2015年06月04日

晴京 (新宿御苑)シックに焼鳥を愉しもう

0604晴京5月-0


新宿御苑の周囲には、わりかし好きな店が点在していて
新宿駅前が苦手なボクでも、ちょくちょく出没しています。

伊勢丹でのアポイントをこなした後、そのまま友人に
連れてきてもらったのがこちら焼鳥の「晴京」。

清潔感ある店内は、適度な品が漂っていて
カジュアル使いでも、仕事の流れでも、どちらでも
イケそうな雰囲気。カウンターが10席ちょいあって
テーブルは、もうちょい席数あった感じ。なので、
焼き鳥屋にしては、わりと広めかと。
0604晴京5月-39



周囲を見渡してみるとカップル、ひとりビジネスマン、
ちょいとビジネスのかをり漂うメンズの集まりなど、
それぞれのスタイルが馴染んでいる。


通されたのは、目の前に焼き台のあるポールポジション。
おかげで、焼き台が舞台のように視界に入ってくる。
そのうえ、店長が中々気持ちのいいイケメンで、
男っぽい仕事っぷりで鶏を焼いてくるのよ。
0604晴京5月-7




一串一串の肉はわりと大ぶり。肉質が高く
それぞれの部位をじっくり堪能できるのは好印象。
0604晴京5月-11



皮巻き葱は、皮が旨いのは想定済みだったけど、
予想以上に葱が甘く力強く思わず声が漏れた。
どうやら、野菜は矢口農園という神奈川県の生産者。
ちょいググってみたら青山ファーマーズマーケットにも
出店してるとこらしい。
0604晴京5月-16




正肉は、比内地鶏をはじめ、筑波茜鶏や青森軍鶏ロック
などの名札が掛けられている。色々食べ比べたけど、
やっぱ比内地鶏のバランスが抜けてますね。
0604晴京5月-3






んでもって、とんでもなく刺さったのが親子丼。
一旦、炭火で焼いた焼鳥を使うので実に香ばしく、
濃厚な卵とのコンビネーションがff(fortissimo)
0604晴京5月-33




人気すぎる焼鳥屋は、予約が取りにくいのが難点。
そこそこスグに入れて、それでいてきちんと美味しく
品がある。そんなストックを持ってると大人度が
上がった気分になれます。
0604晴京5月-1

晴京
03-3354-3126
東京都新宿区新宿2-4-8 第28宮庭マンション 1F



鶏さん、大好き('∀`)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***************************


このシックな店内心地よくないですか?
0604晴京5月-39





ビールもウスハリ的なグラスで。
0604晴京5月-2





焼き場が絵になります。
0604晴京5月-8






お通しはラディッシュのはちみつレモン漬け、
甘すぎず酸味も強すぎず。こちらのラディッシュも矢口農園。
0604晴京5月-9




水郷赤鶏レバーは塩で。
焼きの最後に割り醤油を付けて燻している。
そのせいか色気ある仕上がりに。
0604晴京5月-10




0604晴京5月-4



筑波茜鶏をオーダーしたら、モモ・葱・胸・スネの
コンビネーションで出てきました。なるほど、これは
一串でその地鶏の特長を色々味わえて嬉しいね。
比べてみて感じたのは、優しい女性的な印象だったということ。
0604晴京5月-13




皮巻き葱は、塩と山椒でシンプルな仕上げ。
さっきも書いた通り、葱がいい仕事してるんすわ。
0604晴京5月-15




東京軍鶏もモモ・葱・胸・スネといったコンビネーション。
さっきの筑波茜鶏と比べると、身が締まっていてだいぶ男っぽい印象。
0604晴京5月-17





こちらは、きんちゃくという部位。
オスの精巣部分でホルモンみたいな感じ。
これはたれが合いますね。ウマいっす
0604晴京5月-18




ちょいと、ここいらで野菜を挟んでもらってみる。
葱が美味しかったので、他の野菜も美味しいだろうと。
スナップエンドウの甘さに癒やされる。
0604晴京5月-19





ゲンコツは、膝の軟骨部分。
食感が適度にあって、歯茎が心地いい。
0604晴京5月-20





つくねと半熟うずらは同時に。
うずらは、焼いてる時に卵に切れ目を入れて
割り醤油を垂らしていた。このセッションは間違いないね。
0604晴京5月-22






ちょいと変わったお酒も。
0604晴京5月-24



0604晴京5月-25






ささみは、かんずりをのせて。
かんずりは、とうがらし、海の塩、柚子、糀を
合わせて作ったもの。感覚で言うと柚子胡椒っぽい
仕事をしてくれてる感じ。もっとパンチが効いてるけど。
0604晴京5月-26




ハムサラダで最後のひとっ走りに備えます。
0604晴京5月-27





 丸ズッキーニの食感や、甘みと苦みのバランスが好み。
絶妙な焼き加減で、素材のポテンシャル引き出して
くれています。
0604晴京5月-28



最後に比内地鶏で仕上げ。
改めて、この鶏の王道っぷりを知ることとなる。
0604晴京5月-29




品切れだったけど、肝臓の部位を使った
セギモが食べたかったなあ...
0604晴京5月-30





ランチでも食べられるという親子丼。
しっかり焼いた鶏は丼の中でかなり主張してるけど、
それと釣り合う卵の個性が、いい塩梅に仕上がっている。
まずは、ランチで試してみるのもいいんじゃないかと。
0604晴京5月-35





帰り際にテーブル席も。
0604晴京5月-37







ね、なかなか使い勝手良さそうでしょ。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ







kyah2004 at 23:30│Comments(1)TrackBack(0) | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大介   2015年06月10日 08:29
カッコいいプログですね! 
俺も行きたいが、この給料じゃなあ〜。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔