2015年12月13日

京都 紅葉の旅 2015

1214Kyoto11月-57


京都の紅葉に魅せられたのは3年前の2012年の秋。

その年の春から京都に通う回数が一気に増えて、
お寺もたくさん回ってたので、それなりに庭園の
美しさには慣れていたはずなんです。

ただ、油断した頃ってのが、人間危なくてね。
1214Kyoto11月-60


忘れもしない、京都の紅葉デビューは、
北野天満宮の「もみじ苑」

北野天満宮の境内でフリーで入れる部分も、
それはそれで綺麗に色づいていたんだけど、
ポスターで見たことある感じというインパクトで
そこまで突き上げてくるものは無かったんです。

1214Kyoto11月-12



その後、「もみじ苑」へと入っていったあとに、
その衝撃は突然やってきました。「な、なんだこりゃ!!」と。
圧倒的な美しさを前にすると、人は言葉を失って動きを
止めちゃうんだな...っていう見事なサンプルに。

この一瞬ですっかり紅葉時期の京都に魅せられたボクは、
この年、チャリで1日40km走破するくらいの勢いでお寺を
回ってました。
1214Kyoto11月-46


去年は友人も連れてじっくり紅葉狩り。色づきも良くて
宝厳院では、人生最高の紅葉体験も




とまぁ、いつも自分だけ楽しんでちゃアレだし、感動体験も
そろそろまりえと共有したかったので、今年はまりえと、
うちの両親連れて紅葉の京都に行くことにしたんです。
11月の3連休という昨年ピークだった、ベストの時期に。


で、結論から言うと、今年の京都は今頃がいい感じで
色づいてるみたい(笑)。ボクがいった頃には、一部の
葉は色づいてはいたけどオーラが感じられるほどではなくて。
しかも色づかずに落ちた枯葉も多いくせに、まだ緑の葉も
残っているという不思議な状態。
1214Kyoto11月-40



なので、いくつかお庭見ても全然昂ぶってこないのよ。
「あれ、オレ不感症になった??」と自分を疑い出す始末。
ただ、金戒光明寺の塔頭 栄摂院は唯一例年並みの紅葉
コンディションだったので、ここでは自然とテンションあがりまくり。
1214Kyoto11月-20

あー、オレの心って素直で敏感なのねと再認識。


そんなテンションさがりめの紅葉だったけど、
秋の味覚は裏切らないっ!

「おいと」のおでんにはじまり、「割烹 たいら」、
祇園のフレンチ「MAVO」、桜田出身の「弧玖」
と安定感のお店に、新規開拓も混ぜながら。
1214Kyoto11月-27




両親は「MAVO」のクリエイティビティと気迫に
うたれてましたね。ティ ペアリングも凄みが増してた。
1214Kyoto11月-54





京都市内の紅葉はそこそこだったので、
3日目は、朝一の鷹峯でお気に入りの
「光悦寺」と「源光庵」に行った後は一路奈良へ。
1214Kyoto11月-58




というのも、奈良の「唐招提寺」では国宝の鑑真和上坐像が
公開されていて、母親が凄く見たいとの事だったので。
ボクも奈良は行ったことが無いに等しかったので、
折角車も借りてるし、これはいい機会だなと。
1214Kyoto11月-64



ちなみに鑑真和上坐像は普段は非公開の国宝で、
日本最古の肖像彫刻。鑑真和上の不屈の精神まで
感じさせる傑作。

鑑真和上坐像が安置される御影堂内の襖絵は、
日本を代表する画家、東山魁夷画伯が10年を
超える歳月をかけて鑑真和上に捧げた大作も
見れました。


その後、隣の薬師寺へ。
やけに仏像が綺麗でリダン
されたのかと心配になるくらい。
1214Kyoto11月-66




法隆寺は木造の美しさに痺れたし。
1214Kyoto11月-67




悠久の奈良は国宝だらけでビビります。
もっとゆっくり来ないとね。
1214Kyoto11月-69



やー、しかし今頃色づくとは反則だよ、京都。・゚・(ノД`)
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



******************************

こちらは、時間軸で旅を振り返ってみます。

朝、京都について宿に荷物を置いたら
チャリを借りて祇園へGO。

「おいと」でおでんに痺れた後は、
祇園白川経由で無鄰菴へ。にしても、
朝から撮影してる人 多すぎてビビる。
こんなに居たっけ?
1214Kyoto11月-1



こちらは無鄰菴。
写真だとそれなりの紅葉に見えるけど視界の8割は緑の葉。
1214Kyoto11月-3




木造建築と紅葉は鉄板のセッションです。
1214Kyoto11月-2







蹴上に足を伸ばして南禅寺 天授庵へ。
1214Kyoto11月-5



小さい塔頭だけど、美意識の凝縮加減がハンパなく。
1214Kyoto11月-6




天授庵のベストなタイミングを見てみたかった。
1214Kyoto11月-7



その後、南禅寺を徘徊するも
人混みに疲れて早々に撤収。
1214Kyoto11月-11






真如堂、うーん....。
去年と比べると全然のコンディション。
1214Kyoto11月-13




お約束のポジションだけに、ココはいつ訪れても美しい。
1214Kyoto11月-15









真如堂から少し歩いたところにある金戒光明寺の
塔頭「栄摂院」。人の叡智を超えた美しさに酔わされてもらえた。
1214Kyoto11月-19




曼殊院はライトアップのタイミングで訪問
月あかりがナチュラルにいい感じ。
今だけ公開の仏像などもあり、
ライトアップというか夜のお寺を楽しめました。
1214Kyoto11月-26



初日の夜には仏光寺の「割烹 たいら」
1214Kyoto11月-28




やっぱり、この繊細でありながら
筋の通った料理が好きだ。
1214Kyoto11月-30




【2日目】
翌朝は小山姐さんの仕切りで
東山の「安楽寺」へ。貸切の朝。
1214Kyoto11月-31






ギャラリーでは美人画がたくさん飾ってある。
1214Kyoto11月-35



からの車を借りて高尾へ。
こちらはお寺の境内、紅葉は完全に
散ってて高山寺、神護寺ともに冬の気配。
1214Kyoto11月-39




中には、木の精が住んでいそうなステージの高山寺に
しびれもしたけど、期待値とは大幅なズレ。
1214Kyoto11月-42



まずは新緑か夏にでも再訪してみよう。
1214Kyoto11月-43



神護寺に行く途中の紅葉の名所「西明寺」も
落葉した枝のみが目立つ状況に。
1214Kyoto11月-44





神護寺の上から渓谷をながめ気を取り直し。
ここにたどり着くまでのアプローチも楽しいし、
いきなり景色が開けるのでテンションあがります。
1214Kyoto11月-45




すいてれば、高尾から車で意外と近いのね、嵯峨野。
そこで祇王寺行ったんだけど寺自体が残念な状態に。
なんかやさぐれてて....踏ん張っていって欲しい。
1214Kyoto11月-46



その夜は「祇園 MAVO」でフレンチを。
ガストロバックしたと思われるカブ。
素材に見えるお皿でも壮大な
宇宙(コスモ)が口の中で広がります。
1214Kyoto11月-49




このクロワッサンのフォアグラも好きです。
1214Kyoto11月-50




むむむ…、九州で採れた鴨さんたちです。
命をいただきます。
1214Kyoto11月-51




そんなMAVOの魅力の根源が高いクリエイティビティ。
日本茶のティーペアリングは、そのわかりやすい一例です。
1214Kyoto11月-52





【3日目】
3日目の朝一はは光悦寺、源光庵から。
朝の光悦寺は、いつも人でいっぱいの
アプローチで、人の気配を極力抑えた
絵が撮れる。
1214Kyoto11月-56




源光庵はこの時期拝観料しっかりあげてくるのね。
1214Kyoto11月-63



そのくせ、紅葉は微妙で損した気分に(笑)
1214Kyoto11月-61




プチメックで朝パン食べてから、一路奈良へ。
唐招提寺で鑑真和上と対面後は、お茶を頂きました。
1214Kyoto11月-65




横の薬師寺にも寄ってみました。
京都とは全然違ったお堂の配置。
敷地内にズンズンと塔とお堂が。
京都だと東寺の感じに似ています。
1214Kyoto11月-66




世界最古の木造建築「法隆寺」。
1214Kyoto11月-67




歴史の教科書では知ってたけど
この佇まいの美しさは実際見ないと
わからんね。
1214Kyoto11月-68




宝物館には国宝だらけ。



最後の晩餐は、桜田出身の「弧玖」にて。
母は「たいら」さんより、こちらがタイプだったみたい。
まだ開店当時のバタバタだったので、次はランチで
様子見ようかな。
1214Kyoto11月-70




ふぅ。やっと3週間前のブログが書けた。
旅ダイジェストはすぐに書くようにしてるんだけど、
完全に時間と酒に負けてます(笑)
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔