2015年02月01日

分とく山 (南麻布)日本料理でローストビーフ

0131分とく山1月-0

イタリアンやフレンチも大好きだし、実際食べてる機会も多いんだけど、
季節を強く感じたり癒やされるのは、やはり日本料理。

京都に行くと、高いお店はもちろん、普段使いのお店まで
季節の素材が立ってるんですよね。目や舌でハッキリと
旬を感じられる生活って、とても贅沢だと思うんです。
0131分とく山1月-15



悪い意味で便利過ぎて、自然が生活に入り込んでこれない東京。
日本の四季を感じるためには、こうして日本料理の席につくのが一番。

「分とく山 本店」のモダンで開放感な空間は、海外からの
お客さんも過ごしやすいクールさと日本らしさがミックスしている。
野崎さんの仕事を眺めながらの至福の時間。本店は建築家 隈研吾が
建物設計を行っているんですよね。
0131分とく山1月-5




伝統的な和の技法を踏まえながらも独創的な料理の数々。
前菜の穴子蓮根の東寺揚、食感と味のバランスに
のっけから撃たれる。牡蠣松風の最初はフワッと
しながらも濃厚なアフターに清酒が止まらず。
0131分とく山1月-7




旬の寒鰤を食べている時くらいは、
苦手な冬も愛おしく感じられる。
0131分とく山1月-10





シグニチャーメニューの鮑磯焼き。
柔らかく蒸した鮑の肝とダシ汁を焼きあげた逸品。
鮑のかをりと海苔のかをりが、磯の景色を視覚の
奥から引き出してくる。
0131分とく山1月-14





鳥取和牛ローストビーフは、オレイン酸を50%以上含んでいるので、
脂肪のまろやかさと質が違うんだとか。くちどけが柔らかいだけ
じゃなく、脂のキレもいいんですよね。
0131分とく山1月-17




そういえば、今年初の日本料理だったかも。
1月はだいぶチャージ出来ました。
0131分とく山1月-21

分とく山
03-5789-3838
東京都港区南麻布5-1-5


全豪オープンの男子決勝が息継ぎできなくて
観戦しているこっちも苦しくなる、素晴らしき熱戦。
それでも、ジョコビッチは強かった。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




****************************

外からは中が見えないんだけど、アスロックを
外壁に積み上げていているので、内側からは
開けて見えるので予想以上に開放的。
0131分とく山1月-24




このかわいい布は鳥取県の伝統工芸、弓浜絣のコースター。
0131分とく山1月-1




鴨の粕鍋。オレ、粕汁好きなんすよね。 
クワイと菜の花に一足早い春の足音を感じる。
かなり寒い日だったので、こういう一皿目は嬉しいね。
0131分とく山1月-2





前菜は、唐墨飯蒸しでいきなり清酒モードに。
生子のオカラ和え、こちらも清酒ブースター。
0131分とく山1月-6







椀物は、蕪のみぞれ仕立。
鰆のおぼろ巻や筍、芹を柚子のアクセントで。
0131分とく山1月-8



お造りは、ブリ、ひらめ、針魚。
歯ごたえもいいですね。
日本っていいねぇ…と噛みしめる瞬間。
0131分とく山1月-9





獺祭の磨き二割三分、中でも遠心分離という最高峰の清酒。
口の中で横に広がるタイプじゃなく、喉に縦に落ちるのが印象的。
0131分とく山1月-12




さっきも書いた鮑磯焼き。
海苔に埋もれすぎて見えないけど、
アワビが丸ごと一個潜んでいます、贅沢。
0131分とく山1月-13





上神焼の片口、この赤はタイプ。
0131分とく山1月-11




子持ち松前漬け、こっそりごはん貰って、
上に乗せて食べたいです。

ふきのとう味噌射込みは、イタリアンの
和の花ズッキーニみたいな感じかな。
       
鮟肝ポン酢寄せの味のミキシングがいいね。
0131分とく山1月-16





ローストビーフは、やさしくだけど肉の主張がハッキリ
してるので、クレソンやブロッコリーの存在が映えますね。
0131分とく山1月-19




白身が敷き詰められた鯛御飯。この時点で既に
腹いっぱいだったけど、向き合いたくなるかをり。
0131分とく山1月-22



ブロッコリー豆腐とにんじんのカステラ。
苦みやえぐみが抑えられた大山ブロッコリーが
細かく刻まれたデザート豆腐は目が覚める美味しさ。
0131分とく山1月-23

分とく山懐石・会席料理 / 広尾駅六本木駅
夜総合点★★★★ 4.0




カウンター席だったので、野崎料理長からグラスによって
変わる日本酒の味比べをさせてもらったり。今年は去年より
日本料理に踏み込みたいな。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 22:06│Comments(0)TrackBack(0)日本料理 | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔