2015年11月08日

琳派の秋 太秦江戸酒場と京焼今展

1108太秦江戸酒場10月-0

半年に一度、この夜のために京都へ行きます。

京都の時代劇スタジオ、太秦映画村を貸しきって、
着物で大人の夜を楽しむ「太秦江戸酒場」。

春と秋にそれぞれ2夜限りで開催されていて
今回のテーマは”琳派の秋”。
1108太秦江戸酒場10月-22



さすがに3回目ともなると知名度もあがってきたせいか、
ゲストも多種多様に。最初の頃は運営サイドの友人が
多かったイメージだったけど、回を重ねるたびに
オープンな雰囲気が強くなっていく。
1108太秦江戸酒場10月-12



イベント内での催しも傾奇いた「ポールダンス」とか
音と光とアートのセッションとか、エッジは立たせつつも
わかりやすい方向にゆるやかにシフトしていて、
「今までで一番楽しかった」というゲストの声も。
1108太秦江戸酒場11月-90



特に今回バージョンアップしたのが食事。
「いづう」の鯖寿司に、木乃婦の酒のつまみに
「俵屋吉富」の和菓子。「じき宮ざわ」の
落鮎 揚げだんごや「祇園MAVO」の洋風弁当
など、酒がすすむ逸品が並ぶのね。
1108太秦江戸酒場10月-7




京湯葉 千丸屋×いづう×中村楼でのコラボ
なんてものもあって、鯖と湯葉の薄葛仕立てや
パンナコッタもうまかったなぁ。
1108太秦江戸酒場10月-11
(祇園MAVOの洋風弁当)




京都ならではの内容に舌も昂ぶる大人のコスプレ。
初日は寒かったせいもあって、ひたすら盃を空けまくって
酔っ払ってました。
1108太秦江戸酒場11月-82



毎回そうだけど、太秦江戸酒場のコンテンツは
伝統にリスペクトを払いながらも、あくまで自分たちが
"今"の感覚で、価値があると思う表現に拘りぬいている。
1108太秦江戸酒場10月-16



確か、朝日焼の松林くんがNHKの取材に対応してる時の
コメントで聞いたんだと思うけど、「自分らが多少無茶な
チャレンジをしたところで、400年の歴史からしたらタカが
しれている。たいした振れ幅でもないし、間違っていたと
したらすぐに戻せばいい」と。

文字だけ追っちゃうと軽く聞こえるかもしれないけど、
コレ、400年の歴史を背負って言うのって、半端ない
勇気だと思うのよ。
1108太秦江戸酒場11月-87



そして、これが太秦江戸酒場の本質だと思うのよね。
東京が真似しても同じことは出来ない。
何故ってこれが出来るのは、歴史という責任を
背負ってる人間だけだから。
1108太秦江戸酒場10月-8




京都に通うようになって気づいたことは、あちこちで
若手が伝統の壁に果敢にチャレンジを続けているということ。
太秦江戸酒場も同じで、こうした実験の場を通じて
伝統が今の時代へとチューニングされていく。
1108太秦江戸酒場11月-100




こうしたTRY&ERRORは、京都の日常では
当たり前に行われていることなんだけど、
そこにボクら観光客が気軽に関わっていける
のが、魅力のひとつでもあるんです。
1108太秦江戸酒場11月-94


ま、そんな小難しそうなことはどうでもよくて、
着物もっててもなかなか着る機会ってないし、
どうせなら皆で着物を着るほうが楽しい。
しかも京都なら尚更。

次回は半年後、皆さんの参加も
楽しみにしています。
1108太秦江戸酒場11月-84



こちらは、Facebookにアップしたら、1日で7000回
再生されたムービー。ボクが撮ったものを適当に
つなぎあわせただけだけのもの。ただ、ライブ感は
あると思うよ。良かったら、見てみてね。










「太秦江戸酒場」と同様に琳派をテーマにしていたのが
京・焼・今・展(MODERN KYOTO CERAMIC)

祇園の建仁寺で普段は非公開の塔頭 両足院で
開催されていた京焼の若旦那達のあらたな挑戦。
1108太秦江戸酒場11月-63




「太秦江戸酒場」の疲れを引きずって寝ぼけ眼のまま
向かったんだけど、来てみて驚きましたわ。まさか、
畳の上に庭を再現しているとは....


さっきも書いたようにテーマは琳派。
この庭は何を表現してるかというと、
琳派の代表作、風神雷神図屏風の
裏に描かれた夏秋草図屏風なんです。
1108太秦江戸酒場11月-29




建仁寺には俵屋宗達が書いた国宝、
風神雷神の屏風画があるんですね。

この宗達の「風神雷神図」を光琳が模写し、
その屏風の裏面に酒井抱一がみずからの
代表作”夏秋草図屏風”を描きつけたんです。

その夏草屏風図の再現がこの畳の上の庭。
琳派のメッセージを現代に届けた意欲作。
そりゃ、目も醒めましたわ。

小川長楽の小川裕嗣くん、華道家 笹岡隆甫さん、
水墨画家 吉田翔と建仁寺 両足院の副住職 伊藤さん。
1108太秦江戸酒場11月-37





その流れで、今度は朝日焼の松林祐典くん、
清閑寺窯の杉田眞龍さんの琳派の間へ。
こちらも刺激的な空間で、アールヌーボーの
エッセンスを取り入れて琳派を表現している。

ちなみにこちらは風神で朝日焼の焼物の上に
清閑寺窯の杉田さんの絵が描かれている。
1108太秦江戸酒場11月-40



作家のお二人からこの作品にまつわる話を伺いつつ
二人の共作のお茶碗で初のお客さんをやらせていただいた。
1108太秦江戸酒場11月-51




正真正銘、お茶碗の初客。
いやー、このためだけにも京都来る価値あるよ。
1108太秦江戸酒場11月-52
 



ちょっと寄るだけのつもりが気づいたら4時間くらい滞在していた。
その後、五条の河井寛次郎記念館へ。こうした感性が揺さぶられる
空間が、あちこちに残っているのが京都ならでは。
1108太秦江戸酒場11月-68



更に、渉成園でやっていた井上雄彦(バガボンド/スラムダンクの作者)の
描いた親鸞上人の屏風絵を見に行くという休日。で、ちょっと休んでから
また「太秦江戸酒場」へ。刺激的過ぎる休日は休んでる暇がありません。
1108太秦江戸酒場11月-72




紅葉の京都も楽しみすぎる!!
    ↓ ↓
人気ブログランキングへ







********************


今回の京都はゆっくり食事を楽しんでる暇が
なかったので、敢えてローカルっぽいとこに突っ込んでみた。
こちらは錦市場の「いけまさ亭」のランチ。野菜屋池政さんの
出している食事処。野菜のかき揚げ、鱧の吸い物、煮野菜、
松茸ご飯がついて2000円以下。勿論、ビールとともに。
1108太秦江戸酒場10月-1




太秦映画酒場に行く前に車折神社に寄ってみた。
嵐電から見えていて気になってたん場所。
1108太秦江戸酒場10月-3




こういう場所は着物で来ると昂ぶるね。
1108太秦江戸酒場10月-4




もうちょい時間があったので、太秦広隆寺にも初訪問。
1108太秦江戸酒場10月-5




静かな境内は少し色づいていて、この贅沢空間をほぼほぼ独り占め。
普段の忙しい日常が遠くに感じる。
1108太秦江戸酒場10月-6









太秦江戸酒場の初日です。
1108太秦江戸酒場10月-27




とにかく食があっという間に品切れてしまう。
オープンしたら一目散に向かうべし。
1108太秦江戸酒場10月-9





祇園のMAVOがこんなカタチで出店するとは。
人生は"縁"の連続、なによりも大事なもの。
1108太秦江戸酒場10月-10







MAVOの弁当を食べ、じき宮ざわの鮎だんごをいただき、
俵屋吉富の和菓子をデザートに。めっちゃ贅沢。
1108太秦江戸酒場10月-14





かんざし「おはりばこ」のかんざしづくりデモ。
平行して日本髪の花田先生が髪結いのライブも。
1108太秦江戸酒場10月-17




遊郭コーナーには遊女が増えて色気が増してたね。
1108太秦江戸酒場10月-15





これもライブで描いたもの。
1108太秦江戸酒場10月-18




みなちゃんの舞台は相変わらずの大人気。
ムービーの方が雰囲気伝わるよ。
1108太秦江戸酒場10月-20




金狗
1108太秦江戸酒場10月-21



だるま商店の龍宮城キャバレー、ここは
めちゃくちゃ盛り上がってましたね。
1108太秦江戸酒場10月-24



花魁道中、絵になるね!!
1108太秦江戸酒場10月-26








京・焼・今・展(MODERN KYOTO CERAMIC)」の写真も

1108太秦江戸酒場11月-32




こんなお点前も。
1108太秦江戸酒場11月-34





痺れるねぇ。日本人なのに日本のことを
全然わかってないんだよな、オレ。
1108太秦江戸酒場11月-36




華道家 笹岡隆甫さんの花点前
1108太秦江戸酒場11月-38





水墨画家 吉田翔さんの掛け軸は
暗くなってくると、浮かび上がってくる
んだって。夕方にも行きたかったなぁ…
1108太秦江戸酒場11月-39





京都、最古の禅寺。両足院のお庭はなんとも美しく。
1108太秦江戸酒場11月-28





今度は朝日焼の松林祐典くん、
清閑寺窯の杉田眞龍さんの琳派の間。
まっつんの後ろに白い雷神が隠れています。
1108太秦江戸酒場11月-43




こういう場所に置かれると、お茶碗の魅力が更に増しますね。
1108太秦江戸酒場11月-46





水指の大胆なアンシンメトリー具合に萌ゆ。
1108太秦江戸酒場11月-47




この流れでお茶席の一番客ってしあわせ過ぎる。
1108太秦江戸酒場11月-48




お棗の中にも杉田さんの絵が。
1108太秦江戸酒場11月-53




庭のオブジェは風を表現してるのね。
1108太秦江戸酒場11月-59




こちらは、他の作家さんの尾形光琳の紅白梅図を再現。
1108太秦江戸酒場11月-61





やー、予想以上に楽しかったし刺激的だった。
京都は”静”の中に芯のある刺激があるのよね。
北斗の拳で行ったらトキみたいな感じですかね。
1108太秦江戸酒場11月-62






河井寛次郎記念館、、人間国宝などへの推挙も
ありながら全て辞退した無位無冠の陶工。
1108太秦江戸酒場11月-64



その美意識の詰まった空間は何時間過ごしていても飽きない。
1108太秦江戸酒場11月-67





色んな物に魅入られていて、昼ごはんを食べ損ねていた。
慌てて五条の「讃式」でお出汁の効いたカレーうどんを。
1108太秦江戸酒場11月-70






そして渉成園へ。
井上雄彦氏の親鸞上人屏風画と、
棟方志功氏の襖絵の特別公開。
なんだかんだ毎回来てる渉成園。
1108太秦江戸酒場11月-71




秋の訪れを感じるお庭になってました。
1108太秦江戸酒場11月-73





こちらは2日目の「太秦江戸酒場」、
新撰組BARでは、新撰組に縁の深い
壬生寺のご住職と八木邸のご当主が。
1108太秦江戸酒場11月-75




竜宮城キャバレーは目にも鮮やか。
1108太秦江戸酒場11月-77





画家の若狭さんの似顔絵コーナーも。
1108太秦江戸酒場11月-78







音と光とグラフィックのライブ。
1108太秦江戸酒場11月-80




メディアの取材も結構入ってましたね。
1108太秦江戸酒場11月-83




キャバレーの前のストリートの舞。
1108太秦江戸酒場11月-86



着物からのポールダンスも人をめっちゃ集めてましたね。
1108太秦江戸酒場11月-91





京焼今展のメンバーが集った琳派BARへ。
1108太秦江戸酒場11月-88





小川長楽のぐい呑みでいただく酒。
1108太秦江戸酒場11月-89




皆さん、朝からお疲れ様でした。
1108太秦江戸酒場11月-102





東京オリンピックで訪れる海外の方こそ体験して欲しいイベント。
1108太秦江戸酒場11月-92





これは東京でやっても意味ないからなぁ…
1108太秦江戸酒場11月-93






主客一緒になって凄まじい熱量を発揮する
MADE IN JAPANフェスです。
1108太秦江戸酒場11月-97



次は来年の新緑の頃。続けることが重要です。
1108太秦江戸酒場11月-98





周囲の友人に話しても、凄く興味を持つもんね、このイベント。
1108太秦江戸酒場11月-99





2次会でみんなの苦労した裏話なんかも聞きつつ。
1109太秦江戸酒場11月-1




遊郭コーナーの2人と深夜飯へ。
1109太秦江戸酒場2_11月-1




素顔に戻った演者さんと過ごす夜。
1109太秦江戸酒場2_11月-2




こうして増々 京都通いがやめられなくなっていくんです(笑)
1109太秦江戸酒場2_11月-3




東京にいるとイマイチ実感ないと思うけど
最近の京都の熱量はハンパないですよ。
是非、ご自身の肌で感じてみて。
     ↓ ↓
人気ブログランキングへ





トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Sam Bockarie   2015年11月09日 21:43
5 京都は難解な町です。

本来皇室と公家が主役でしたが、
江戸期以来は幕府の監視下に置かれる。
が、奉行所所司代もこまごまとしたことでは埒外。
そこに坊主や茶人、老舗の商人、白足袋族が入り込んで今や文化の主人公。

古今、新古今の世界もあれば五山文学、
更にはガイジンサンもたくさん住んでおられる。
軽い付き合いでも有職故実的掟が潜んでいたり。
摩天楼、多国籍の東京以上にカオスの世界です。

このカオスを舞台に今後も様々なアイデア、試みてみると面白いと思います。
思わぬところで根が生え、花が咲くのでは。

我が街、地方の寂れた昔の政令都市、
古い住人の嘆願にもかかわらず氏が率先して今日も明治建築の駅舎、町屋、文化財をぶっ壊し、
再開発、海外からのお客様、観光客に備えるそうです。

粋とは何でしょうね・・・

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔