2014年11月08日

祇王寺 (京都)嵯峨野の名刹

1107祇王寺11月-0

嵯峨野の古刹 祇王寺。
ボクが京都で最も好きなお寺のひとつ。

嵯峨野のハズレで遠いいし、敷地も狭いし派手さはない。
ただ、その小さな空間に凝縮された美が詰まっていて、
ボクくらいの京都初心者には、ちょうどいい規模感。

あんま広すぎる空間だと、あちこち目が行き過ぎて
消化できないのよね。このくらいならなんとか五感を
フル稼働すれば、消化不良にならずに門を出ることが
できるのよ。苔×紅葉の落ち葉は、ひと足はやい日本の
古都からのメリー・クリスマス。
1107祇王寺11月-6






祇王寺は空が葉っぱで隠れるくらいの空間なので、
青空バックでこんな絵を喰らうことができるのね。
1107祇王寺11月-9





紅葉の天井越し太陽の光がに降ってくる。
この光を見上げた時の感動は中々忘れられるものじゃない。
1107祇王寺11月-15






いやー、華美じゃないけどイチイチ刺さる。
1107祇王寺11月-19





これが祇王寺です。
朝イチで貸切状態の時に行ってみたい。
1107祇王寺11月-23





1107祇王寺11月-20



そろそろ紅葉始まってるかなぁ〜
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***************************


嵐山の駅から一直線で祇王寺に向かいました。
1107祇王寺11月-1




山も色づいてますね。
1107祇王寺11月-2




清涼寺の紅葉の鮮やかな赤。
1107祇王寺11月-3





門に入る前から期待があがる。
1107祇王寺11月-4





狭い境内なので、ヒトが入っちゃうんだよなぁ...
1107祇王寺11月-8




息を呑む美しさって、現実の世界にあるんですよ。
1107祇王寺11月-7







なんだろう、このノスタルジックな気持ちは。
1107祇王寺11月-11





都内じゃ、こんな光景に中々会うことはできまいでしょう。
1107祇王寺11月-13


1107祇王寺11月-14





美しいということは、存在するだけで価値になる。
1107祇王寺11月-16




いっそ、住みたい。
1107祇王寺11月-17






この藁葺き屋根、いいよねぇ...
1107祇王寺11月-22





涙が出そうなくらいカワイらしい。
1107祇王寺11月-24




ちなみに横に滝口寺ってのがあるんですが...
1107祇王寺11月-25





なんかちょい荒れた空間が。
今どき、室内で喫煙とか凄まじくレア
1107祇王寺11月-27


美しいものが大好きなんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 13:00│Comments(1)TrackBack(0)京都2012 紅葉 | Pic.

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sam Bockarie   2014年11月09日 12:15
5 いつも美しい写真ですねぇ・・・

私も触発されネットで安い単焦点レンズ買ってみました。
やはり最初からついてきたズームよりも、
はるかに透明感のある映像になりましたが、
ピントが甘くまだまだでござります。

祇王寺は大昔夏に行ったきりで、
記憶に残っていなかったのですが、
今の時期、儚く典雅且つ絢爛、まことに美しい、
そう感じました。

西芳寺、ここは敷居が高くなってしまいました。
苔自体は明治期以降に流行した庭園アイテム、
大昔は石組み、泉池、建物との調和等
で評価したようですが、
世の移ろい、嗜好の変化、
あったほうが面白いと思います。

紅葉期の京都、
お料理も美味しいし行ってみたいのですが、
すごく混んでいるので観賞も大変ですねぇ・・

美しい古典美術作品、お料理、
期待しております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔