2015年06月27日

セブンシスターズ (UK)ホワイトクリフの魅惑

0625SS4月-50

イギリスに行く人の多くのは、やはり、ロンドンを拠点にする
じゃないですか。特にはじめて訪れるなんて場合には、
ロンドンだけでも見どころが多すぎるので、なかなか
カントリーサイドまでは...ってケースも多いはず。

でも、ストーンヘンジだったり、ライの街だったり、車で
2時間も走れば、ロンドンとは全く違うイギリスの魅力に
触れることができるんですね。
Mermaid street Rye
<ライの町 2014年訪問>


なので、4日くらいロンドン滞在する予定あったら、
朝から夕方まででカントリーサイドを訪れるツアーに
参加してみるのもいいと思います。陽の長い夏だったら
帰ってからも充分明るいロンドンも堪能しつつ、しっかり
夜遊びできるしね。
0625SS4月-68



セブンシスターズへ半日トリップ

ボクが行ったのは、最近ツアー企画ができたばかりの
南部イースト・サセックス州にあるホワイトクリフ
「セブンシスターズ」へのショートトリップツアー。
ルイスの町でクラフトビールで愉しんで、更にワイナリー
も見学できて試飲できるという、なかなか欲張りな内容


崖マニアとしては、海からそそり立つ白亜の崖がどうしても見たくてね。
これまでのクラビ、ピピ島、カプリ島、アマルフィ、ハロン湾などなど、
海✕垂直系の崖に惹かれて世界のあちこちに行ったけど、白亜の崖ってのは、
未知との遭遇だったわけです。

なんかCMだか映画で見た、ホワイトクリフがすごく印象残ってて、
今回「ストーンヘンジはいいから、とにかく白崖!!」ってリクエスト
出して、連れてきてもらったんですね。
0625SS4月-49



じゃ、実際にどんな風にツアーの1日を過ごしたか、ちょっと
巻き戻してみてみましょうか。

朝、時差の関係もあって自然に早く目が覚めたのね。
泊まってたのがナイツブリッジのハロッズ近くだったので、
ハイドパークまで散歩。
0625SS4月-6





ゆったり部屋で洒落たブレックファーストを楽しんでから、ロンドンを8:30に出発。
0610UKFOOD4月-4








とても天気が良くて、ロンドン在住のドライバーさんも
「めずらしいね、コレは」と。目的地に近づくに連れ
期待は高まります。
0625SS4月-12





海まで2時間弱。「さて、準備すっか」とうきうきしながら
カメラのレンズを白崖用に換装したところで「なんじゃ、こりゃ」と。
駐車場に着いたら、あたり一面真っ白なんですよ。
そう、所謂あれです、まさかの濃霧ってヤツ。
0625SS4月-13





TOPの写真とは大違いでしょ??
100m先は視界ゼロですからね。
特に対象物が白いから完全に
白崖は塗りつぶされています。
0625SS4月-20



ま、少し待ちますか、と上の写真の建物の中のカフェで一休み。
0625SS4月-16



待つこと1時間半。ギリギリまで待ったんですけど事態は変わらず。
折角なんでと丘の上まで歩いてきたけど、下の海がやっとこさ見えるくらい。
0625SS4月-31





ただ、上を見上げると青い空も見え始めたんで、
コリャ、状況が変わるのか!?と期待するも
視線を下に戻すとたいして改善はしていない。
0625SS4月-26








うーん...、上が晴れてもねぇ。
0625SS4月-27





さすがにタイムリミットになったんで、駐車場に戻りドライバーさんと
「後ろを少し短くしたとして、あと何分粘れるか」相談。次のルイスの
町はアンティークも充実してるってことで楽しみにしてたんだけど、
その時間を少し削ればあともう少し居られるということで15分の延長を決断。
0625SS4月-29



背後の景色は晴れてきたものの、この状態になってから
結構長かったんで半ば諦めていたんです。
0625SS4月-34





ところが、そっから10分くらい経ったら「アレ、これってまさか??」
0625SS4月-35





こうなってからは状況の変化は早くて、5分後くらいには
ホワイトクリフがその美肌をやっとこさオレの前に晒して
くれたんです。こりゃ、もう大好きだったのに振り向いて
くれなかったあの娘が、突然気がかわって一緒に夜を過ごし
ちゃった♡みたいな、尋常じゃない昂ぶり感じちゃいますよ。
0625SS4月-36







時間があれば、2箇所からこの景色を楽しめるはずだったんだけど
さすがにタイムアップでここからの景色しか見れなかったのは
心残りだったけど、思わずツンデレ攻撃で最初からすんなりうまく
行っちゃうより、体感値で50倍は感動が膨れ上がった気がします。
0625SS4月-45





自然相手なんで、こうしたリスクはあるんだけど、だからこそ
人は惹かれてしまうわけで、
0625SS4月-39






さて、ここは「死ぬまでにもう一度来たい絶景リスト」に
加わったので、次はいつ来ましょうかね。まりえにも、
ここは見せたいからな。この緑のクリフサイドを3時間
くらい歩きたいわ。崖好きにはそれでも足りないけどねw
0625SS4月-50




eur_bn01

【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u
【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF  




有名なクラフトビール「ハーヴィーズ」のある町『ルイス』。
そして、大好きなアンティークが待っているというので、
後ろ髪をひかれながらも、次の目的地を目指すことにしました。

これまた、休日い寄るにはいい街なんですわ
続きの方も必見ですぞ。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




***************************************


セブンシスターズから車で30分くらいだったかな。
海だけじゃなく町のそばの丘も石灰質の陸があるようで
こっちも白壁がそそり立ってました。うは、キュンキュンする!!
0625SS4月-52




こちらがルイスの町中。
思った以上に陽気でお洒落。
やっぱね、大人が主役でスタイル持って
楽しんでる町ってのは、そこにいるだけで
気持ちいいッスよ。日本の大人も子供にもっと
人生の楽しさ魅せつけてやりましょう('∀`)
0625SS4月-53






ランチは、折角なのでこの町のクラフトビール
「ハーヴィーズ」が呑めるお店をセレクト。
0625SS4月-54





どれにしようかなー...と迷ってたら、試飲させてくれました。
こうやって選べるのは嬉しいね。こういう融通が効きにくいのが
東京のお店の残念なところ。やっぱ、臨機応変に対応できるって
とても大事なことだと思うんですよね。
0625SS4月-55





あいにく外のテラス席は空いてなくて、2Fのテーブル席で。
窓の外はこんな景色。なんか時間がゆっくり流れてるよ。
0625SS4月-60



食事はいかにもといったクラシカルスタイルのパブ飯。
ボクは決してガストロノミー偏重主義ではないので、
こういうローカルフードと向き合える時間も心の底から
嬉しいんです。このね、なんつーか臭さの残ったソーセージ。
全然洗練されていないこの無骨さも、旅の中ではむしろ記憶に
残るんだよね。そして、こういうパブ飯は、なんだかんだ
クラフトビールに合うんです。
0625SS4月-56





そして、イギリスと言えばこのビーンズ。
話を聞くと、朝食の時にはこれをトーストに乗せて
食べるらしいです。どうやら、それがやめられなくなるらしい。
そういうイギリス在住の人の話を聞けるのもメチャ楽しい。
0625SS4月-61





ガイドブックにあるような景色をナマで見るというのも、
それはそれで感動体験なんだけど、旅の面白さって大人に
なればなるほど、そういうもんだけじゃなくなってくる。
0625SS4月-58







もっとその土地の人たちが楽しんでること。
日常で幸せに感じることをトレースしたく
なってくるもんなんです。それは、日本でも同じ。
だから、仲のいい友人がいる京都も札幌も、
より深く楽しめるんで何度もリピってるんですよね。
0625SS4月-62





ビールの余韻に浸っていたくもあったんだけど、
アンティークの店を見れないなんてのも我慢
ならなかったので、足早にお店に向かいます。
0625SS4月-64




本来なら、こういう町で半日のんびり過ごすとか、
1日泊まってみたいもんなんだけどね。今回の旅は
様々なイギリスの魅力に触れるという目的なので
ポテンシャルを感じとるために常にアンテナ立てっぱなしで。
0625SS4月-66





アンティークが集まる街というのは、あちこちに
あるらしいんだけど、ここはどうやらアンティークの本が
多い街のようです。
0625SS4月-67





ボクが寄ったのは、カトラリーから装飾品、インテリアや人形まで
なんでも扱っているアンティークショップ。酔っ払いながらも限られた
15分という時間の中で、カトラリーセットと器とハンガーをGET。
0625SS4月-69





ワイナリーが15:00頃の予約らしく、慌ただしく次の目的地へと向かいます。
0625SS4月-72





去年もワイナリー「チャペルダウン」に寄ったけど、
あちらはイギリスでも最大規模だったんすよね。
こちら「BOLNEY」はもっと小規模。音が似てるけど
ブルゴーニュの「VOLNEY」ではありません。
0625SS4月-84





まずはワインの販売所も兼ねているレストランへ。
0625SS4月-87





中に入ってみるとめちゃくちゃ気持ちいい。
ほら、カントリーサイドってロンドンとは全然
違うけど魅力あるでしょ??
0625SS4月-74








ここだと、どんな食事が食べられるのか気になるね。
ショップのスタッフが、そのまま案内してくれました。
0625SS4月-77





基本的にワインの作り方は同じなので、実際にどんな環境で
作られてるのかなって、話を聞きながら、周囲のテロワールを
五感に記憶させることに力を注ぐ。
0625SS4月-79




もちろん、こうした工場の中を見るのも面白い。
でも、こうしたワイン造りの工程には興味がなくても、
あとでこのワイナリーのワインを飲むときに、
この土地の景色とか、空気の質とか、肌触りとか、
風の音とか香りを思い出したりするもんなんですよ。
そんな記憶とともにグラスと向き合うことが出来ると、
更にワインが楽しくなるんです。
0625SS4月-80




そうそう、あとどんな人達がどんな表情で働いてたのかっていうことを
見て感じられるのもいいですよね。その想いが付加価値となってワインに
被さってくるんです。
0625SS4月-81


0625SS4月-83



さっきのカフェに戻ってきていよいよワインを試飲。

0625SS4月-85






地球温暖化の影響もあって、ブルゴーニュの気候に酷似してきたという
イギリス南部のワイナリー。もともと土壌の質が似ているということもあって
急速にワインのレベルがあがっているらしい。
0625SS4月-86





とはいえ、ピノ・ノワールのアプローチは独特で、
ブルゴーニュ好きのボクからすると、ちと好みとは
違う感じでしたね。この辺は実際に飲んでみて感じる
ことなので、勿論この味が好きって人も多いと思います。
ワインなんて100%好みの世界なんで、ボクの感想なんて
あくまで参考程度に。
0625SS4月-88




ただね、このロケーションで飲むワインというのは幸せですよ。
0625SS4月-89





一番刺さったのは、こちらのブラン・ド・ブランのスパークリング。
シャルドネ100%で、シルキーな舌触りで、かつ余韻に少し蜂蜜っぽい
甘さが残るんです。わりとシャンパーニュっぽいエレガントさもあって、
こんなスパークリングがイギリスで呑めるんだと心から驚きました。
ハイ、もちろんこれは即買。今も家のワインセラーで眠っています。
0625SS4月-91




いい感じに酔っ払ったところで、帰りの車の中は、
いつものごとくゼログラビティ。気づいたらロンドンの
町中に帰ってきていました。


さて、こんな感じでイギリスのカントリーサイドの魅力、
少しは伝えられたでしょうかね。初めての訪問で何泊も
カントリーサイドっていうのは中々決断難しいかも
しれないけど、こんな半日をアクセントにいれることで、
またロンドン、というかイギリスが違った見え方してきます。


崖マニアじゃない人には、コッツウォルズやウゥンザー城、
ストーンヘンジもあるしね。ツアーがあるのかわかんないけど、
ディズニー好きには”くまのプーさん”の村なんて選択肢も
あります(まりえとはココ寄るのは必須だろうし)。

わりと気軽に行ける価格帯なので、個人旅行でも
うまくこうしたツアー使うのはスマートな気がします。
0625SS4月-92


今回は、このツアー企画の最終チェックみたいな役割も兼ねてたので
ロンドンから車で行ったけど、実際のツアーはロンドンから電車で
近くの駅まで行く流れ
らしい。確かにその方が時間は正確。
渋滞ハマるとその後の予定にも影響あるしね。



eur_bn01

【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u
【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 



エアーの金額も今はかなり安いので夏ヴァケの行き先候補に
イギリスも加えちゃってみてはいかがでしょう?
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔