2014年10月27日

桜田 (京都)感性に響く伝統と進化

1028桜田7月-0


京都を代表する人気 日本料理店のひとつ「桜田」。

1人ランチということで、直前だけど運良くカウンターに
1席用意してもらうことができました。初訪問だったけど
若女将がカウンターに居たので、オシャベリしながら優雅に
ランチタイム。

京都にも色んなタイプのお店があるけど、ここは背筋が
ピンとなって、そのまま固まっちゃうような凍結オーラは
なく、比較的ナチュラルな空気感で食事を楽しめる。

カウンターの他に、テーブル席と個室があるんだっけな?
違うかもしれないので、行かれる方はご自身で確認を。
1028桜田7月-6




祇園祭の時期のランチ、しかも直前予約の飛び込みなので、
そこまで期待してはアレだろうと思ってましたが、
想定以上に満足度の高い展開に、自分の運の良さを感謝。
1028桜田7月-7





料理は、薄いレンジの中でスレスレのとこ攻めてくるのね。
繊細だけど芯の強さも兼ね備えてるスレンダー美女みたいな印象。
コンサバなスーツも着こなすし、フツーっぽく黒のワンピ着てるのに
ワンポイント遊んでて、そこが妙に艷やかみたいな。
1028桜田7月-9




このあたりは正統派美人の真っ向勝負。
鮎の炭火焼は、夏の京都に欠かせません。
1028桜田7月-15




そんな流れの中にじゅんさいをアクセントにした
きのこの冷製スープ的なものを挿しこんでくるのよ。
でも、流れの中ではキチンとはまっていて、後で
振り返っても、この打順は正解なんです。
器は燕三条の職人さんのものだったかな、
見た目も手触りも、暑い夏の午後をすっと
冷ましてくれるいいアクセントでした。
1028桜田7月-16




マジで近々再訪したいと思ってるので早めに次の予約しないと。
ほんと席数の少ない店ないし、無理かなぁ...
1028桜田7月-20




これから日本料理もっと食べたいなと思ってる若者は、
空気がピリピリするようなお店じゃなく、こういうトコで
あるひとつの頂きというものを感じて欲しいですね。

安いものが悪いと言う気はサラサラないけど、人生を
生きる上で、選択肢に大きな振れ幅を持ってたほうが
いいと思うんす。いいものは何故いいのかということを
からだで感じとくのってホント大事だから。
ただそのデビュー戦で苦手意識作ると、次が続かなくなるんでね。
1028桜田7月-1





タクシーは店の前の路地に入れなくて、
ほんの少し歩いただけなんだけど、
それだけで汗が滲むくらい暑い夏のお昼でした。
書いてたら、その時の暑さ久々に思い出したわ。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**************************


京都の酷暑から室内に逃げ込むと、凛としたカウンターが。
まずはビールで汗をひかせて、料理が出てくるまでに体制を整える。

祇園祭の時期だったので、立鉾の器に入った前菜が。
こういうの、なんちゃってでやると凄く安っぽくなるんだけど、
さすが京都、さすが桜田、粋な遊びにしか見えません。
1028桜田7月-3




器の中には涼し気な鱧と、手前は冬瓜だったっけな。
いずれにしてもテクスチャーの違いを楽しめる野菜でした。
1028桜田7月-2






椀物の曲線に惚れ惚れしつつ。
蓋を開けてみましょうか。
1028桜田7月-4





絵的にはパッとしませんが、一口飲めば
体にじんわり広がるお出汁の美味しさ。
1028桜田7月-5






続いてはお造り。目にも涼し気な盛り付けで。
1028桜田7月-8






こちらの八寸、ちまきに書いてある文字の意味とか、
この時は「そうなんすね、へー」って聞いてた気がするけど、
1年以上経つと記憶ってもんは殆どが消えてしまうものなので 笑
いいんです、美味しく楽しく過ごせた記憶が残っていれば。
1028桜田7月-10




取り皿もオシャレ。遊び心がいっぱい。
1028桜田7月-11







焼物の鮎はたで酢でいただきます。
昼から鮎いただきながら酒飲むって
最高の贅沢のうちのひとつッスね。
1028桜田7月-14






じゃがいもの冷製スープだっけな...、食感もとても楽しめた
一皿だったと記憶しています。京都の人気日本料理店で、
こんなやんちゃな遊びが入ってるとは想定外でした。
1028桜田7月-17




この器も、今見るとよりかわいく見えたり。
写真に残しておくと、そういう楽しみもあったりね。
当時気づかなかったものが、後で見えてくるんスよ。
1028桜田7月-18






蒸し物は、魚のおろし蒸しだったと思う。
いちいち解体した写真とか残してないので記憶によるとね 笑
1028桜田7月-19







1028桜田7月-21




ご飯はとうもろこしゴハン、この食感と自然な甘さはよく覚えてる。
1028桜田7月-24







桜田クラスの超人気店は、予約の困難さはでいうと都内の人気
日本料理店とそんなに差がないかもしれない。でも、京都だと
ここまで予約が大変ではない日本料理店はたくさんある。
その中には、「なぜ、こんな美味しい店がすいてんの?」って
とこだって、もちろんあるしね。
1028桜田7月-22







食後の余韻も日本料理は格別。
イタリアンやフレンチだと、どうしても満腹すぎて
苦しい...って事態に陥りやすいからね。
1028桜田7月-23





人生の目標の一つが、京都に住拠点を作ること。
単に住むだけじゃなく仕事の起点にもなるような場所として。
1028桜田7月-25






今は現実的と言えない夢でも、言霊があるから
言ってみるのは大事。アンテナを常に張っておく
ことで、些細なチャンスでも見逃さないように。
1028桜田7月-26







食後は東福寺と塔頭の光明院へ。
旅全体は、こんな感じでした。
直後に書いたメモ
だからだいぶ記憶がクリアです。
1028桜田7月-27





生活圏でのひとりメシは、あんましないけど、
旅先だとひとりメシが全然苦にならないんだよね。
むしろ、それも旅の楽しみの一つとして組み込まれて
います。来年もたくさん京都に行けますように。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔