2015年10月23日

壬生狂言を観に行こう (京都)

1021壬生寺10月-00


新選組で有名な京都の「壬生寺」。

ここ「壬生寺」では700年前から続く『壬生狂言』が年3回公開されいて、
この時だけは、非公開の大念佛堂(狂言堂)での舞台を、誰でも見ることが
できるんですね。
1021壬生寺10月-15



年3回のタイミングは節分と、GWと秋。
秋は10/10-12の3日間なので、最初の2日間を観てきました。

ちなみに重要無形民俗文化財 京都初の認定が、
この「壬生狂言」なのよ。

そう聞くと、「なんか格式張ってそーだし、年寄り向けの娯楽なんじゃね」と
遠くに感じるかもだけど、実際見たら真逆の印象。
1021壬生寺10月-8



解説本で20行程度のあらすじを頭に入れておけば、細かいとこは
わからずとも、なんとなく見てればストーリーはつかめます。

コミカルな動きにクスッとしたり、表情が変わらないはずの能面が
時間とともに、まるで表情のあるように見えてきたりするのも面白い。
いくつもの演目を見ていると、自分の好みもわかってくるし、
当時の風俗が浮き彫りになったりとか、共感できるテーマも多く、
年齢関係なく気楽に楽しめる。
1021壬生寺10月-7



これを演じているのが、プロの狂言師ではなく、近所に住んでる
「壬生大念佛講」の人達というのが驚き。講員は、会社員とか
自営業とか本職をもってる人々。小学生から長老まで、地元の方
中心に30名ちょいで構成されているんです。
こういう”芸能”が庶民ベースで脈々と繋がっているところにも
京都の魅力ですよね。

毎日、一番最初に演じられる「炮烙割り」は、2Fにある舞台の前に
何百枚もの炮烙(素焼きの皿)を並べ、クライマックスではそれを
次々に下に落として割っていくというもの。最前列の席は正真正銘の
砂かぶり。演者の動きもはっきり見えて迫力あるよ。
1021壬生寺10月-4





綱わたりの芸をする「獣台」って装置があったり、鬼が飛び込んで消える
「飛び込み」などの派手な演出も挿し込まれてて、1日見てても緩急あって
あきません。この「土蜘蛛」という演目は派手で見応えあるよ。
1021壬生寺10月-10



TVの時代劇よりもスローな展開なので、身分の違いといったものや、
娘さんが簡単に買われちゃうとか、そういう時代背景もより深く伝わってくる。

スケベな金持ちオヤジが茶屋で見初めた娘を買おうとしたら、
タフな母親ネゴられて着物を剥ぎ取られ、やっとのことで娘さんを
手に入れたと思ったら、顔を見た瞬間ブスすぎて逃げ出したりとか、
そんな今のテレビだったら露骨過ぎて放映できない内容も、壬生狂言
では、サラッとはいっていたりするんです。
1021壬生寺10月-6




壬生狂言は、お囃子以外「せりふ」がない 無言なのも特長。
マイクのない昔は、多くの民衆にメッセージを届けるために、
身振り手振りのパントマイムが有効だったのよ。

この無言劇を通じて仏の教えを説こうとたのが700年前の円覚上人。
昔のお坊さんって学問だけじゃなく、一流のイベンターとしての発想力も
求められていたんですね。
1021壬生寺10月-11





今回は、壬生寺が来年からAirbnbをやるかもしれない、ということで
お寺併設の施設にモニター的に宿泊させてもらいました。壬生狂言の
時期に、壬生寺に泊まれるって....これ、開始されたらメッチャ人気の
部屋になると思います。
1020壬生寺ABB10月-1





そろそろ紅葉シーズンですなぁ...
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





****************************************


壬生寺の宿泊施設は、一旦お寺を出た場所にあって、
個室3つで構成されている。広めの和室がひとつと、
細長い洋室が2つ。シャワーやトイレは共用で、
ちょっとした仕事や食事ができるダイニングもあるのね。
1021壬生寺10月-33



畳も新品だったし、最近リノベしたのかな?
とても清潔で使いやすい。
1020壬生寺ABB10月-2



場所も四条烏丸や祇園といった繁華街の
中心ではないので、なんだか京都で暮らしてる
ような気分になれる。リピーター的には、
そんな風に錯覚できるのが、むしろ嬉しいかも。
1021壬生寺10月-69





今回、食事は幅広めで。
全体的に肩の力を抜いたセレクト。
1021壬生寺10月-27



いつも寄ってる仏光寺の「割烹 たいら」や、
釜座の「ITO Salon de The」に行ったほかは、
壬生寺近辺で「餃子の王将1号店」、
親子丼が安くて美味しい「とり伊」、
地元の良質な普段使い「yasai hori」
錦市場の黒豆専門店「黒豆茶庵」あたりを。
1021壬生寺10月-34



これで670円くらいだったかな、安い!
1021壬生寺10月-64






自分で作ったきな粉でみたらし団子を。
1021壬生寺10月-72





「割烹たいら」は松茸とか鱧の刺盛りとか
ギリギリ残ってたものをいただいたり、
ちょうどいいのが入りだしたばかりの
雲子をいただいたり。
1021壬生寺10月-29


今回はまりえもいたので、
初のワインとのマリアージュ。
1021壬生寺10月-26




ITO salon de The」では、GoPro振り回してきました。
やはり、ここはお茶もお菓子もセレクトのセンスがいいね。
京都に来て「帰ってきた」みたいに感じられるカフェって貴重。
1021壬生寺10月-18




基本、壬生狂言ばかりみてたんだけど、合間で
HERMESが、京都・渉成園で開催してた
「petit h(プティアッシュ)」も覗いたり。

「petit h」は、エルメス家第6世代の時に始まった“発想の”実験室。

異なる素材、異なる部門の職人の技が出会い、ポエティックで

斬新なオブジェの数々を生み出している。この日も不思議な

アイテムが展示されてました。

1021壬生寺10月-53




そんなイベントが、東本願寺の庭園で
行われるってのが京都ならでは。
1021壬生寺10月-54





なんだかんだ渉成園にはよく来てます。
1021壬生寺10月-55





昨晩に続き、なっちゃんと本間さんと。
久しぶりの大樹とともに。
1021壬生寺10月-58





「yasai hori」ではGO ONプロデューサのRYO達と軽メシ。
1021壬生寺10月-66




親子丼しっかり食べたあとなのに、
結局目の前に出てきた料理は
全部いただいちゃいましたw
1021壬生寺10月-68


食後は壬生寺の近くの壬生温泉という大型の銭湯へ。
京都のど真ん中でほんとに温泉汲み上げてるんです。



翌日、帰る前に黒豆そうめん定食を食べて、
帰る前にコーヒーでも呑もうかと歩いてたんですね。
1021壬生寺10月-71





したら、RYO達とまた偶然に遭遇。
ほんの30秒ずれてたらすれ違うこと
無かったのにね。そういう引力を
お互い持ってる気がしますw
1021壬生寺10月-73




おかげで、近くの美味しいコーヒースタンド
寄って帰ることが出来ました。こちらは
四条通沿いのB1にある「生きてるコーヒー」
1021壬生寺10月-74





折角なんで、もうちょい壬生狂言の様子を。
棒振りまで入れて、1日6演目。
今回は壬生寺の許可をいただいて、
写真を撮影しています。
1021壬生寺10月-36




写真撮影だけじゃなく、チケットの
もぎりも手伝わせてもらったり。
1021壬生寺10月-38




開場前には、演者の方が舞台の確認をしてたりするんです。
そういう裏側を見られるのって面白いよね。
1021壬生寺10月-35




炮烙割りのあと。
豪快に割れまくり。
1021壬生寺10月-5





能面とか着物は、奉納されたものなので
価格はついていないんだけど、中には
そりゃとんでもない価値のものも。
1021壬生寺10月-46




勧善懲悪のわかりやすいストーリーもあれば、
醜女の悲哀とか、遊女の恐ろしさ、男のしょうもなさを
浮き彫りにした人間臭い作品まで幅広いテーマを扱っている。
1021壬生寺10月-13






お地蔵さんの戦闘モードとか、はじめて見ました。
この舞台では戦ってないけど、別の演目では鬼と
相撲して、しなやかに勝ってました。
1021壬生寺10月-47




正装から、戦闘モードに変わる時、
このたすきを瞬間で肩に巻きつけるのよ。
あのシーンは自然と客席から拍手が湧き上がる。
1021壬生寺10月-48





美女に化けていた鬼。
酒に毒盛られてました。
でも、そのあと復活して鬼退治。
えーっと、どっちも脇甘いっすww
1021壬生寺10月-50





どの舞台もたいてい後半には能面の表情が
動いているように見えてきちゃうんです。
1021壬生寺10月-51




お囃子の音っていいね。
これを空の下で見られる贅沢。
1021壬生寺10月-59



2月の節分は、さすがに寒そうなので、まずは
GWとか秋の公演に訪れてみるのがオススメ。
ただ、GWとかめっちゃ混むらしいですけど。
1021壬生寺10月-60




今回も、またいつもと違った京都の旅になりました。
1021壬生寺10月-63



何度行っても京都は面白い。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 23:43│Comments(0)TrackBack(0)京都2015_10月 | HOTEL

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔