2015年09月26日

シーギリアへの道(Sri Lanka)この素朴こそが観光資源

0922SURI9月-32



コロンボの空港近くのホテルから、シーギリヤまでは
150kmとそんなに距離ないけど、ざっくり4時間くらい。
日本な高速で1.5hだけど、一本道なので高速が開通
するまでは、のんびりいきましょ。
0922SURI9月-3




ビーチ沿いは、さすがにリゾートの香りがしたけど
20分も走れば、昭和初期のような日常が広がっている。
0922SURI9月-5





観光資源は豊富だけど、まだまだ外国人の受け入れには
慣れてると言いがたいので今が攻め時。だんだんと、
バリ島やプーケットのように擦れていってしまうからね。
このイノセントな笑顔こそ、観光資源。
0922SURI9月-28





そこそこ、海外旅行はしてるつもりだけど、
こんなにもフルーツが美味しいと思った国は
はじめて。ドリアンをはじめてまともに
食べることが出来た。さすがはフルーツの王様。
カラダが内側から燃えてくる。
0922SURI9月-8





あまりにハシャいでたら、売店にいた
オジさんが自分の家に連れてきてくれて
自分で採った蜂蜜を呑ませてくれた。
これぞ、オーガニック。
0922SURI9月-14




マンゴスチン・ドリアンときて、パイナップルも
オレが知ってるものとは、全く別物。こんなにも
甘い果実だとは知らなかった。
0922SURI9月-22







インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシア、
カンボジア、フィリピンと、そこそこに熱帯アジアを
回ってるつもりでしたが、この味に遭遇したのは初めて。
0922SURI9月-21




パイナップルの頂点の味、しかと
舌に刻みこみました。ハンパネッッス('A`)
0922SURI9月-24




この国の学校システムは、優秀な成績を
残した人だけが大学まで行ける仕組みで、
国立は学費が一切かからない。と言ってた
記憶があります。
0922SURI9月-29




昭和30年代の日本のような。
0922SURI9月-16




こゆの、焼いてくれたのを
記憶しておいたら、日本で
最元気できるはずです。
0922SURI9月-30








たまにはアナログに浸ってみよう
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




********************************





この甘さたるや。
常温なので余計に甘さがひきたつ。
0922SURI9月-4




農業もクラシカルなスタイル。
近代化もまだまだ進んでいなそうです。
0922SURI9月-6




幹線道路(といっても片道一車線)の脇には、たくさんの
フルーツ販売所があって、地域ごと季節ごとの特長を活かした
ラインアップになっている。自分ではエリアごとの特長とか
季節の旬なんて追い切れないので、チャーターした車の
ドライバーさんと相談するのがいい。
0922SURI9月-7




ここのドリアンは美味だった。
まともに食べたの初めてだったけど、
ここで食べてからは、結構な回数食べてます。
0922SURI9月-9




Sri Lankaでは、滞在日数が限られてるなら
ドライバーごとチャーターするのが、一番動きやすい。
相場観とかわかりづらかったので、ボクは知人経由で
お願いしてみた。プリウスの綺麗な車で燃料費込みで
丸々5日間 1000kmの移動見積もりで4500LKR(スリランカルピ)。
去年と今では為替レートが違うけど、チップ込みで
4万円弱だったように記憶しています。
0922SURI9月-10





ホテル代とチャーター代が出費のほとんどで、
食事は安いし(というか観光客向けの外食は
全然発展していない)、道端のフルーツは
タダ同然なので、お金の使い所は他にそんなに
ないんです。サファリは確か1万円弱、
世界遺産のシーギリヤロックは数千円
したと記憶してるけど、まだまだ
観光はこれからといったところ。
0922SURI9月-12




色んな条件が重なっての結果なんだろうけど
とにかくフルーツの美味しさの印象が鮮烈でした。
0922SURI9月-20



ボクがスリランカに行った後、少なくとも
3組はスリランカに行っているので、彼らが
何をどう感じたのかを、もうちょいちゃんと
聞いておきたい。
0922SURI9月-17







0922SURI9月-23




バナナもいくつか種類があるのね。
0922SURI9月-19



この小さなバナナは、熟してるわけではないのに
トロトロっぽい口当たり&でも歯ごたえはいわゆる
バナナという変わった食感でお気に入りになりました。
0922SURI9月-25





女性は民族衣装を着ている人が多いけど、
都心部にちかいとこでは、洋服の人も結構見ます。
0922SURI9月-26




幹線道路沿いは、自然に包まれてるけど。
ずーっと人の生活の気配は感じます。
たまに、こうした町にぶつかる感じ。
0922SURI9月-27





旅行者としては、こういう屋台が集まった雰囲気ある
ゾーンはなくなってほしくないですね。色々屋台が
あったけど、ボクはここのゾーンの雰囲気が一番気にいっている。
0922SURI9月-31





どこだと聞かれても、いまひとつ覚えてないんだけど
コロンボからシーギリヤロックに行く工程の2/3を過ぎた
とこくらいだと記憶している。
0922SURI9月-33




この釜で焼いた
0922SURI9月-35



このパン的なものに、とうがらしの入った
ふりかけ的なやつを挟んでいただきます。
0922SURI9月-34




見た目ほどは辛くもなく、パン生地の甘みを
感じられる素朴なおやつ的存在。フルーツを
食べ過ぎてお腹いっぱいだったけど、焼きたては
食べてみたら面白いと思うよ。何より、この
ビレッジの雰囲気がいい。
0922SURI9月-36





ちょっと辛いものを食べたので、椰子の実のジュースを。
0922SURI9月-37




飲み終わったら半分に割ってスプーンで果肉を
すくっていただきます。ボクが旅行した国でも
かなりタイムスリップ感を味わえる国「スリランカ」。
0922SURI9月-38



今年の3月には、中国資本の不動産開発を
一時保留にするニュースがあったけど、
今はどうなんだろう? コロンボ近辺は
急ピッチで開発がすすんでたけど(とはいえ
夜は照明も少なく、お店も数少ないので
かなり暗い印象)、田舎の方はしばらく
このタイムスリップしたままの感じが
観光資源としては魅力的なんだよね。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔