2015年07月07日

うしごろ 貫 (五反田)匠の焼肉

0707貫6月-0


勢いの止まらない焼肉「うしごろ」。

若めの女子と話してても、
 女 「焼肉好きなんです〜、行きたいなぁ」
 男 「へー、どこ行きたいの?」
 女 「えっと、恵比寿にあるうしごろってお店で」
とか、一度や二度じゃありません。
マインドシェアトップに来るとか半端ないよなーと。
0707貫6月-17



ボクも焼肉はうしごろ率高いけど、ワインと合わせるとなると
銀座や西麻布といったフラッグシップの利用が多くなる。
その次に多いのが、和酒と焼肉を合わせる「うしごろ 貫」。

サイドメニューのラインナップも好みだし、なにより店長の
三輪さんの日本酒セレクトが見事過ぎで。これが見事に
焼肉に合うんだわ。
0707貫6月-27





今までは、「うしごろ 貫」は恵比寿だけで、しかも席数
少なかったから、なかなか予約も大変だったんだけど、
新しく出来た五反田の「うしごろ 貫」はかなりキャパ大きく
個室が多いのも使いやすくてイイっすね。

料理について恵比寿との違いを聞いたら、あっちよりももっと
肉を赤身よりにシフトさせたとのこと。へー、そりゃ益々
オヤジ向きじゃないですかと。


いつものように泡の日本酒で乾杯して、前菜でエンジンかけはじめた
ところに、いきなりシャトーブリアン降臨。お、こうきたのね、と。
0707貫6月-8



ボクは後半戦だと、酒のせいでいつゼログラビティ発動するかわかんないし、
そもそも満腹に近い状態で、クライマックス級の肉食えって言われても、
ポテンシャルを引き出すの難しいじゃないですか。

ペースコントロール要らずで、クライマックス級の肉に挑めるって
こういう展開もたまには面白い!! 

リブカブリの炙り握りは、焼肉屋のレベルを凌駕しつつありますね。
0707貫6月-15




肉盛りも、ウチヒラとかクリとか、あんまし遭遇したことない部位から
定番のイチボやミスジまで、色んな方向から愉しませてくれるし、
また、日本酒のセレクトがいいんだわ。
0707貫6月-11




伊達家御用達の蔵元で遠心分離製法でつくられた
デザートワインのような日本酒『勝山 元』とか、とうとう
日本酒もここまで!といった感動くれるし、他にも
「これはスゲー」ってお酒、いくつかいただきました。
0707貫6月-29



あとガンヲタの心を揺さぶったのは、
作(ざく)プロトタイプG。
これって、絶対作り手がガンヲタでしょ 笑
カラーリングといいフォントの佇まいといい
どう考えてもコッチの人です。
0707貫6月-10



ロケーション的には、恵比寿の貫は駅前だし、
アクセスもいいんだけど、今は三輪店長が
こっちだし、赤身に惹かれて五反田贔屓。

赤身✕和酒は最高ですわ。


うしごろ 貫 五反田店
03-3490-2929
東京都品川区西五反田1-17-1 第二東栄ビル 2F
http://ushigoro-kan.com/




今宵の池尻大橋『グルトン』も、
やはり最高でした('∀`)
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*******************************



はぁ、乾杯のスパークリング日本酒からして大好き。
マニアック過ぎて驚くわ。すず音はまだしも
スパークリングASIA微紅とか水芭蕉って初見ですから。


ユッケ万歳。
0707貫6月-2





続いてワイングラスでの鳳凰美田。 
ブラックフェニックスというニュータイプ。
エチケットのかっこよさ、ワインに負けてません。
0707貫6月-1





こっからシャトーブリアンのジェットストリーム
アタックいっちゃいますよ!! 
0707貫6月-4





もはや芸術。
0707貫6月-5




焼き加減が大事。
0707貫6月-7





広島県産の藻塩とともにいただきます。
0707貫6月-9



リブかぶりの炙り握りは、感涙。
0707貫6月-14








肉盛は、メモによるとウチヒラ、クリ、
厚切ハラミ ミスジ ランプ イチボ
0707貫6月-12




どんだけ畳み掛けてくるのよと。
0707貫6月-13







この赤身と脂のバランス、いいっすね!
0707貫6月-18




いやいや、なんとも。
0707貫6月-19






ふかふかやぁ〜
0707貫6月-22





なんじゃ、こりゃ!!
ビオワインのような日本酒。

どうやら江戸時代と同じ製法で作った
イギリス人杜氏の酒らしいです。
その名も『玉川タイムマシーン』
0707貫6月-21







極上クラシタのすき焼き
0707貫6月-24





わりと焼肉屋さんのすきやきは脂強めなんですが
これは、かなり赤いが強い。
0707貫6月-25







精米歩合日本一の8%磨き
来福 純米大吟醸。夏酒だぜ。
0707貫6月-23






タンつみれと九条ネギのスープ、これ癒し系。
0707貫6月-26




既に満腹モードなんだけどホルモン盛
0707貫6月-28




これは好きです、特製和風冷麺。 
途中から生のり混ぜると、また
違った雰囲気に。
0707貫6月-30




カレーだって最高です。
0707貫6月-31



かなり細分化しつつある焼肉業界ですが、
こんなに日本酒と合わせてくる焼肉屋は
ありませんぜ。そういう意味でも匠な「うしごろ」です。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






kyah2004 at 23:30│Comments(1)TrackBack(0) | ¥10000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なおこ   2015年07月19日 08:54
いつもお店開拓の参考にさせていただいています☆
今回の記事の「池尻のグルトン」の一言がとっても気になりました!
少し前にお店の前を通りかかって気になっていたところなので…
是非グルトンについても書いていただけたら嬉しいです♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔