2015年06月28日

Pino Rosso(外苑前)ワインも込みで6000円!? 異次元オステリアが降臨

0627PR6月-0

明治公園前のリストランテ マツオが新たに展開する
外苑前のイタリアン『オステリア ピノロッソ』。

安いだけのイタリアンにはもう飽きたけど、質のいいものを
リーズナブルに愉しみたい。そんなニーズに応えるオステリアが
外苑前にオープンしたんです。

だって、リストランテ並みのエレガントな料理で6000円ですよ!!!

「6000円のコースだったら、ワイン入れたら1万円超すじゃん。
 それって全然フツーじゃない?」
って声も聞こえてきそうですが焦らないで。
ヒトの話は最後まで聞いてみるもんですよ。

0627ic6月-2




なんとワインもフリーフローで6000円なんです!!!
や、ね。そりゃ、オレもビックリしましたよ。

コースで6000円だよーって誘われて行っただけなので、
当然ワインは別勘定の心づもりしていくじゃないですか。
オステリアとはいえ、外苑前だし、雰囲気もそれなりだし。

料理だってリストランテのエッセンスをふんだんに
盛り込んだ丁寧な仕立て。ワイルド&ボリューミーな
いわゆるオステリアとは一線を画す皿展開、

ワインもアッビナメントをしっかり考えられていて、
満足高めだったから、お会計の際に「え!?」って
聞き直しちゃいましたよ。
0627ic6月-5



でもね、今の日本が求めているものって
こういうものだと思うんです。

一部の人は潤ったのかもしれないけど
日本国民の殆どは円安・消費税増で
単に生活が厳しくなっただけ。

ピケティの言うように格差は広がっていく
トレンドだと思うんで、高いものは富裕層に
任せておいて、ほんとうに質が良くて自分に
合うものを選んでいけばいいと思うんすよ。


トップが突き抜けてるおかげで、裾野のクオリティも
とんでもなく底上げされているのが今の日本。
その恩恵はしっかり享受しておかないと。
0627ic6月-6




民主党時代よりは、だいぶ政治が機能してるとは思うけど、
円安と未来に負債をまわすような財政支出は、ほんと
ヤメてほしいと思ってます。

円安による見せかけだけの好調な企業業績と、官製相場による株高で
さも日本全体が景気いいみたいな風潮ですが、個人消費は全くもって
力を失ったまま。原油安なので救われてる面もあるけど、円安で食品の
値上げは止まらず、若年層の給与なんてディフェンスに入らざるをえない
低迷ぶり。そんな中、物価をあげることに必死になってる日銀とか、
もう意味わかんねーし、年寄りしか見てねーんじゃね?としか思えない。

これからの日本を作っていくのは、若者たちだよ、
既に金融資産の80%以上を持っている50代以上が潤っても
その世代に未来(子供)をつくることはできません。

そんなんより若者が安心して結婚できたり、未来に夢持ったり、
子供をフツーにつくれる世の中にすることが、今はプライオリティ
高いと思うんです。そういう中長期的なビジョンを描くことが
まつりごと(政)じゃなですか。
0627ic6月-10






ちょいと話しはズレましたが、そんなアツい語りを入れたくなるくらい
こちらのオステリアは今っぽさが詰まっている。料理の質が高いだけ
じゃなく、ビジュアルも含めて切り詰めてる感が全く感じられない。
0627ic6月-13




ゴールドラッシュ(とうもろこし)の冷製ズッパも
ボリュームあったし、トマトのカプレーゼも高糖度で
こだわりを感じる一皿。パスタもしっかりサマートリュフ
とか使っておいて、フォアグラのリゾットですよ。
まー、ボクは酒弱いから適量しか飲めないけど、
ガッツリ飲む人にはたまらないシステムだよね。
0627ic6月-15






セコンドは、黒毛和牛のア・ロースト。
0627ic6月-17





カフェまで含めたら10皿で、それでいてビールからワイン5種、
カクテル、ソフトドリンクまでコミコミで6000円というプライシング。
0627ic6月-20





いやいや、ホントやるものですね。
ワインもこちらに並んでる通り、
安かろう、悪かろうなんて邪心は
全く感じられないラインアップ。
0627ic6月-23

ピノロッソ (Pino Rosso)
03-6447-1280
東京都港区南青山2-22-2 B1F



デートでも呑み会でも、迷った時は『ピノ・ロッソ』。
特に女性にゴチらねばねらない立場の諸兄の方々には、
強くこちらをおススメしておきます。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




*****************************


北海道産のゴールドラッシュ(とうもろこし)を使った
冷製クレーマズッパ。クロカンテが添えられています。
この時期のじゃがいもとかたまねぎとか冷製のスープ
ものは大好きなので、一皿目から心掴まれました。
0627ic6月-1



0627ic6月-3




泡もワインもいいかんじよ。
0627ic6月-4




炙りホタテと山陰産の白海老のタルタル。
ソースは雲丹のアーリオオーリオだって。
こゆのも夏に似合う一皿だよね。
0627ic6月-7





続いてのお皿はもっと夏。
2色の高糖度トマトに24ヶ月熟成の
パルマのプロシュートを合わせた一皿。
トマトがヤケにうまい。

トマトは静岡のアメーラトマトと瀬戸内産の白雪姫。
0627ic6月-9





メカジキとオクラのインパデッラ。
オクラっていうのが日本ぽくていいね。
0627ic6月-11





フランスのアスパラソバージュとサマートリュフのクリームソース
仕立てのタリアテッレ。麺の食感と唇に触れるザラッと感がイイね。
0627ic6月-12



0627ic6月-14





フォアグラのリゾット。
特にフォアグラ好きってわけでもないけど、
こゆーの嫌いじゃないですw たまに食べると
「やっぱ、フォアグラっていい仕事すんね」
と見直すことになる。
0627ic6月-16





程よいポーションのア・ロースト。
ヤングコーンやズッキーニと合わせて
お皿の上で夏を感じてみる。
0627ic6月-17





黒毛和牛は香川県産だそうで。
このくらいのポーションで丁度いい。
0627ic6月-19





ドルチェは、南国マンゴムースのトルタ。
0627ic6月-21





単に安いだけじゃなく、雰囲気や料理の演出まで含めて
よくまぁこのプライシングでやれちゃってるなーと。
0627ic6月-24



場所も外苑前と少しハズしてるのがウマい。
あんま人に教えたくないタイプのオステリアですww
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ


ピノロッソイタリアン / 外苑前駅青山一丁目駅乃木坂駅
夜総合点★★★★ 4.0






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔