2014年12月24日

10周年結婚式 (京都)THE SODOH HIGASHIYAMA

1224_10thPRO7月-38

Joyeux Noel.

そんなイヴにちなんで、ベタ過ぎるこの投稿を。
もう半年前なんすね、京都のSODOHで10周年の
サプライズ結婚式挙げたのは。

式の前の和装の写真撮影も内緒だったんだけど、
わざわざ京都に来てさ、打ち掛け着させられて、
SODOHさんのスタッフにインカムでエスコート
してもらいながら、非公開の塔頭で写真撮影ですよ
フツー、これだけで終わるなんて思いませんよね 笑


写真撮影の後に控えていた10周年結婚式、こんだけの
友人らに緘口令ひいておいてオレがヘマしちゃ洒落に
ならんので、その日は朝から口数少なかったらしいですw
1224_10thPRO7月-43



写真撮影の時に「なんか、あるわね」と薄々感づいていたまりえも、
会場の扉の向こうの顔を全部予想できたわけじゃありません。
なにより、自分らのお祝いのために、京都の友人をはじめ、
東京や札幌、シンガポールの友人までもが集まってくれてるの
実際見たら、さすが胸があつくなるでしょう。
1224_10thPRO7月-17





結婚式ならともかく、東京に住んでる2人がわざわざ京都で
10周年の結婚式って酔狂っすよ。そんなのに付き合ってくれる
友人らには、ほんとに感謝の言葉がありません。
1224_10thPRO7月-16







この式は、神父さんもいなければ、神主さんもいないし、
ご僧侶がいるわけじゃありません。

なんせ、10年前に結婚の誓は立ててるわけで。

その代わり「真実」とか「永遠」などそれぞれに意味を持った
12本の薔薇を、仲間達からメッセージとともに受け取り、
最後に12本の薔薇を渡しながら10年目のプロポーズをするという
"ダーズンローズ"だけはやりたかったんです。
1224_10thPRO7月-27




文字で書かれても、良くわからないですよね。
ダーズンローズ(dozen rose)って。

この式の雰囲気が一番伝わるのは、友人のカメラマン
”川久保さん”に撮ってもらったムービーを観てもらうこと。
折角のイヴですが、5分ばかしお時間をくださいな。









このムービーじゃ、みんなのお祝いメッセージは拾えてないけど、
新婚当時では聞くことの出来ない熟成された仲間らの言葉を浴びてね。
まりえをお祝いするつもりが、オレもヤラれてましたわ 笑
1224_10thPRO7月-26




ちなみに、そのダーズンローズの最後、
プロポーズのシーンがトップの写真なんです。
自分で言うのもアホだけどいい絵でしょ? 笑 

結婚は墓場という言葉に怯えていて、30歳までは全く結婚なんて
考えられなかったのよね、オレも。でも気の持ちようで、とっても
居心地いい場所になるんだなって40歳を超えたオレは実感しています。

これは運による部分も多いと思うけど、少なくとも全員の結婚が
墓場じゃないということだけは断言できる。
1224_10thPRO7月-44




まりえも一番驚いたのが、妹夫婦が来てたことかなと。
洋一くん、摩耶ちゃんありがとね。

京都の深淵を魅せてくれる小山姐さん、お忙しい中ありがとう。
1224_10thPRO7月-45



東京・札幌組も、ほんと良く来てくれました。
お前らの仕立てたタキシードカッケーわ!!
1224_10thPRO7月-46




GO ONチームをはじめとする京都チーム。
キミらが協力してくれたおかげで、会場が
グッと雅になりました。マーくん、キャップ、
中川さん、トール、コスガーニ、マッツン。
裕嗣伊やレナちゃん、愛奈ちゃんもありがとう。
1224_10thPRO7月-47




結構直前で、半ば強制召喚した弟分達。
シンくん、コウちゃん、来てくれて嬉しかったぜ。
1224_10thPRO7月-48





シンガポールから来てくれたチンダテ、みかちゃんも
男の子2人を連れながら、ありがとさん。しかし、
シンガポールに赴任してからのほうが
絡んでるというのがオモロイね。
1224_10thPRO7月-50






それぞれが展開力あるメンツなので、基本フリーな会にしたんだけど、
初めて会う人達もいるので、途中で写真使いながらみんなの紹介を
させてもらったり。
1224_10thPRO7月-54




あ、あとオレが頑張ったのは 笑、
このケーキの上に飾る木彫のミッキーを探したこと。
予想以上に喜んでもらえてホッとしましたわ。
1224_10th7月-27




会場の雅さアップに大きく貢献してもらった、京都 伝統工芸の
モダンなアイテムたちを紹介させてもらいましょうか。

この独特の朱色のテーブルライナーは西陣織の「細尾」のアイテム。
これ漆の糸で作られているんですよね。なんともッ艶っぽい。
1224_10thPRO7月-52




ドンペリが採用したことで一躍有名になった
中川木工芸」のシャンパンクーラー。
GOSSETは札幌の「果実倶楽部」からのプレゼント。
1224_10thPRO7月-9






左のトレーは茶筒の「開化堂」のトレー、右は「朝日焼」の器。
その上で使われているチーズは、北海道の「ファットリアビオ
1224_10thPRO7月-61





ダーズンローズの花籠は竹工芸の「公長齋小菅」、
あとパンのバスケットに京金網「金網つじ」を
使わせてもらいました。
1224_10thPRO7月-60




とまあ、こんな感じで、この年だからというか、
結婚生活10年の間に培った縁があったこそ
実現できた式なんですよね。


ヤンチャな札幌、東京組を、その存在感でまとめてくれた
たかチャン。ダーズンローズのビデオも撮ってくれてたんだよね。
1224_10thPRO7月-11



諸々、細かなところをサポートしてくれたてっぺい、
イケメンだけじゃないとこが腹立つわ 笑
1224_10thPRO7月-67





京都との縁をくれたRYO、かをりん。
オレの人生にここまで影響を与えてくれるとは。
年下だけど、オレの目標な一面も。
1224_10thPRO7月-69




カメラ一台で、ほんと良くあの映像撮れましたね...、
ビデオ川久保さんにお願いしてホント良かったです。
1224_10thPRO7月-58





栄光には、最後のムービーや全体進行の相談乗ってもらったり、
ダーズンローズのトップを務めてもらうなどお世話になりました。
末弟もさやかと家庭を持って、ほんと大人になりましたな。
1224_10thPRO7月-19





司会、ダーズンローズのトリ、メッセージビデオのアイディア出し...、
イツキマンがいたからこそ、この会を安心して進めることが出来ました。
家族を除いて、一番長い付き合いの親友。紺のタキシードがキマってるぜ。
1224_10thPRO7月-59





SODOHの内藤さん、岡崎さん。
10周年目の結婚式、日本に根づかせていきましょう。

こんな素晴らしい場所を提案してくれただけじゃなく、
ボクのボヤーッとしたアイディアを、ここまでカタチに
してもらって、感謝をどう言葉にしていいかわからないです。
とてかく やれて良かった。と心から思っています。
1224_10thPRO7月-71





色んな事があった2014年だけど、
やっぱしこの時が最高の瞬間でした。
1224_10th7月-24



会の最後に流させてもらったオレからのビデオメッセージを。

なんせどこで“ゼログラビティ”発動するかわからないので、
末弟やイツキマンの提案で1週間前に急遽創ったんです。
これも、まりえが横の部屋にいながら作るってのは、
かなり至難の技でした。酔ってる時とか、つい
「ここどうかな?」とか相談しそうになるんでw




それでは、皆さま。
聖なる夜を。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************************


最初に言っておくけど、今回は写真多いです。
絞り込んだつもりだけど、気に入った写真多くてさ。

お寺での撮影終わったら、サプライズの式の前に
映像チェックに呼ばれてしまい...。

イベントをやることも多いので、運営側の気持ちは
わかるけど、サプライズを成功させることに比べれば、
映像が出るかなんてことは圧倒的にプライオリティ低いので、
この時間まりえを放置するリスクの方を気遣って欲しかったなぁ。
1224_10thPRO7月-5




参加してもらうメンバーには「ドレスコード:主役より目立て」と
だけ伝えておきました。タキシード仕立てたヤツが何人も居るのって
企画側からすると、ほんと嬉しい事なんです。素晴らしくバカげた友人たち。
1224_10thPRO7月-4





ボクラがお寺の塔頭で撮影してるわずか15分の間に、出席メンバー
みんなに会場入りしてもらうというなんともタイトな運営でした。
普段は遅刻しかしないメンバーも、この日だけはさすがに
オンタイムで集まってくれました。やればデキんじゃん 笑

そして、会場ではアペリティフしてもらいながら、
イツキマンや栄光にダーズンローズのリハとかしてもらい。

この器は朝日焼のJAPAN HANDMADEモデル。
元々は400年の歴史を有する遠州七窯のひとつ朝日焼。
海外向けの戦略商品として、デンマークのデザイナー
トーマス氏とのコラボレーションで生まれた作品がコチラ。
ミラノ・サローネやメゾン・エ・オブジェでも高い評価を
得ています。ガイアの夜明けの取材も、このラインが
フィーチャーされてましたね。
1224_10thPRO7月-7





こちらは茶筒の開化堂の同じくJAPAN HANDMADEモデル。
茶筒を創る技術で、色気あるトレーを生み出したんですね。
1224_10thPRO7月-8







実は、外から戻ってきて控室に行くには、この部屋の前を通らねば
ならないので、気づかれちゃマズいってことで、ボクラが入るまでは
独特の緊張感もあったとか。あれ、まっつん もう赤いし寝てる?? 笑
1224_10thPRO7月-6




こいつは、常にマイペースだけどね。
1224_10thPRO7月-10






いやー、この瞬間のために何人のヒトが神経をすり減らしたことか 笑
良かったね、まりえちゃん。
1224_10thPRO7月-13





内藤さんのマネージメント力と、岡崎さんの現場の仕切りはサスがでしね。
天下のPLAN・DO・SEEさんの企画、運営力は 抜群の安定感。
こういう前例の無い式を実現する際にも、フォーマットの無い中、
色んな提案投げかけてくれてね。めんどくさいやり取りに遅くまで
付き合ってくれて、ほんとありがと。
1224_10thPRO7月-15





中川さんから、まさかの夫婦せいろをプレゼントしていただけるとは。
1224_10thPRO7月-18





そして、何故か中川さんと似てる当家の末弟。
1224_10thPRO7月-20





心引き締めておかないと、マジでお祝いの言葉に
涙腺ひっぱられます。自分たちも歳を重ねたけど、
友人や家族もしっかり経験積んできたんだなぁと
違う方面でもしみじみしたり。
1224_10thPRO7月-21




まりえの妹ちゃんの方が、まりえより泣いてたりw
うん、そんな中お祝いの言葉ありがとね。
1224_10thPRO7月-22





部屋の反対側に薔薇の籠が置いてあって、そこでメッセージを
もらってから、薔薇を一本手に持ち、テーブルの間をレッド
カーペットみたいに歩いて、まりえに渡してもらうという流れ。
この渡し方もみんなキャラ出てて楽しかった。
1224_10thPRO7月-23





オレは横にいて見れなかったけど、カメラマンさん(ミシマオフィス
さっすがにいい絵を抜いててくれますね! こんな表情見れたら、
旦那も頑張った甲斐があるってもんです 笑
1224_10thPRO7月-24





あのね、普段クソみたいな会話しかしてない友人が、
いきなり刺さる言葉投げてくるって、かなり防御力
あげておかないとヤバいっすよ。
1224_10thPRO7月-25






正直、この2人には油断してました 笑
おまえら、やればデキる子たちなんだな。
1224_10thPRO7月-28





キャップは、最初から最後まで安定感。
1224_10thPRO7月-29




おやおや、甥っ子が薔薇のプレゼントですか。
1224_10thPRO7月-30




写真じゃわかりづらいけど、このテーブルの間を歩いてくるのカッケーです。
1224_10thPRO7月-31




ここでもトリはイツキマンで。
1224_10thPRO7月-33





プロポーズは、殆どアドリブで。
なんとなくは考えてたけど、場の雰囲気で
出てくる言葉に任せたくて。
1224_10thPRO7月-35





やば、我が嫁ながらカワイイ。
1224_10thPRO7月-36





無事にプロポーズは受けてもらえました。ε-(´∀`*)ホッ
1224_10thPRO7月-37





1224_10thPRO7月-40




オレたちも記念に残ることしたかったんだけど、
みんなのこういう表情引き出せる場を作ることが
仲間たちへの感謝だとも思ったんです。
1224_10thPRO7月-41





サイドの人、ワイドになってスマヌ...。
1224_10thPRO7月-42







1224_10th7月-6





1224_10th7月-7





この一枚もなんか好き。やっぱプロの絵作りはイイね。
1224_10thPRO7月-51






本音で、みんなが主役です。
1224_10thPRO7月-53





1224_10thPRO7月-55






1224_10thPRO7月-56





1224_10thPRO7月-57





大好評だったファットリアビオの巨大なブッラータ。
1224_10thPRO7月-63





ファットリアビオの仕掛け人は、実はあの「しろくまラーメン」の
仕掛け人でもあるんですね。
1224_10th7月-23





子どもたちは自然に距離感縮まってました。
1224_10thPRO7月-64





みんなが、オレら夫婦の財産です。
1224_10th7月-8





1224_10th7月-16




1224_10th7月-19









1224_10th7月-25





1224_10th7月-33






自分の中では体感3分くらいの会でしたけどね。
1224_10thPRO7月-65







1224_10thPRO7月-66





自分の作ったメッセージビデオを見てるのって、
酔っていたとしてもヒヤヒヤするもんです 笑
1224_10thPRO7月-68





こういう宴の締まりつつある瞬間も好き。
1224_10thPRO7月-70






10年目の結婚式、こんなにガチじゃなかったとしても、みんな
やってみたらいいなーって思います。経験者として心から。
1224_10th7月-39




さて、次の10年に向けて歩みを進めていきましょうか。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔