2015年06月19日

八千代 (松阪)割烹旅館で松阪牛三昧

0620割烹旅館八千代3月-0


伊勢神宮に行こうと決めた際に、宿泊はどこにしようかなって
色々探し始めたんです。そして、その時になってはじめて
松阪牛の松阪が近くにあることや、海産物が豊富な志摩が
近くにあるってわかったんですね。

この旅は2泊の予定だったので、じゃ1泊は松阪で牛三昧、
もう1泊は海の幸をと。そこまではサクッと決まったんですが...

そっからなんですよね、問題は。
松阪牛のステーキを食べたいのか、焼肉を食べたいのか、
はたまたすき焼きを食べたいのか...って。で、結局のとこ
全部食べたかったんスよね、オレ。
0620割烹旅館八千代3月-10



じゃあ、全部食べられそうなトコってどこだろと探してたら
老舗の「割烹旅館 八千代」が見つかったんです。

わりと直前だったせいもあって、あんましいい宿も空いてなくて、
だったら宿に食事が付いててもいいねって。
料理だけだと1.5万円で、宿泊費込みで2万円だったかな。
0620割烹旅館八千代3月-2




言葉まんまの老舗料理旅館で、雰囲気落ち着いてたし
料理もバラエティ豊かで、結論満足でした。
0620割烹旅館八千代3月-3




近くには松阪城址があったり、「御城番屋敷」っていう
槙垣と石畳をはさんで静かに息づく歴史空間なんかも徒歩圏内。
0620松阪3月-4



この武家屋敷は、江戸末期に紀州藩士が松坂城警護のため
移り住んだ屋敷で、今もそのままの形で人が住んでたり
ギャラリーになったりしてるらしいです。
0620松阪3月-6




お城は、ヘタに観光地モードに整備されてなくて、
そのまんま感が強め。結構な高さの石垣とか特に柵とか
ないから、ガキが落ちたりしたら結構な重傷になりそうな
感じだけど、そういうの過保護じゃない感じも大人で好き。
0620松阪3月-7

とまあ、駅からはちょっと距離あるけど、車ならオススメよ。


で、肝心の料理はどうだったかというと、
料理は、最初でてきたしぐれ煮からして味付けよくて、
ご飯ガマンするのがつらかった、のっけかた期待値高めに。


冷シャブと野菜のお皿とか、たたきとかも松阪牛の特長が
わかりやすく、あんまし牛が得意じゃないまりえも喜んで
食べてましたね。
0620割烹旅館八千代3月-11



つーのも、脂がベタッとしてなくて甘くてサラッとしてんのよ。
結構見た目刺し入ってるのに、食べると重くないの。
特に赤身がつよいってわけじゃなく、脂に品があるので
サラッと食べられて、しかももたれないんです

牛鍋は期待通りだし、ロースの角煮がデミグラソースで
ビーフシチュー仕上げになっててヒット!
0620割烹旅館八千代3月-22



ステーキは味付けとか改善の余地ありだけど、そこまで
いうのは贅沢かなぁ。シンプルにわさび醤油とかのほうが
ボクは愉しめた気がしてます。
0620割烹旅館八千代3月-25





なにより嬉しいのは、いちいち帰らなくて住むこと。
匂いがつくので、もちろん別室(個室)での食事だし、
部屋まで30歩だから、ゼログラビティの達人としては
このうえない
0620割烹旅館八千代3月-1-2


割烹旅館 八千代
0598-21-2501
三重県松阪市殿町1295 割烹旅館 八千代
http://www.yachiyo-web.co.jp/



サミットも決まったことだし、三重県アツいですぞ!!
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





*****************************




夕方には宿についてお風呂に入り、ちょい休んでから夕食にしました。
朝がめちゃ早かったので、ちょっとだけ昼寝したかったんで。
0620割烹旅館八千代3月-1




食事の部屋と宿泊の部屋が別々というのはホントありがたい。
浴衣でリラックスしていただけます。んでもって、地方の旅館って
だいたいペース早いから、睡魔が降臨する前にアガれるのよね。
0620割烹旅館八千代3月-7




割烹旅館だけあって、お酒の選択肢も広め。
サービスも程よく丁寧です。
0620割烹旅館八千代3月-5




ちゃんとトレーサビリティしてるしね。
0620割烹旅館八千代3月-24


牛肉懐石のコースはこんな内容。
順番は前後あったけど特に問題なし。

先付 しぐれ煮
前菜 時節物とりあわせ
向付 前物旬魚お造り(希望者のみ)
煮物 ロース角煮
焼物 鉄板ステーキ
進肴 冷シャブ、繊野菜
追肴 牛鍋
止肴 たたき
食事 白ご飯、汁、香の物
果物 季節の果物



家に持ち帰りたくなるしぐれ煮。
これが皿いっぱいに盛られてたら、
年甲斐もなくご飯4杯食えそうだわ。
0620割烹旅館八千代3月-6








松阪うしの叩きと、なんか野菜が添えられてたっけな。
0620割烹旅館八千代3月-9






冷シャブと野菜。野菜もちゃんと美味しくドレッシングも
いい意味で控えめで、きちんと素材の輪郭をクリアにしている。
0620割烹旅館八千代3月-12




シンプルな料理で、明らかな差が出る松阪うしってスゲーっす。
さすが、ブランド牛の頂点に君臨してるだけありますね、納得。
0620割烹旅館八千代3月-20






とにかく出てくるペースは早いです。
ワンテンポはやっ!
0620割烹旅館八千代3月-18




こう見ると結構刺しが入ってて、ベタッとした余韻が
残りそうなビジュアルじゃないですか。
0620割烹旅館八千代3月-19




ところがね、さっきも書いたように脂が去り際いいんですよ。
甘い余韻を残して儚く消えてく感じ。良くまぁ、こんな牛肉作りましたね。
0620割烹旅館八千代3月-21




ステーキの時にトレーサビリティの証明書が運ばれてきます。
0620割烹旅館八千代3月-15









そりゃ、もう焼いちゃってくださいなと。
0620割烹旅館八千代3月-16





完成形がコチラ。
一瞬、オレがさっき見たやつ?って目を疑ってしまった。
鉄板ステーキとはいえ、なんか生姜焼きみたいなビジュアルに。
0620割烹旅館八千代3月-26




いざ食べてみると、火入れは素晴らしいし、
このタレも思ったほどは濃くはない。
ただ、後半ということもあって重い
味付けは胃に直撃するんすよね。
0620割烹旅館八千代3月-27





牛角煮という名のビーフシチュー。
デミグラスソースが程よい味付けで、
これだけでも朝ごはん食べられます。
順番的にここで??な感じだったけど、
まぁ、美味しかったのでヨシとしよう。
0620割烹旅館八千代3月-28





写真だと、サッと流してみちゃうかもだけど、
実際は相当腹一杯になります。食後は腹がカエルでしたw
0620割烹旅館八千代3月-29




宿の廊下はこんな感じ。
クラシカル具合が伝わるかと。
0620割烹旅館八千代3月-30






予想通り朝まで満腹状態が続いていたので、
朝ごはん抜きのプランにして正解。
その分、近所を散歩します。古い家が
かなり残っていて、趣あります。
0620松阪3月-1





例の武家屋敷ね。
通りの向こうには城の石垣が。
0620松阪3月-2




武家屋敷はフツーに人が暮らしています。
0620松阪3月-3






0620松阪3月-5


0620松阪3月-10




お城の中はこんなにのどか。
0620松阪3月-8



松阪を後にして、熊野古道に向かいます。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0) | 三重2015_3月

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔