2015年03月11日

マカプウトレイル (Hawaii)ママも楽しめるおすすめのトレッキングポイント

0311マカプウ12月-15

オアフ島でローカルに人気のトレッキングポイント「マカプウトレイル」。
頂上の展望台まで高低差200m、片道5kmのルートは、
子連れも多くベビーカーが全く珍しくないんですよ。


オアフ島の最東端で景色は抜けていて、途中ココヘッドを見下ろしたり、
ザトウクジラのウオッチングポイントがあったりと、景色も変化が大きい。
0311マカプウ212月-11



車が停められるマカプウ展望台でも、ラビットアイランド、ワイマナロ、
そしてカネオヘまでのぞめる爽快な景色なので、頂上からの眺望は、
この展望台からの写真を更にバージョンアップされたスゲーもんと
捉えてもらっていいと思う.......。
0311マカプウ212月-8



歯切れが悪いのは、2回行ったくせに、頂上の展望台にオレは
辿りつけてないんです。まりえは行って、写真も撮ってるんで
感想は聞けてるんだけどさ。
0311マカプウ12月-24




というのも、この下の写真のほぼ中央に、なんとなく人が集まってる
ポイントが見えるでしょ? そこはクジラのビューポイントだよ的な
パネルがあって、その裏から急勾配を降りてくと、タイドプールに
たどり着けるんです。ただ、そこがオレの鬼門でね....笑
0311マカプウ12月-22




ここから海を見てたら、なにやらけもの道から
若者たちがちょくちょくのぼってくるのが見えたんです。
なにやら海際に人影も見えるし。更に画面中央左から
水蒸気らしきものが見えてきたんです。「あれれ?」と。
0311マカプウ12月-20



詳細を確かめようとカメラの望遠(375mm)を使って
見てみると、なんじゃこの楽園な絵図は!!
0311マカプウ12月-21




で、そのやけに気持ちよさそうに泳いでいる欧米の若者たちの横から、
一定の周期で間欠泉みたく時折潮が噴き出る様子が見えたのよ。
日本にもあるじゃない、海際の温泉って。冷静になればわかるんだけど、
ついつい興奮して「まさか温泉?、確認せねばならん」って変な勘違いを
オレにさせちゃったわけ。
0311マカプウ212月-15



この日はラニカイにドライブ行った後に寄ったので、
あんま時間無かったのね。なので、翌日に出直そうと。
知識も仕入れたかったしね。

ただ、ホテル帰って検索しても温泉はもとより、
タイドプールの情報すら拾えず、益々好奇心がつのってゆく。


そして翌朝、予定通りレンタカーを返す前までに、
朝ドライブを兼ねて再度マカプウトレイルに向かったんです。
0311マカプウ212月-3







平日の朝ってこともあって、駐車場も相当ガラガラ。
運動もしたかったし、あのポイントが本当に温泉か
確かめたくて、まりえに「先に行くよ」と言い残して
荷物も全部オレが持って走りはじめたんです。

そして、件のポイントに到着。
前日とうってかわって、人は皆無。とりあえず
まりえが来る前に偵察しておこうと降り始めたのね。
でね、単に見てるのと実際やってみるのでは、全く別物。
よくよく思い返せば、前日に見た若者たちはラフな格好
しつつも、みんなちゃんとスニーカー履いてたんです。
0311マカプウ212月-14





それもそのはず。下の景色が見えない岩と砂利の急勾配は、
ちょっと気を緩めれば転びそうだし、転んだら最後、
下まで転げ落ちるくらいストッパーが途中に無いんです。
0311マカプウ212月-18






ちょっと偵察のつもりが、戻るに戻れなくなって
下に降りるまで30分。そして、下の楽園は、ある意味
予想していた通り温泉じゃなくタイドプール。
この美しさなので降りる価値はあったけど、
まりえに何も言ってないし、上からじゃロクに下も
見えないし、携帯もオレがまとめて荷物に入れちゃってたのね。
0311マカプウ212月-23



だもんで、一息つくまもなく帰路につくことに。
でも、ご覧のとおりの急勾配。下の方は特に岩場なので
正しい戻り方が全くわからないんすよ。しかも、登ってる
最中は、上の方までビューが抜けてないから、自分が
どこに居るかもわからなくなる。そうこうしてるうちに
完全に迷子になるは、砂利だけじゃなくブッシュに阻まれ
短パンの素足を擦り傷だらけにしてくれるは、もう目も
当てられない状態に。なんとか元のルートに戻るには、
更に40分くらい要したっけな...。もう時計を見る余裕すら
ありませんでした。
0311マカプウ212月-21



なんとか、まりえが先にオレを見つけてホッとしてたけど、
どうやら、このトレイルを2往復もして探しまくってくれてたらしい。
そりゃ、連絡つかないは、すれ違えばわかるコースで全く気配も
感じないわじゃ、さすがのまりえもガチで心配したみたいで。
道行く人に、「黄色いバックをもった日本人見なかった?」って
聞き回らせてしまったようで。

人生で向こう見ずなことをやるのは、ある意味現状打開のためにも
必要だとは思うんだけど、最低限セイフティネットは張っておかないと...と、
心から反省したトレッキングになりました。マラソンは人生というけど、
トレッキングでも人生見れまっせ 笑
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



*****************************


ラニカイ・ビーチに行って、カイルアの町でメキシカンの『カクタス』
ランチ後に向かったのは、ワイマナロビーチ。
0311マカプウ12月-1





駐車場のキャパも大きく、かなり整備されたビーチパークです。
0311マカプウ12月-9


0311マカプウ312月-2




午後になると、どうしても背後の山が逆光になっちゃうので、
本来ならAM中に訪れたいポイント。ただ、それでも綺麗だけどね。
ちなみに、ウェディングフォト撮ってるカップルの右上が、まさに
マカプウトレイルの舞台です。
0311マカプウ12月-6




オレの大好きな崖が日陰で哀しい。
0311マカプウ12月-5





ビーチは奥行きもあって、人口密度がちょうどいい。
0311マカプウ12月-7





ちょいと撮影しつつ、ドライブを続けます。
0311マカプウ12月-10





この海際のドライブの爽快感ったらないね。
0311マカプウ312月-6




ここマカプウトレイルも、きっちり予定立てて寄ろうとしてた
わけではなく、「やけに車停まってるけど、あそこナンだろ?」
的な軽いノリで突っ込んでいったんです。
0311マカプウ12月-19





手元のガイドブックみたら、どうやら人気のトレイルスポットらしく、
んじゃ、ちょいとオレらも行ってみようかと。
0311マカプウ12月-29





休日ってこともあって、かなり人が多く理想的な日曜日の昼下がり。
0311マカプウ12月-13





山を登っていくのと、ビーチ際と2つのコースが選べます。
0311マカプウ12月-30





こういう景色って日本には無いよね。
緑の質が違うのよ、とても瑞々しい緑。
0311マカプウ12月-14




こう見ると、ほんと海際のドライブって気持ちよさげだよねーっと
なんだか客観視して見てしまう。
0311マカプウ12月-26




あの岩も何とか言うランドマーク的存在。
ぺぺの岩じゃなくて、なんだっけ。
サッカー選手の名前っぽかったんだけど。
0311マカプウ12月-28




後ろを振り返ると、なんとも爽快な景色が。
0311マカプウ12月-16




丘の間に見える海が、なんともいえないアクセント。
パラグライダー、めっちゃ飛んでみたいッス。
0311マカプウ12月-23




上の道をのぼっていくと、道が左側に折れて、
思い切り外海が広がるビューに出会えます。
0311マカプウ312月-4




更に登ったところにくじらのビューポイント。
0311マカプウ12月-17






そっから更に登って行くと頂上の展望台なんですが、
そろそろディナーの予約時間に間に合わないと、
この日はこの辺で折り返しました。
0311マカプウ12月-18









帰りのドライブも気持ちいい。
0311マカプウ312月-5

















さて、翌朝です。
ダイヤモンドヘッドの下のサーフスポット。
この上から見下ろすポイントが大好きなんです。
ハワイに来ると、毎回一回は寄ってます。
0311マカプウ212月-1









やはり、島の東側は、朝のほうが撮影向き。
0311マカプウ212月-5



0311マカプウ212月-6




昨日のトレッキングより、ココヘッドもコントラストが強め。
0311マカプウ212月-9







更に登って行くと、ココヘッドの向こうにダイヤモンドヘッドが!
0311マカプウ212月-12




パノラマで撮ると、こんな感じ。
0311マカプウ212月-13





そして、例の崖の下。
良くまぁ、こんな急勾配を適当なシューズで
オッサンが降りてきちゃったもんです...。
0311マカプウ212月-20




ただ、温泉じゃなkったけど来る価値はめっちゃあるよ。
0311マカプウ212月-17






この水の色とか楽園の域を超えてきてる。
0311マカプウ212月-22





岩に打ち寄せる波も大迫力。
満潮に近づくと、ここにも白波が打ち寄せて、
更に迫力増すんだろうな。写真では伝えられないけど
波のパワーを感じる重低音と振動が伝わってくる。
0311マカプウ212月-19







そんなこんなで、脛に傷を持つオトコになったけど、
こういう事件が旅を彩るのも事実。”コースを外れたとこに
思わぬ人生の楽しさがある”が信条なので、これからも
ヤンチャは絶対に続けます。
0311マカプウ212月-24





やー、ほんと楽しい朝のドライブ&トレッキングでした。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔