2015年08月29日

夏の祇王寺(京都)

 0825祇王寺8月-14
 
京都で数あるお寺の中でも、ヘタしたら一番
リピっているのが、ココかもしれません。
 
奥嵯峨の「祇王寺」。
0825祇王寺8月-16 




竹林と楓に囲まれたつつましやかな草庵で、『平家物語』にも
登場する古刹。平清盛の寵愛を受けた白拍子”祇王”が
清盛の心変わりで都を追われるように去り、母と妹とともに
出家した悲恋の尼寺として知られています。
 
ただ、実際に訪れると悲恋な雰囲気などなく、世間の
価値観から超越した美意識といった、潔よさを感じる別世界。

 0825祇王寺8月-7

TOPの写真は、体感ではあのくらいの感じも受けるよってことで
アンダー気味に撮ってるけど、昼間だと実際はこのくらいの明るさ。


 
「世の騒ぎに疲れた人」、たとえばパクリ疑惑で
無駄に騒がれすぎてる人なんかには、こうした空間で
ひとり心を鎮めるのをおすすめしたいっすね。
0825祇王寺8月-9

 
 
さすがに冬は枝ばかりで物哀しいけど、新緑から
紅葉までは、いつ訪れても響きます。
まだ遭遇したことはないけど、夏の雨上がりに
ふと訪れてみたいんだよね。
 
昔行った、祇王寺近くの精進料理屋で
ストイックな変態オヤジが言ってました。
「さっき、祇王寺さん行ってきたんですけど
 めちゃめちゃ良かったですよ」
「あー、まぁまぁですわな。ワシは雨の後なら
 行きますよ」って。
 
あの会話、忘れてません。
0825祇王寺8月-12

 
 


草庵の吉野窓は、京都の好きな窓TOP10のひとつ。
今は写真禁止になってしまったようで過去のアーカイブから。
0723-2祇王寺 
 


言うまでもないと思うけど、
美しさのピークは
紅葉時期。
それも少しもみじが散り始めが
ベストのタイミング。


 
美しい苔のじゅうたんに、はらりともみじの葉が
散っているさまは、この世のものとは思えない
次元の異なる日本の美。
 
去年も紅葉の京都行ったけど、今年も当然狙ってます。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



**************************************************************




嵐山公園内の「松籟庵」でランチして、常寂光寺で少し昼寝して
もうちょい歩いてみようと祇王寺へ向かいました。
0825祇王寺8月-1






あまりに暑すぎるので途中でかき氷食べながら。
0825祇王寺8月-2





普通の民家がやけにカッコいい。
0825祇王寺8月-3





やっと祇王寺に着きました。
0825祇王寺8月-4





空を覆うように木が密集してるので体感温度で
日なたよりも5,6度は低いと感じる。いや、もっとかも。
0825祇王寺8月-5







ただ、そこにいるだけで心が癒される。
0825祇王寺8月-8




静かに生命力の強さを感じる空間。
だから、ヘタレてる時にいいかもって思ったのかも。
0825祇王寺8月-10







日本人の美意識んい誇りが持てる。
0825祇王寺8月-15




なんだか3ヵ月くらい京都に行ってないかも。
京都の禁断症状が...
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔