2015年10月28日

栄摂院 (京都)バーチャル極楽浄土体験

1028栄摂院_211月-2

金戒光明寺と真如堂の間に位置する「栄摂院(えいしょういん)」

黒谷・金戒光明寺塔頭で、普段は門が閉ざされているんdなけど
紅葉の時期だけは、ひっそり一般開放されているんです。
1028栄摂院_211月-1






金戒光明寺と真如堂を結ぶ車も入れない道沿いなので、
そんなに混んでいないんですよね。それでいて門をくぐると
頭上に色とりどりの葉が空を覆っていて、陽があたっている
タイミングだと、「極楽浄土」がバーチャル体験できちゃいます。
1028栄摂院_211月-4




ボクなりの紅葉観ですが、紅葉はまず外から見て楽しんで、
その後陽の光が差し込んでいたら、必ず裏側からも楽しみましょう。
逆光で葉っぱが陽に透けるのを見てるのも美しいし、
環境にもよるけど、空気の色が変わっている感じも楽しめる。
特に夕暮れ時だとマジックアワーみたいな光の包まれ方
体感できちゃいます。
1028栄摂院_211月-3


更に、栄摂院のおすすめは、縁側に座ってぼーっと
紅葉を眺めていることができること。あくせくしてると
紅葉の美しさって中々体の中に沁みてこないんだけど、
ここなら境内の空気と自分の波動のシンクロ率が
高いんで、細胞がじんわりする感覚も楽しめるかと。
1028栄摂院11月-5


あんまし朝早いと、陽が入っていないので、
葉っぱ越しに陽が注ぐ時間を見極めて
訪れるのがいいです。多分、昼すぎかな?
夕方もいい感じだけど、陽が落ちすぎると
ちょっとパワー落ちるかもね。
1028栄摂院11月-9



軽井沢とか箱根とか、自然の紅葉も素晴らしいんだけど、
京都が凄いのは、こうした庭の作りこまれ具合。
足元の苔の美しさと、そこに紅葉が散ってる絵面は
人間の美意識が介在してはじめて完成する芸術です。

京都の紅葉を見て、おおげさじゃなく紅葉に対する
考え方を変えられました。日本人なら一度は見ておくべき
究極の”美”のひとつだと思ってます。
1028栄摂院_211月-5

あとね、混みすぎてるとこだと、今ひとつ紅葉が
体に入ってこないんだよね。メジャーなとこにいくのも
いいけど、朝早いうちに静かなお寺の庭で紅葉の
一体感を味わうのが、ボクのおすすめスタイルです。

栄摂院  
京都府京都市左京区黒谷町33
075-771-3832

     ↓ ↓
人気ブログランキングへ





*********************************

栄摂院は、去年の秋3日滞在したうちに
2回訪れていて、さっきまでの写真が3日目夕方。
こっちは初日の朝です。

朝だとまだ、日陰でした。
1028栄摂院11月-1



写真ではわかりにくいけど、光の透け具合が弱い
1028栄摂院11月-2



このね、葉っぱの裏から光入るとヤバいのね。
決して悪くはないけど、写真より体感のほうが
差がわかるんだよなぁ。
1028栄摂院11月-3




とはいえ、これだけの美しさ。
1028栄摂院11月-4





1028栄摂院11月-6




1028栄摂院11月-7



紅葉は空いてるお寺で見るのが一番。
永観堂とか綺麗だけど、人が多すぎて
景色に集中できない。写真も難しい。
1028栄摂院11月-8




ここからちら見えしてる仏像とかヤバいでしょ?
1028栄摂院11月-10





京都の秋はそろそろです。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ






トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔