2015年03月14日

美榮 (那覇)琉球料理の真の魅力を体感しよう

0314美栄3月-12

那覇にある琉球料理の『美榮』。

泡盛によくマッチする懐かしく素朴な味が
魅力の琉球料理だが、ここは更に洗練という
要素を組み込んでいて、別次元の味覚体験を
楽しむことが出来る。

国際通りからも程近い久茂地にありながら、
古民家の門をくぐれば、そこは別世界。
0314美栄3月-2



基本的には大人がゆったり時間を過ごす場所。
ボクは2Fの座敷に通されたことしか無いけど
単に古いだけでなく、凛とした品も兼ね備えている。

予約は常連の弟経由ということもあり、基本子供は
入れないんだけど、なんとかお願いして入れてもらう
ことができた。観光地にありながら、お客さんとの
信頼関係を大事にするお店。なので、沖縄に行くと
毎回足がむいてしまします。
0314美栄3月-2-2





冒頭でも書いたけど、とにかく手がかけられていて
雑味のない料理が続く。食べ慣れてるはずのラフテーも
こんな表情魅せるんだね...と口の中が悦びに溢れる。
0314美栄3月-14




こちらはなかみの吸い物。
なかみってのは、豚の胃袋と腸のことね。脂身と汚れを取り除き、
おからをまぶして、何度も水洗いをし、生姜と油で炒め湯がく。
短冊に切り、何度も湯がいてから、鰹だしと肉だしで合わせ汁を作り、
具として中味をいれて完成。一口のんだ瞬間、体が清められるような
感覚を覚える。知ってると思ってる味に、何度も裏切られる夜。
旅先で、何度もいい意味で裏切られるってキライじゃないでしょ? 笑
0314美栄3月-8




上で紹介したのはコースのほんの一部。
泡盛がすすむ絶品の料理が続きます。
沖縄にしたら7000円のコースからというのは
決して安くはないけれど、でもそれだけの
対価を得ることの出来るお店です。
0314美栄3月-1


美榮
098-867-1356
沖縄県那覇市久茂地1-8-8
http://ryukyu-mie.com/


特にぽーぽーと、昆布イリチが大好きなのだ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**********************************


この写真では、あの空気感を再現出来てませんね。
古いだけじゃなく、矜持を感じるいい空間なのよ。
0314美栄3月-18




ビールで乾杯するも、すぐさま島酒が
欲しくなってしまう引力の強さよ。
0314美栄3月-3




烏賊と酢味噌的な邂逅。
0314美栄3月-4




ぽーぽー、ここ美榮に来たら必ず食べて欲しい逸品。
メリケン粉を水で溶かし薄く焼き、すり潰した豚肉と
白味噌生姜を練った車ものを芯にして巻く。
北京ダックの感覚といったらわかりやすいかな。
0314美栄3月-5





椀物がやってきました。
0314美栄3月-6





この研ぎ澄まされつつも、柔らかく温かなタッチが
琉球料理の本質を際立たせてくれる。
0314美栄3月-7




芋くずアンダーギー。
紫芋の風味を感じながら。
0314美栄3月-9





このジェットストリームアタックはヤバイです。

この皿の主役は、黒い機体の「みぬだる」。
豚肉ロースの脂身の無いところを薄切りにして、

黒ごまをすり鉢で液状になるまですり潰し、

砂糖、赤酒、醤油を加えたタレに漬け込んだもの。
味がしみ込んだ後に蒸されたこの黒き四肢は、

島酒は勿論、白米があったらかけこむでしょうな。

0314美栄3月-10





脇を飾る「田芋から揚げ」は、甘さが絶妙。

沖縄独特の漬物「地漬け」で箸休め。
0314美栄3月-11




言わずと知れた「らふてぃー」。
豚の肩ロース肉と三枚肉を大きめに切って
醤油、泡盛、砂糖を加えただし汁で半日程度煮込んだもの。
ゴーヤの苦味がいい仕事するんだわ。
0314美栄3月-13





0314美栄3月-15




昆布いりち。
三枚肉を短尺に切り鍋で炒め、脂を出し
昆布を水洗いして千切りにしたものを加え、
肉だしを入れ、やわらかくなるまで炒めたもの。
味付けはほんの少量の醤油と砂糖です。
独特の食感が癖になるのよ。
0314美栄3月-16




最後は、これまた透き通ったじゅーしーで〆。
0314美栄3月-17



どこに泊まっていても、ここには寄りたい那覇の名店です。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 沖縄2013_3月

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔