イメージする"沖縄"が残されている。赤屋根瓦の琉球建築、
積み重ねられた石垣、蒼い空に映えるブーゲンビリア。
パウダーなホワイトサンドビーチにエメラルドグリーンの海。

そして、この島の真価に触れたいのなら、日帰りの観光客が
帰った夕方から散策に出かけよう。すれ違う人も少なく
どこかの時代にタイムスリップしたかのような錯覚を覚える。
0910竹富島9月-9




ただ、波照間島や西表島に泊まった後でこの島に来ると、
いい意味でも悪い意味でも完成された観光地の側面を
強く感じてしまう。決してそれが悪いというわけでは
ないけど、八重山の離島の中では別格に優等生。
計算され尽くしたナチュラルメイクの女の怖さというか、
わかりやすいヤンキーの方が安全に感じる感覚ってわかるかな。

スッピンの波照間島を見た後だと、ちょいと気になるのね。
なので、順番としては石垣島→竹富島と来て、そっから
波照間島とかDEEPな離島に踏み込むほうが、自分的には
理想な流れです。
0910竹富島9月-2-2





島は小さいのでレンタル自転車があれば充分。
下は砂利道なので漕ぎづらいけど、それでも
歩くことを考えれば、借りた方がいいね。
0910竹富島9月-1






集落の中にある展望台。
すごく狭くて急な階段なので、上は2人がキャパ。
なので、常に行列になっていている人気スポット。
夕暮れ時のオレンジに染まる集落を見るのが、
一番の使いどきでしょうね。みんな考えることは
同じなので、その時間が一番倍率高いけど。
0910竹富島9月-12




展望台の上に登ると、こんな感じで集落が見降ろせます。
0910竹富島9月-15




0910竹富島9月-22

ほんっと平らな島で、島の中心部の集落に、殆ど人が集まっている。
『星のや』があるエリアもあるけど、あそこは竹富島というよりは
港区ですね。八重山諸島に似てますけど別物です。


 ↓ ↓
人気ブログランキングへ


*****************************



誰も居ない集落の道。
ちょいと外れに泊まってたので
こんな光景はフツーになりました。
贅沢でしょ。
0910竹富島9月-2




掃き清められた珊瑚の砂利道。
頭が下がります。こういう地道な日常が
観光地の価値を高めるんですよね。
0910竹富島9月-3




掃き掃除してるオヤジさんと目があってので挨拶したら立ち話に。
ずーっと竹富島に住んでるのかと思ったら違うらしい。色んな
人生があるんすね。
0910竹富島9月-18



竹富島憲章ってのがきちんとあるので、こんなにもいい雰囲気が
保たれているんです。観光立国を目指すなら学ぶべきことが多い。


「売らない」「汚さない」「乱さない」「壊さない」の島を守るための4原則と、
伝統文化と自然・文化的景観を観光資源として「生かす」を加えた基本5原則をはじめ、
島の伝統文化を大切にする精神や来島者を接遇する際の心構えなどが謳われている
0910竹富島9月-4




自分の価値がなんなのか、正確に認識をはじめることが
大事ですよね。仕事・友人関係・結婚・恋愛、何するにしても
自身のポジションを客観視できることが、はじめの一歩だと思うんすよ。
0910竹富島9月-5





ここは小学校兼中学校だったと思う。
ゆったりした時間が流れる学び舎。
入口の木の伸び方とか、校庭の整備に
混じりっけのないものを感じる。
おしきせの"ゆとり"とは異なる、
いい意味でのいい加減さ。
0910竹富島9月-6





自然の音しか聞こえない夕暮れの集落。
慌ただしい日常が嘘みたいに思えてくる。
0910竹富島9月-7











こんな小さな島にも、聖なる場所はあるんですね。
きっと本州にもあったんだろうけど、それを護ることが
できなかったのが、今の日本。代わりに手に入れた便利さも
それはそれで凄いんモノなんだけどさ。


0910竹富島9月-10




コンビニなんでものはありません。
昔ながらの売店はあるけどね。
自動販売機もあったっけなぁ....
そういう場所です。いいでしょ?
0910竹富島9月-11







あ、自動販売機はありましたね。
でも、そんなとこで水分補給するのは
勿体無いから、雰囲気いいカフェ見つけて
入りましょう。
0910竹富島9月-17






たまに、屋根が補修された綺麗な家屋も並んでます。
メンテナンスしないとね。
0910竹富島9月-19





ここはドミトリーだったと思う。
0910竹富島9月-20







ざっくり集落はこんな感じ。
写真には写せない音とか空気を感じに行って
ほしい場所ですね。気になる海は次回くらいに。
0910竹富島9月-23





はじめて、沖まで1kmくらい歩きました。
あの体験は衝撃だったなぁ...
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Saimon   2014年09月18日 21:23
バリ島の件ではお世話になりました。ろくに御礼の返信もせず申し訳ないです。

昨日までまた八重山行ってました。
今年は西表も波照間も行ってませんが。。。
私も竹富島は「完成された島」という印象でしたが、民宿で出会った「おばあ」から聞いた昔話を聞いて印象ががらりと変わりました。
「観光立国」を50年も前から目指すという先見の明。そのために「真水」が必要で石垣からのパイプラインを設置したこと。竹富は教育を重視していて教授が非常に多い事。

すげービジネスセンスだと思いました。脱帽です。
松竹荘、お勧めさせて下さい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔