2015年02月14日

アラン・ウォンズ (Hawaii)まさかのオン・ザ・ライス

0212AW12月-0


ハワイ料理をベースに、フレンチや和のエッセンスを取り入れて
組み立てたハワイ・リージョナル・キュイジーヌ。
1990年代に新しい可能性を魅せた代表格といえば『アラン・ウォンズ』。

なにげに初訪問なんですが、周囲のグルマン達に聞いても
ここの評価はブレないんですよ。「なんだかんだ言っても
やっぱアラン・ウォンズじゃね?」ってね。

今はアラン・ウォンズ出身の若手シェフが出した
MW Restaurant』がアツいと聞いて履いたけど、
まずは本家本元を知っておかねばと。
0212AW12月-9





味は全体的に少し強めだけど、素材の組み合わせに
新鮮なものが多く皿ごとのバランスはいい。
0212AW12月-13





ポーションもデカイので、魚に火入れが入りすぎて
パサつき感が出ると、ちと手に負えなくなってくる。
0212AW12月-15





メインの肉料理は、和牛でコチジャンを使ったソース。
スタッフが白米出してくれたんだけど、これが思いのほか
マッチして旨かったのよね。このサービスは日本でも
されたことがないけど、実は相当アリでした。
0212AW12月-16





実は、ミスオーダーがあって、コースの途中に
隣のテーブルのアラカルトが出てきてさ。
少し食べた段階でスタッフが気づいたから
いいけど、そんな道草もしたので、終盤では
腹がハチ切れんばかりに。
0212AW12月-20




店内は満席で予約時間にほぼオンタイムで行ったけど
15分くらいは待ったかな。フロアは活気で満ちていて、
ハワイらしいフレンドリーさのサービスに加え、どこか
NYっぽい艶感も兼ね備えている。
0212AW12月-6




ハイクラスのホテルのダイニングと比べても、やはり
面白さは1枚も2枚も上手。ハワイでガストロノミックな
体験をしたいなら、ボクも皆さんと同様、オススメしますね。
0212AW12月-22


Alan Wongs Restaurant (アラン ウォンズ)
1857 South King Street, Honolulu, HI 96826
http://www.alanwongs.com/


ヴァカンスのアクセントに。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





****************************

ワイキキのホテルからは、車で10分くらい。

え、ここ?的なビルの3Fのエレベーターを
あがると、賑やかな大人たちの夜が待っていた。
0212AW12月-1




サンセットで軽く飲んでたので、ワインからスタート。
0212AW12月-4




まりえは当然のことながらビールスタートだけどね。
0212AW12月-5


A TASTING OF THE CLASSICSというコースは$85


右のグラスがスープ&サンドイッチ
グラスにはピリッと辛いガスパチョが注がれていて、
チーズの土台を割って、フォアグラ入りのチーズサンドを
下に浸してからいただきます。

左はアボカドの上に、アイオリとワサビ醤油で味付けた
アヒを乗せた日本っぽい前菜が添えられている。
0212AW12月-7






こちらがミスオーダーで運ばれてきたアラカルト。
「コースなのに違う種類? なんだかデカくね?」と
話しながらも、「アメリカならあり得るかも...」と
ゆっくり食べ始める。
0212AW12月-10




ちょっと食べたところでスタッフが間違いに
気づいたので傷口は浅かったけど、
気持ち的には既に満腹になりかけた 笑
0212AW12月-11




茹でたロブスターを冷やして
マッシュルームとグリーンオニオンオイルの
ソースの上にあしらったひと品。
こちらは火入れ好みです。
0212AW12月-12




先程、オレの前に登場したキンメダイ。
胡麻をあしらった味噌のビネグレットと
マッシュルームとコーンのソースで。
上のジンジャーがスキっとしたアクセントに。

ここで皮パリ、身はレア気味に火入れが
できると更に洗練度はあがるんだが。
0212AW12月-14




2種類のショートリブ。
醤油煮とカルビ焼きスタイル。
コチジャンのソースで環太平洋。

まさか、オレがハッシー直伝の
オン・ザ・ライスを極めるとはw
0212AW12月-17





ココナッツミルクからできたハワイの伝統的なデザート
”ハウピア”のソルベをチョコレートでコーティングした
シグニチャーメニューのデザート。
0212AW12月-21




この日は食のアスリートかと思ったわ。
相当、お持ち帰りしたんだけど、
ほぼほぼ妊婦さんな腹回りにw
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔