2015年08月23日

夏の札幌へ 〜余市のワイナリーで大人キャンプ〜

0823SAPPOROBBQ7月-4

「夏の北海道、余市のワイナリーでキャンプをしよう」

しかもそこは、元々キャンプ場などではなく、
たまたま友人が気に入った場所だったらしい。


リタファーム&ワイナリー
http://www.rita-farm.jp/
0823SAPPORO7月-3




余市で3番目に出来たワイナリーで、
マッサンで一躍有名になった竹鶴の奥さま
リタさんとの縁もあるワイナリーなんだってさ。
0823SAPPOROBBQ7月-48

そのうえ「積丹ブルーってすげー海の色見せたいんです」
そんなお誘い来たら、エアチケット取っちゃうよね(笑)




7月の末は札幌のベストシーズン。今年は行ったタイミングが
雨がちだったせいもあってジメっとしてたけど、いつもはもうちょい
カラッとしていて、梅雨の本州から訪れるとマジで気持ちいいのよ。
0823SAPPOROBBQ7月-12




余市のリタファーム&ワイナリーへは、
札幌市内から車で1時間ちょい程度。

丘の上からは余市の海が見えるほか、
ゆるやかな丘陵が眼下に広がっていて
そこに立つだけで気持ちいい。

主催のたかチャンが、朝から全部用意してくれてたので
ボクラは、ただただ酒を飲みながら、北海道の極上素材を
食べてればいいだけで...
0823SAPPOROBBQ7月-26




北海道の鮭を丸ごと焼いたりとか、道産のラムを大胆に
焼いて食べたりとか、こういう時の感情の動きを文字に
落とし込めないのがほんと残念。もちろんファットリアビオの
チーズも思う存分いただいちゃいます。
0823SAPPOROBBQ7月-35



マントルのようにコア部分にサラミが
埋め込まれたカチョカヴァロ。単体で
どえらく酒がすすみます...
0823SAPPOROBBQ7月-8




食材でヤバすぎたのが百合根。ニンニクくらいの大きさで
それをアルミホイルに包んで焼いて、ちょいいとバターと
合わせて食べるのね。さつまいもみたいな甘さと、ふかふかの
食感に、百合根らしい気品が加わってとんでもない事件に。

リタファームのワインを飲んで、テロワールを正真正銘
五感で感じるという贅沢な遊び。これぞ大人のBBQ。
0823SAPPOROBBQ7月-10





食べては寝て、食べては寝ての繰り返し。
というか、普段の疲れがこういうとこで
ドバーッと出てしまうので、大半寝て過ごします 笑

友人らの賑やかな笑い声を子守唄にゼログラビティ
なんて、人生の至福の時といっても過言じゃないね。
0823SAPPOROBBQ7月-23




寝る頃に、パラパラ雨が降ってけど、
翌朝は止んでてホッとしたー。
雨降ってたら片付けとか洒落にならんし。
0823SAPPOROBBQ7月-46




ここで一泊した翌日は札幌へ。
天気も悪かったし、時間も無かったので
積丹ブルーには会えなかった...、また今度ね。

札幌に戻ってから、久しぶりに北海道に上陸した
まりえと合流し、金寿司へ。
0823SAPPORO7月-10




ちょい昼寝してからタカちゃんやR字の会社、
「NORTH UNITED」の10周年PARTYへ。
0823SAPPORO7月-11



札幌の町を見下ろす山の山麓にあるカフェで、
宮越屋珈琲の経営するフラッグシップのひとつ。
0823SAPPORO7月-19



ここでサプライズでタカちゃんのB.D祝をしてから、
札幌を代表するフレンチ「ラ・ブリック」でディナー。
0823SAPPORO7月-21



相変わらず安定感ある料理、花ズッキーニの前菜は
フレンチらしく、オマール的な甲殻類のクネルが
詰められていて、ビスクソースが見事にマッチ。
0823SAPPORO7月-26



十勝牛をフレンチの技で。
焼肉やステーキとは違った魅力が浮き彫りになる。
こういう焦点の当て方は、さすが実力派フレンチ。
0823SAPPORO7月-33



そして、食後のデセールに合わせて、84年の余市のシングルモルトを
デザートワイン的に合わせちゃったりできるのも、札幌ならでは大人遊び。
0823SAPPORO7月-36



初音ミク発祥の札幌の夜らしく、ボカロBARにも潜入。
0823SAPPORO7月-38


久しぶりにまりえも札幌に連れてこれたのに
ショートステイだったのがほんとに残念。
また、ゆっくり連れてこないとね。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






*****************


前情報ではいまいちイメージ出来てなかったんだけど、
まさかワイナリーの一角を借りてキャンプをするなんて。
ワイナリーにキャンプ場が併設されてるのかと思ったら、
全く関係なく、タカちゃんがここを気に入って借りる
交渉をしたらしい。

そんな発想はボクラにはありません。
やっぱ土地の遊び人の背中についていくのが
旅先の正しい攻略法ですな。

ほんと、最近は面白い友人の居る場所
優先で行き先を決めています。
0823SAPPORO7月-1




最初のビールが旨いわな。
昨晩の記憶が無くてもね 笑
0823SAPPORO7月-4




音も抜かりない。
自然×音、これ大事。
0823SAPPORO7月-6




しばらく煙草は吸ってないけど、こういうシチュエーションだと
欲しくなるなぁ。来年もやるならシガー持って行こう。
0823SAPPORO7月-7





塊肉のまま豪快に焼きあげる。
0823SAPPOROBBQ7月-2







ファットリアビオのタカちゃん自ら新作をお披露目。
0823SAPPOROBBQ7月-7





カチョカヴァロの淡白な味わいは、こうした
サラミにとても良くマッチするんだけど、
中に仕込んであるというのは新鮮でした。
0823SAPPOROBBQ7月-6





ちょいと早く火からあげちゃったので
もう少し焼いてみます。
0823SAPPOROBBQ7月-14





大人になってから出来た友達が、こんなに仲良くなるとはね。
0823SAPPOROBBQ7月-16




無造作にファットリアビオのチーズを使って
カプレーゼを。バジルは自分で好きなだけ挟んで。
0823SAPPOROBBQ7月-18




ラムもダイナミックに齧り付きます。
0823SAPPOROBBQ7月-19




焼きすぎて炭になるものもw
0823SAPPOROBBQ7月-22





アイディアはあったとしても、東京から数日間訪れる
ボクラには、こんな場所も見つけられないし、準備だって
出来はしない。札幌に友人がいるからこそデキるコンテンツ。
そういうのを愉しめる旅がしたい。
0823SAPPOROBBQ7月-25




当然のごとく即落ちして、起きたらタイ風の肉も出来てました。
0823SAPPOROBBQ7月-27





サーモンも丸ごと一匹焼いてやがる。
正しいのか?? 笑
0823SAPPOROBBQ7月-29





こういう大人なキャンプセットを貸すビジネスもあるんですね。
0823SAPPOROBBQ7月-30





当たり前だけど、いい笑顔しか出てきません。
0823SAPPOROBBQ7月-32











0823SAPPOROBBQ7月-37





超絶気持ちいいから。
ここで寝れるのも才能(笑)
0823SAPPOROBBQ7月-38




なんだかボロボロなサーモン。
ちょいレア部分もあるけど美味でした!
0823SAPPOROBBQ7月-39





0823SAPPOROBBQ7月-41





腹も落ち着いた夕方の空気が気持ち良い。
酒飲んだら何より転がってるのが幸せなので、
(というか重力の誘惑にさからえないw)
寝て起きては酒飲んで転がってたりと、
怠惰の極みなサイクルです。
0823SAPPOROBBQ7月-42






夜は地面に座り込んでカレー作り。
なんか、アジアの路面屋台みたいなんすけどww
0823SAPPORO7月-8


すんげー、豪華な食材をぶっ込んだんだけど
下が焦げたせいで、全ての味が台無しに('A`)...

焦げだけは味がごまかせませんでしたわ。



深夜には雨が降ってきて、車の中で寝てました。
翌朝はテントなどを片付け。みんなでやれば、
そこそこの時間で片つきますね。
0823SAPPOROBBQ7月-47





札幌に戻って、お風呂に入り、ランチで寿司をつまんで
ホテルのベッドで一休み。ずーっと寝てるだけじゃんって
思われるかもだけどその通り。ここんとこ忙しすぎて、
こういうリラックスできる時間に飢えていてね。

夜のNORTH UNITED 10周年PARTY、直前まで
雨が降ってたんだけど、ちょうど雨があがって
クリアな夜景が眼下に広がりました。
0823SAPPORO7月-18




料理はタカちゃんらがご縁あるケータリングと果実倶楽部のフルーツを。
0823SAPPORO7月-12




まりえが1泊なので、ディナーを別でも予約してたので、
ここでは軽くお酒を飲んだだけ。
0823SAPPORO7月-14





メインは、たかチャンのサプライズB.D祝いだったので
無事にお祝いを見届けて、色んな感謝の想いとか、未来への
約束とか、そんなメッセージを添えられました。
0823SAPPORO7月-20






また改めて「ラ・ブリック」については書きますけど、
札幌はフレンチのレベルが高くてね。来年は足を伸ばして
ミシュランで星を獲得してる「マッカリーナ」とかにも
行ってみたいんだよなぁ。

ラ・ブリック」はモダンなテイストを挿しこみながらも、
クラシカルなガストロノミーを下敷きにしていいるんで、
”フレンチ”ってウメーんだよなーという、当たり前の事実を
強烈に思い出させてくれるんですよね。
0823SAPPORO7月-24




ホワイトアスパラとか、花ズッキーニを7月の末に
使ってくるところも面白い。その組み合わせの妙に
テーブル一同納得感。
0823SAPPORO7月-27






デセールに合わせた食後酒が、実に北海道らしいラインナップ。
0823SAPPORO7月-37




初音ミク誕生のこの地では、濃厚なファンが集まる
ボカロBARなるものがあるんですね。
0823SAPPORO7月-39




こげなシャンパーニュもあるとは。
0823SAPPORO7月-40




その後、果実倶楽部で泡とフルーツを。
0823SAPPORO7月-41





翌日は昼の便で帰京するため、朝起きてから千歳空港へ直行。
最後の北海道メシ食べるなら、空港のほうがなにかと都合が
いいからね。〜11:00までで美食の選択肢は札幌市内だと
かなり限られてしまうんでね。
0823SAPPORO7月-42






と、まぁ、起きてる間はひたすら食べ続けてる
夏休みのはじまりでした。ここから、名古屋、
フィリピン、名古屋、サマソニ、まだ名古屋と
怒涛のロードがはじまったわけです。今週末は
一ヶ月ぶりに東京で週末を過ごしました。
放浪者(Juanderers)らしい夏だったけど、
まだもうちょいこっちで夏楽しむよ!!
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔