2015年01月30日

電車に乗ってアユタヤへ (タイ)

0130Ayutaya4月-1


バンコクからアユタヤへは、道端でタクシーの運転手と交渉したり
ホテルでチャーター頼んでも、2000バーツ(6000円)くらいで行くことできるけど、
1人だったら乗合バスとか電車で行くのが圧倒的に安いので選択肢には加えておきたい。

アユタヤ行きの電車が出る駅は、ファランポーン駅。
MTRの終点とも地下通路で繋がっているので、初めてでも
迷うことはないし、スーツケースの類もわりと転がしやすかったと記憶している。
0130Ayutaya4月-4



ネットで調べれば時刻表の情報なんかも拾えるけど
まー、駅に行って一番近い時間帯のチケット買うくらいの
ノリでも全然行けます。折角の列車旅なので
10時50分のSpecial Express(特急)に乗ることに。
 エアコン付きの2等で345バーツ 
0130Ayutaya4月-6





後で知ったんだけどお弁当もついてきます。
ちなみに普通列車だと15バーツ(45円)程度なので
現地的にはかなり高級な旅という感じ。
シート幅もそれなりだし、グリーン車に
乗ってる感覚に近いです。
0130Ayutaya4月-8



バンコク〜アユタヤ間は約70km、
東京〜小田原間が80kmちょいなので
なんとなくイメージつくかな。
早ければ1時間くらいでつくらしい。
なんか途中ムダに停まって1時間半くらいかかったけどね。
0130Ayutaya4月-12





アナウンスもあるし、iPhoneで地図をチェックしておけば
降りる駅を間違えるということもない。
観光客がズラズラ降りていくので
寝てない限り乗り過ごすこともないでしょう。
0130Ayutaya4月-13



こういうなんてことないことも、
初めてやる時はカロリー消費すんだよね。
そういう初心に帰ることが出来るのも、
旅の面白さのひとつだったりするんです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***************************




ファランポーン駅は、案外ヨーロッパの駅の
印象に近い作りです。世界から見たら日本の駅の方が
システマチックで特殊なんだろうけど。
0130Ayutaya4月-2





チケット買う時に乗り場の番号も教えてくれるので、
そんなに迷うことはない。ただ、最初は慣れないことも
あるだろうから、早めに駅に着いておくのをオススメするけどね。
0130Ayutaya4月-3




電車の外見はボロかったので、全然期待してなかったし
2等席というから、もっとイマイチなのかと思ってたけど
実際に乗り込んでみたら案外綺麗で驚く。
じゃ、1等席だったらどんだけ綺麗なのと調べてみたら、
個室寝台だそうです。それも乗ってみたいな〜
0130Ayutaya4月-5






バンコクの町中を抜けるまでは、チンタラ走ったり意味分かんないけど
駅じゃないトコで停車してたり。途中でLCC発着のドンムアン空港を
通過するんだけど、そこを超えたあたりからは結構飛ばしてました。
0130Ayutaya4月-9




お弁当はオバちゃんが配ってくれます。
味は案外悪くない。
0130Ayutaya4月-10





バンコクからちょっと走っただけでも、まだまだ開発の余地はある。
メイン空港のスワンナプームからバンコクの中心に入る手前の駅も
大規模な開発工事やっていて、高層ビルも結構建ってたし、駅も
かなりスケール感あったように見えた。スワンナプーム空港から
バンコクも、タクシーで1500円もしないので、そっちばっかり
乗ってるけど、たまには電車で空港まで移動もしてみたいな。
0130Ayutaya4月-11







さて、アユタヤに到着です。
0130Ayutaya4月-14




ホテルまでは駅から距離があったので、トゥクトゥクに乗るしか
なかったんだけど、バンコク市内より移動代が高かった印象。
交渉するにもそんなに台数停まってなくて早めに降参。

レンタルバイクもあるので、背負えるキャリーバックだったから
今考えると自由度考えてそっちの方が良かったとも。
ま、旅なんてもんは失敗を繰り返して賢くなっていくもんです。
0130Ayutaya4月-15




ちなみに、帰りは3等席。予定時刻の1時間過ぎくらいに電車が来て
やっぱし2時間くらいかかってバンコクに到着。どうやらバスの方が
早そうだね。ちなみにエアコンは聞いてないけど、開け放した窓からの
空気が案外気持ちよくて、そんなに暑かった記憶は無し。
アユタヤ電車4月-1




そろそろチェンマイにもデビューしないと。
ロイクラトン(ラプンツェルの)アレです。
チェンマイ・ロイクラトン祭り


コレは生きてるうちに絶対行ってやる。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔