2015年02月23日

ボン・ピナール (広尾)上質な普段着のワインビストロ

0126BP6月-7




旧テレ朝通りのワインフレンチ『ボン・ピナール』。
もう今年でオープンしてから10年なんですね。
0126BP6月-10



どこの駅からも遠く、更にB1という隠れ家スタンス。
店内は細長く、カウンターは低めで奥行きもしっかり取ってある。
気軽にワイン楽しむこともできるけど、しっかり料理とワインの
マリアージュを堪能するにも向いている。

奥のテーブル席はカウンターと隔離されてて
目的によって使い分けできそうだ。
0126BP6月-2





ピロシが帰国してる時に、女子連れて行ったので、
ピロシの暴走に目を配りつつ、テーブルの会話も
円滑に回さなきゃいけなかったので、料理とワインに
そこまで集中できなかったのが悔しい。
0126BP6月-4

お店自体は好印象だったので、改めて訪問したいなと
思ってから、かれこれもう2年弱経ってしまったようだ。




Bon Pinard(ボン・ピナール)
03-5856-4151
東京都港区元麻布2-1-21 元麻布YSビル B1F
http://www.bonpinard.com/


店名のボン・ピナールは、思わず出逢った
旨いデイリーワインのこと。今度はそんなワインに会いに
気のおけないヤツらのんびり行きたいな。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*************************


ワインが有名なので、もうちょい料理は
力抜いてるのかと思ったんだけど、
きちんと手をかけられた料理が出てくる。
いい意味で裏切られましたw
0126BP6月-1





シンプルで力強い料理。
どんな店でも言ってそうなことだけど、
それを実直に体現できているお店はリスペクト。
0126BP6月-3





味付けも火入れも抜群の安定感。
0126BP6月-5









ジューシーなラムび齧り付く。
脂が上品でキレがいい。
0126BP6月-9





この時のレンズがいまいちなのか、ボン・ピナールの魅力を
きちんと切り取れていないんですよね。色々宿題あるので
来月には再訪しようっと。ありがたいことに最近忙しすぎなんで、
これくらい気合入れないと、狙ったお店にも行きそびれちゃう
んですよね。
0126BP6月-11



アカデミー賞、「6才のボクが…」は、助演女優賞だけしか
撮れなかったんですね。見てないけど、なんか残念。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:40│Comments(1)TrackBack(0)フレンチ | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ヒロ   2015年02月24日 07:42
ボンピナールいいお店ですね。安定感のある料理とリーゾナブルな値付のワイン。狭さが親密度を増す店構えとフランクな接客。いう事なし(^O^)。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔