2015年10月04日

プエルトプリンセサ (Philippines) 高純度のビーチと世界遺産の地底河川へ

0917PP8月-16


フィリピンのパラワン島、
って言ってもピンと来ないよね?

フィリピン人からも人気が高く「最後のフロンティア」
と言われている細長い島。北部には、あの有名な
『エルニド』を擁しており自然の濃度が半端無く高い。
0917PP8月-34



僕らが訪れたリゾートのビーチも、開発された魅力ではなく
島の生活の中にオジャマしたかのような素朴な空気感が心地よくて。
それでいて快適さと程よいラグジュアリー感も味わえるので、
タイやバリ島に慣れてたボクからするとやけに新鮮。
0917PP8月-29




そうそう、詳しい話をする前に。
今回は記事の最後で「クイズ」を出します。
正解者の中から抽選で1組にフィリピン行きの
往復航空券をプレゼントするので、是非チャレンジ
してみてくださいね。

回答は「漢の粋 facebookページ」の方へ(。・ω・)ノ゙
https://www.facebook.com/kyah.jp



話をパラワンに戻すね。
パラワンの中心都市が、空港のあるプエルトプリンセサ。
世界遺産の「地底河川」が有名だけど、空港から2時間以上
車に乗らないと行くことが出来ないのね。
0917PP8月-2


0917PP8月-12




しかも、ボートに乗って、更にジャングルを歩いて
やっとこさ、地底河川の探索ボート乗り場まで
たどり着くので、こういうのは個人手配じゃ厳しいなと。
どっかでツアーに申し込んだほうが楽だと思う。
0917PP8月-27



このあたりの船は、両舷からアームのようにつきだした
パイプが伸びており、先には浮きの役割をする竹の
ようなものがついている。
0917PP8月-15



ボートに揺られること10分、海からしか
アクセス出来ないビーチへとたどり着きます。
0917PP8月-33




オレ好みの崖×海。
0917PP8月-36




濃厚な緑のジャングルの中に踏み込んでいきます。
0917PP8月-39




なんとなく人の流れに身を任せているとボート乗り場に。
ボートツアーは1時間弱だったと思う。後ろのガイドが
壁ギリギリをぶつからないように手漕ぎで進む。
0917PP8月-46




世界遺産に指定されている地底河川。
航行可能なエリアが8km以上もある巨大な
鍾乳洞なんだけど、まだまだ未知の部分が
多く、ボクラが行けたのはほんの一部
なんだって。
0917PP8月-47




自然の生態系を出来るだけ歪めないように
中には照明もなく、それぞれのボートの明かりが頼り。
0917PP28月-11





1年で1cm程度しか成長しない鍾乳洞、刻まれてきた
時間の長さ、つまり地球の年齢を体感できるスポットです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





**********************************


めずらしく海外でアタってしまったようで、
空港に到着した時はグロッキーでシャッター
一枚押すのが限界でしたw

この後も予定あったんですが、ボクは
ホテルに直行して、ひたすら翌朝まで寝てました。
0917PP8月-3




翌朝、なんとか復活してプエルトプリンセサ地底河川へと向かいました。
万全ではないけど、前日と比べればだいぶ回復気味に。
0917PP8月-10





アップダウン強めで、くねくねの道を
それなりのスピードで進むので、車に
弱い人は酔っちゃうかも? 
酔い止めを是非。
0917PP8月-11





フィリピンについて、はじめてのビーチ。
波打ち際の透明度も半端無い。
0917PP8月-14






0917PP8月-17


0917PP8月-18




ローカルの生活と密接した観光地。
この距離感、結構好きかも。
0917PP8月-20






周囲の雰囲気もいい意味で素朴。
0917PP8月-22
0917PP8月-23




リゾートとして発展しすぎていないのが心地よく新鮮。
0917PP8月-24




30分程度そこらを散歩して、いよいよ地底河川に向かいます。
0917PP8月-26



ボートから陸を望む。
こう見えて、結構なスピードで飛ばしてます。
0917PP8月-32





0917PP8月-30




飛び込みたくなるようなビーチに到着。
0917PP8月-37




0917PP8月-35



ここから森のなかに入って散策もできます。
0917PP8月-38







0917PP8月-42




コモド・ドラゴンも、よく探せば見つかります。
0917PP8月-43



中ではローカルの人たちがテレビにかぶりついてました。
なんか昭和を思い起こすような光景。
0917PP8月-44




かなりの数の観光客が地底河川を目指していました。
0917PP8月-45





各ボートには8人程度づつ乗り込んで探検へと向かいます。
日本語対応のイヤホンが、出港時にオンにされます。
0917PP28月-3




写真だと中々撮影が難しかったけど、
ガイド兼船頭さんがライトでポイント
ポイント照らしてくれるので、肉眼では
この奇っ怪な空間をしっかり楽しめます。
0917PP28月-6





自然の姿にこだわって残しているのがさすが。
どこぞの国の鍾乳洞なんて、緑とかピンクの照明で
ひんどい姿晒してたからねぇ...
0917PP28月-12




エイリアン的なフォルムと水の滴り感。
0917PP28月-13




かなり自然に圧倒される1時間です。
0917PP28月-14

フィリピンの10日間をまとめた記事はコチラ。
http://kyah.blog.jp/archives/51462499.html



それでは、予告通りフィリピン行きの
往復航空券があたるクイズを出しますね。

『世界遺産のプエルトプリンセサ地底河川
 のあるフィリピンの島の名前は?』

回答は「漢の粋 facebookページ」の方へ(。・ω・)ノ゙
https://www.facebook.com/kyah.jp

正解した方の中から抽選で1組にフィリピン行きの
セブパシフィック航空の往復エアチケットを
プレゼントします!!


1週間から10日後には抽選結果が出ますので
是非ともチャレンジしてみてください。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔