2015年02月11日

朝日焼三代展 (新宿)

0210朝日焼三代展2月-64



先日、新宿で、遠州七窯のひとつ「朝日焼」の現当主と先代、若旦那の
作品が一堂に会する『朝日焼 三代展』が開催されていたんです。
0210朝日焼三代展2月-4



かなり大規模な展示会ということで、まりえを連れて京王デパートへ。

若旦那の佑典くんは、京都の若旦那衆のクリエイティブユニット
GO ONメンバー。東京でも時々イベントやってはいるんですが、
ここまで大規模なものはめずらしく。
0210朝日焼三代展2月-55



窯元に訪れたこともあるんだけど、こんなに多くの作品を
見れたのは初めて。先代の存在感ある作品から、若旦那の
モダンなタッチまで、時代や個性の違いを感じることが出来る。
0210朝日焼三代展2月-11




ボクが行った日には、2020年のオリンピックを決めるIOC総会での
スピーチがあまりに有名な皇室の方もいらしていたりと注目度
高かったですね。
0210朝日焼三代展2月-103




こういう趣のある被写体は、どうもパキッとした現代レンズは
イメージしてた絵が撮れなくて、オールドレンズに換装したら
やっと感覚に近い空間を切り取れた。
0210朝日焼三代展2月-30




コーナーの一角に、焼物の説明をされてるところが
あって、いつもよりじっくりと説明を聞くことが出来た。
この焼物の色は表面についているだけじゃなく、断面を
見ればお分かりの通り、中まで色がついているんです。
こうして中から色がつくことで、あの得も言われぬ
雰囲気がつくられるんだとか。
0210朝日焼三代展2月-13




京都の、小川長樂さんもいらしてました。
若旦那の裕嗣くんとは京都に行くたびに会ってる
感じだけど、お父様とは初対面。ご挨拶させて
もらいがてら、長々とお喋りにつきあってもらいました。
0210朝日焼三代展2月-44





1870年代のアガシの懐中時計と、先代のお茶碗のコラボショット。
被写体深度浅過ぎで、折角のお茶碗がボケ過ぎたけど、嬉しい
セッションができました。
0210朝日焼三代展2月-56





食事を撮るのもいいけど、美しいものを撮るのは
なんとも愉しい時間です。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***********************


京王デパートでは、こういう催事結構やってるんですってね。
ご縁がないと、そもそも何がいつ開催されているか情報が
耳に入ってこないんですよね。ちなみに、こちらは若旦那の
作品コーナー。ブルーの器がモダンで印象的。
0210朝日焼三代展2月-1




お父様とお母様。
0210朝日焼三代展2月-38









朝日焼らしい紅鹿背のお茶碗。
0210朝日焼三代展2月-6




休日に訪れたせいか、かなりお客さんが入ってました。
親子で同じ仕事するって、あんまし感覚わからないけど
大人になると、ちょっと憧れます。
0210朝日焼三代展2月-5



0210朝日焼三代展2月-8




これは先代、若旦那のお祖父さんの作品。
この高台とか、裏返した表情も力強い。
0210朝日焼三代展2月-10




こちらが朝日焼らしい特徴ともいえる鹿瀬
0210朝日焼三代展2月-12






0210朝日焼三代展2月-14





研ぎ澄まされた美意識。
いかにも日本らしい佇まい。
0210朝日焼三代展2月-15





下部の縄目模様がアクセントとなって
全体に力強い印象を与える。
0210朝日焼三代展2月-16





ブルーは見馴れないせいか、やけに新鮮。
0210朝日焼三代展2月-17





0210朝日焼三代展2月-18






0210朝日焼三代展2月-19





被写体深度を浅くしても、どうも今ひとつ現場で感じた
艶っぽさが表現できずに「うーん…」と唸ってました。
0210朝日焼三代展2月-20






それなりに雰囲気は出ているんだけど、色気が切り取れん。
0210朝日焼三代展2月-21







0210朝日焼三代展2月-23




香合も並んでました。
0210朝日焼三代展2月-24





ここいらで、オールドレンズに換装
ニッコール85mm f2.0にて撮影。
0210朝日焼三代展2月-25


0210朝日焼三代展2月-26




そうそう、こっちこっち。
0210朝日焼三代展2月-28





こういう絵が撮りたかったんです。
0210朝日焼三代展2月-29




0210朝日焼三代展2月-31






0210朝日焼三代展2月-34





若旦那の作品、このブルーいいね。
0210朝日焼三代展2月-36



0210朝日焼三代展2月-42




0210朝日焼三代展2月-45



0210朝日焼三代展2月-46


0210朝日焼三代展2月-48




この水差しの存在感が半端ない。
0210朝日焼三代展2月-49



0210朝日焼三代展2月-50



0210朝日焼三代展2月-54


0210朝日焼三代展2月-74


0210朝日焼三代展2月-75





0210朝日焼三代展2月-78





0210朝日焼三代展2月-104




休憩時間に、若旦那とトロワグロカフェに。
0210朝日焼三代展2月-105




この苺のパフェ、ひとつひとつのパーツごとの味が
クオリティ高いうえに、味がミックスした時の軽い食感が
次への一口を誘ってくれる。
0210朝日焼三代展2月-106





しっかり和の美意識に満たされた直後に、
フランス食文化で胃を満たす。いい流れ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 17:47│Comments(0)TrackBack(0)GO ON | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔