2015年09月16日

ビストロ グルトン (池尻大橋) 一番通ってる理由

0913GLOUTON2_11月-0


池尻大橋の246から一本入った裏道、近くだと
フレンチの「オギノ」があるエリア。あの辺に、
去年ひっそりとオープンした『ビストロ グルトン』。

もうすぐ1周年なんだけど、多分 この1年で一番
訪れたレストランだと思う。たまに空き日ができると
まりえを連れて、ふらっと寄らせてもらうノリで。
0913GLOUTON10月-2



店内は赤壁のこじんまりした空間、ウッドのカウンターに、
緑の黒板には手書きのメニュー。佇まいからして相当タイプ。
決して押し付けがましくないんだけど、お店の向かいたい
方向性ってのが、きちんと整理して示されている。
0913GLOUTON2_10月-19




カウンターは、8人もすわれば満席になってしまう。
このL字型カウンターの罠は、他の人が食べてるメニューが
異常に気になってしまうこと。しかも、話しかけやすい距離感
なので、ついつい客同士でも話が弾んでしまう。
0913GLOUTON10月-4




いちおうテーブル席もあるんだけど、基本使われてない。
理由を聞いたら「お客さんの顔も見えないし、なんか
イヤなんだよね」って。ビジネス的に回転上げてくよりも、
信念を優先するあたりがシンパシー感じちゃうとこ。
0913GLOUTON12月-23



料理は”カニクリームコロッケ”とか”牛頬肉の赤ワイン煮込み”とか、
極めてオーソドックスな名前の料理が並んでるんだけど、
これがいちいち完成度高いんすよ。メインも殆ど1000円台だけど
この手間のかけ具合と味付けで、この価格はありえない。
0913GLOUTON11月-2




カニクリームコロッケなんて、ほぼほぼ蟹の身ですからね。
これで800円とか、全くもっておかしいんです。
0913GLOUTON10月-8



シェフの小更さんは、「うちは居酒屋使いしてくれればいいから」
なんて言ってくれてるけど、価格やメニュー名とは裏腹に、一口
料理を口に入れればガストロノミー出身の育ちの良さが隠せません(笑)
0913GLOUTON12月-18



本人は言いたがらないけど、レストランFEUとか、ロブションで
腕を磨いてきたので、当たり前のレベルが当然のごとく高い。


ビストロとはいえ、この下仁田ネギのサラダが
数百円(当時700円くらい)とかちょっとおかしいし。
ネギの火入れ、盛り付け、味付けのバランス、
テクスチャのエロさ、言ったらキリないのよ。
0913GLOUTON12月-12



普通っぽく見せかけておいて家はもちろん、
並のビストロでは出来ない(やれても手間が
かかり過ぎる)ラインを軽々と超えてくるのよ、
しかも飄々とね。客としては、たまらなく幸せ。


あとね、季節のスープもヤバい。
特に好きなのが栗のスープ。
これも今 確認したら600円だって。
おいおい、スタバかよ?(笑)

ちなみに、この写真は違うスープ。
この絵面だけ見ても思い出せんw
0913GLOUTON12月-13



メインは、一番高くて2000円。
ジビエが入ったらもうちょいあがるけど、
1500円前後でメインいただけて、あの味だからね。
実際食べればわかるよ、高くて美味しいのは
ある意味当たり前だけど、ここまで安いのに
あのクオリティって、幸せにならないはずがないから。
0913GLOUTON10月-11




この店の楽しみ方。
行けば自然にそうなると思うけど、
いちお念の為に書いとくね。
カウンター座って、とりあえず泡呑みながら、
黒板のメニューを前に「あーだ、こーだ」言い合って
ゆっくりとメニューを決めていこう。

前菜2品くらい決めて、その後の流れをじーっくり
話し合っちゃいましょう。そのプロセスが楽しいから。
0913GLOUTON10月-17



ただ、どうしても迷ったら、
・カニクリームコロッケ
・下仁田ネギのサラダ(冬にあれば)
 これが無いときは、焼きナスとアジのサラダ
・スープ(ピンときたのがあれば)
・牛頬肉の赤ワイン煮込み

このあたりを攻めておけば間違いないっす。

ワインもソムリエの奥さまがセレクトしたワインが、
ブルゴーニュを中心にたくさんストックされている。
オンリストされてるメニューもみつつ、こんなの
飲みたいとわがままリクエスト出すのがいいと思う。
0913GLOUTON12月-4



当家もサラッと使う時もあれば、しっかりと食べ尽くす日も
あったりと、ほんとその日の気分次第。食後酒まで飲み比べて
ベロンベロンになって帰った日もあります。
0913GLOUTON2_10月-20


予約がずーっと先まで取れない店になるのはイヤだけど
ほんとに食べることが好きな人には、もっと知って欲しいなーと
思う狭間で悩んでます。
0913GLOUTON10月-18



ビストロ グルトン
(BISTRO GLOUTON)
03-3410-5517
東京都世田谷区池尻2-33-7



やっぱね、その日に滑り込める
お気に入りのお店って最高だよね。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ




******************************

このエントリーは、多分 去年の分だけ。
10月にオープンしてから、年末までに
5回くらいは行ってるはず。
クリスマスイブとかね。

なので、前菜、メイン、炭水化物、デザート的な
感じて、まとめてアップしていきます。
損させないから ついてきて(*゚∀゚)っ!

居酒屋とかいいつつ、カトラリーからしてエロい。
0913GLOUTON2_10月-2



いんげん豆とマッシュルームのサラダ。
見た目以上に味が洗練されてるから。
0913GLOUTON2_10月-4




原木シイタケのソテー。
山の景色が浮かんでくる。
0913GLOUTON2_10月-6



玉ねぎのロースト。
どシンプルに見えるでしょ?
(ΦωΦ)フフフ…
0913GLOUTON12月-15





イカのフリットかな?
揚げ物系も品があるのよ。
季節によっては穴子のフリットとか。
0913GLOUTON2_10月-7



牡蠣もあれば、牡蠣フライもある。
こういうビストロの牡蠣フライってワクワクしない?
0913GLOUTON12月-5



ポムフリ。
外側の適度な歯ごたえと、中のフワッと感がいいね。
0913GLOUTON12月-7




リエットもお代わりできます。
0913GLOUTON2_11月-2




愛しのカニクリームコロッケ。
初めて訪問する人には、たいがいこれ勧めてます。
0913GLOUTON2_11月-4




下仁田ネギのサラダ、オンリストされてるうちは
何回も頼んでます。ビネガーの加減とか、とにかく
全体の味の着地点が心地いい。ガストロノミー
なら普通かもだけど、定食価格のビストロですよ!?

パリコレのステージで美人見るのは当たり前だけど、
その子らがセンスいい私服で表参道歩いてるとこ
想像してみて。そのなんともいえない突き抜けた
感じが、むしろステージより引き立たない?
0913GLOUTON2_11月-5



焼きナスと鯵のサラダではないでしょうか?
ひとりなら、これ頼んで肉食べてサッと帰ります。
0913GLOUTON10月-5




お気に入りの時計して、
クリスマスイヴにやってきました。
0913GLOUTON12月-9





さて、やっとスープ編。
通年オンリストされているのがオニオングラタンスープ。
夏もいいけど、やっぱ秋から冬にかけてほしいよね。
0913GLOUTON2_11月-8



こちらが、件の栗のスープ。
0913GLOUTON10月-6






そろそろ、メイン行きましょう。
0913GLOUTON2_11月-12


和牛ハラミのロースト、フレンチといえばジビエ。
ムダに流行った熟成肉は怪しいものも相当混じってるけど、
グランドメゾンのフザンダージュ(熟成)の技を、そんなもんと
一緒にされては困ります。このさりげない熟成加減がタマらんす。
0913GLOUTON10月-9



トモサンカクのステーキ(だと思われる)。
こっちは、もっとジューシーなタイプ。
0913GLOUTON2_10月-9





牛ほほ肉のワイン煮込みは北島亭のようなテクスチャ。
ネットリとゼラチン質を感じながらも、しっかりとした固体っぷり。
0913GLOUTON11月-3





鴨のコンフィはボリューム感あってクラシカルなアプローチ。
0913GLOUTON2_11月-10




んーーーーと、なんだっけコレ?
0913GLOUTON12月-16





山形豚のカツレツ、うん、見事なコトレッタだ。
0913GLOUTON2_11月-13




これは、牛肉のビール煮込みの方かな?
0913GLOUTON12月-19




イタリアンよろしく、パスタやリゾットも旨いんです。
イカと万願寺唐辛子のパスタとか〆にぴったり。
0913GLOUTON2_10月-12




時にキャベツバージョンもあったり。
0913GLOUTON12月-22




絶品だった、つぶ貝のリゾット。
0913GLOUTON10月-12





鶏と百合根のリゾットとかね。
時にトリュフのリゾットもあったっけな。
それは、今年バージョンの今度のエントリーの時に。
0913GLOUTON11月-1






フレンチですから。
控えめなビジュアルながらデセールが素晴らしい。
0913GLOUTON2_10月-18






りんごの酸味の輪郭を味わいながら。
キャラメルのアイスと絶妙なマリアージュ。
0913GLOUTON2_11月-15





タルトタタン。
0913GLOUTON12月-20






自家製のアイスクリームって
やっぱし好きなんすよ。
0913GLOUTON2_11月-16





バジルのソルベ。
スキッと目覚めて帰ります。
0913GLOUTON10月-16






こんなのも食べてたっけな?
さすがに一年前なので記憶がw
0913GLOUTON10月-14





とまぁ、長々お付き合いいただきましたが
どんだけ『グルトン』に惚れてるかってのが
バレバレだったと思います。これからも
ゾッコンレストラン増やしていきたいです。
0913GLOUTON10月-1







GoPro買ったら楽しすぎた( ;∀;)
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(1)TrackBack(0)フレンチ | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by なおこ   2015年09月17日 23:21
以前グルトンについて書いてほしいとコメントしたものです。ありがとうございます☆
やはりいいお店なのですね!全部おいしそう。今度ぜひ伺ってみます。
ご存知かもしれませんが、こちらのすぐそばにある「さそう」というお店もとても素敵なお店です♡

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔