2015年11月27日

光悦寺 (京都)鷹峯の美意識の頂点

1121光悦寺11月-21


これまた、去年の今頃の京都です。
仁和寺」に行った後に向かったのは鷹峯

お目当ては、本阿弥光悦の「光悦寺」。
本阿弥光悦といえば『工芸家、書家、画家、出版者、
作庭師、能面打ち、様々な顔を持つマルチ・アーティスト。
優れたデザイン・センスを持ち、すべてのジャンルに
名品を残した日本のダ・ビンチ
』ともいうべき日本人の
美意識を形作った頂点のひとり。ほんと憧れる。
1121光悦寺11月-15




そんな本阿弥光悦の芸術村がこちらで、
光悦の死後に「光悦寺」となったんですね。

このお寺の見どころは、なんといっても
入口からのアプローチの美しさ。
有料になるゾーンはこのアプローチの奥で、
誰でも自由にここを通れるから、めっちゃ
混むのが玉に瑕。人が切れるのを待つ
カメラマンが、ずっさり控えています。

こないだの連休もそれなりに綺麗だったけど
紅葉の迫力は、やっぱ圧倒的に去年だね。
特に大きな差は、この落ち葉の美しさ。
苔に真っ赤な朱色がアクセントになっているのが
たまらなくセクシーなわけで、これが茶色がかった
枯葉だと、一気にテンション落ちるんです。
1121光悦寺11月-12





光悦垣のあたりも、殆ど葉っぱが落ちてたけど、
全盛期はこれくらい朱く萌え上がるんですよね。
1121光悦寺11月-8

光悦寺
 北区鷹峯光悦町29
075-491-1399.



紅葉の時期には必ずお寺のひとつです。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ





***************************************************


仁和寺から鷹峯へ向かう時に見つけた紅葉スポット。
東急ハーベストの裏側くらい。

1121光悦寺11月-1



普通の道が実にフォトジェニック
1121光悦寺11月-2




こんな、ドマイナーなお寺でもこの朱さ。
1121光悦寺11月-3






すんげー急坂を登るはめになったけど、その価値あり。
ちなみに急坂は、自分の人生史上最恐の坂でした。
1121光悦寺11月-13





いやー、葉の量がこないだの京都と全然違いますな。
1121光悦寺11月-16








1121光悦寺11月-19



カメラ小僧(オレ含む)がシャッターチャンスを常に狙っています。
1121光悦寺11月-20








1121光悦寺11月-5





1121光悦寺11月-6






アプローチもいいけど、境内のそこまで混んでない感じもいい
景色も抜けているからね。
1121光悦寺11月-9



光悦垣も見どころのひとつ。
1121光悦寺11月-11



1121光悦寺11月-10






1121光悦寺11月-22




週末には、今年の京都の紅葉の様子、
アップしたいと思ってます。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 13:08│Comments(0)TrackBack(0)京都2014_11月 | Pic.

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔