2015年12月20日

奥能登の蟹と海と温泉と

1216能登12月-0

北陸新幹線で俄然注目を集めている北陸。
金沢の宿や人気レストランは、予約が相当
困難になっているようですね。


金沢から比較的アクセスのいい和倉温泉あたりまでは、
能登半島も北陸新幹線の影響を大きく受けていますが、
半島の先に近い奥能登方面は、影響もまだ限定的。
1216能登12月-44



折角、北陸行こうと思ったのに宿が取れない!なんてお嘆きの方。
能登も海産物は極上の品が揃っているので、ちょいと視線を上に
あげてみませんか?
1216能登12月-15




宿もいいとこ見つけました。

能登半島のほぼさきっぽにある九十九湾、
ここの『百楽荘』はエメラルドグリーンの
静かな湾を見下ろすロケーション。
1216能登12月-57



大浴場も趣向が凝らされてるけど。
貸切風呂の気持ちよさは間違いなし。
1216能登12月-81




そして、なにより料理が美味。素材がいいのは
この時期の能登なら当然だけど、その素材の
ポテンシャルを引き出しつつ、洗練された仕事で
出してくるお店って限られるよのね。
1216能登12月-66



夕ごはんは九十九湾沿いの海に面した小屋で。
1216能登12月-76




朝食はロビー脇の個室で湾を見下ろしながら。
1216能登12月-86


洗練された食事というアプローチは、金沢に比べると能登が
少ないのは仕方ないけど、良質な店は掘り出せばまだ出て
きそうなので、何度か足を運んで探してみたい。

たとえば、能登半島のさきっぽ、珠洲でみつけた
民宿「むろや旅館」。ここは食堂も併設してるん
だけどサザエ丼が美味過ぎてオレもまりえもしばらく
唸ってました。夏は岩牡蠣丼があるんだって。
1216能登12月-10



穴水駅真横の「そば切り 仁」も、めちゃ旨い蕎麦を出している。
来年は能登町の方に移って、歴史ある古民家でこの蕎麦を食べ
られるようになるらしい。そういうのメッチャ好きなので、
移転してオープンしたら、速攻取材かけてきます。
1216能登12月-98




塩田で輪島の塩をふりかけて食べたアイスも
かなり美味しくて印象的だったよ。
1216能登12月-48



そもそも、能登に行こうと考えたのは、フィリピンで
一緒だったバックパックブロガーの「イク」が住んでるから。
1216能登12月-5

東京での花型広報のポジションをあっさり捨てて、
日本中の田舎をバックパックで回った末に
落ち着いたのが能登の穴水だというんです。

ボクは「遊びにきなよ」という社交辞令は、まんま直球で
受ける主義だし、イクも「うち、泊まんなよ」的なゆるい
スタンスで、お互い気楽なんです。

イクの住んでる穴水の集落は、静かな海が目の前。
湾の奥のほうなので湖みたいな印象を受ける。
1216能登12月-36



ここに住むということは、こうした場所もオフィスとして
使っちゃうってことなのね。夏には、この湾の前で
仕事をしながら、煮詰まったら海に飛び込んじゃうらしい。

TVのディスプレイの向こうで、そういう人生の選択肢が
あるということは聞いていたけど、自分がその場で感じる
のとは、全くの別物。朝起きたら、裏庭で薪で水を沸かし
そのままひんやりした空気の中で淹れたてのコーヒーを。
こんなシビれるコーヒーは、都内のコーヒースタンドでも
飲んだことはありません。
1216能登12月-31




夜は能登に住む外国人たちのHome Partyに参加させてもらったり。
1216能登12月-30

今は、都会での暮らしが居心地いいと感じているけど、
自分の価値観なんて、いつ変わるかわからない。
こうしたライフスタイルを間近で感じることができたのは、
ボクにとってはとても貴重な時間だった。



奥能登では日本海らしい荒海と、
天気のいい日ののんびりした海と
両方に出逢うことができました。
1216能登12月-22




軍艦島の異名を取る見附島、
空の青さを吸い込んだかのような
海面が印象的だったなぁ。
1216能登12月-4




こちらは、永作博美と佐々木希が共演した映画
「さいはてにて」のロケ地。映像とったから
そっちでの方が伝わるかも。ざっぱんざっぱん
岩に波がぶつかり波飛沫が高く舞い上がる。
波が岩にあたるときの重低音がコワいんだけど
心地よかったり。
1216能登12月-19



海沿いにある垂水の滝では、強風で滝が遡ってたり、
LEDでライトアップされた千枚田も思いのほか美しかった。
1216能登12月-27



オレが崖好きということで、能登金剛にも
連れて来てもらった。ゼロの焦点のルケ地という
場所は正直たいしたことなかったけど、その近くの
義経の舟隠しは、かなりスリリングでシビレたよ。
1216能登12月-94


1216能登12月-97

この崖の怖さは、こっちのMOVIEの方が伝わるかも。
http://magis.to/zhTBBnPL



能登のハイウェイのPAから半島を見下ろせる
絶景スポットがあったりとか、海越しに
富山の立山連峰が見えたりとか、地元の素材と
料理が食べられる農家民宿も泊まってみたい。

1月末に穴水で牡蠣祭りがあるので、
早々に年明け再訪しようと企んでいます。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





********************************



奥能登ついて、ドライブしながらまず寄ったのが酒蔵。
当家らしいでしょ? (笑)。「宗玄」の生原酒がうまくて
夜のパーリーのために一升瓶即買いでした。
1216能登12月-3




軍艦島にて。
風が強くて寒かったなぁ。
日本海を体感しました。
1216能登12月-7





初日は天気が不安定で、虹が二本連続で見れたり。
1216能登12月-8



料理旅館「みろや旅館」のおばぁと
色々おしゃべりしてました。
1216能登12月-13



能登丼が旨いのは想定の範囲内だったけど、
さざえ丼や、いくら丼がこんなに満足度高いとはね。
1216能登12月-9







荒い海。
1216能登12月-14




静かな海の一点がサーフスポットになってたり。
1216能登12月-16




このパワースポットは、わりと有名なんだけど
商業主義が強すぎて、ちょっと引きまくるレベル。
星野リゾートのようなしたたかさが欲しいね。
下心が露骨に見えると女子も引くじゃない?
オレ、その女子の気持ちがやっとわかった(笑)
1216能登12月-17





珠洲には、こんな景色を見降ろす場所に
海人さんのやってる食堂があるのよ。
春にはこの「つばき茶屋」目当てに訪れたい。
1216能登12月-20





この写真じゃわかりづらいね。
滝が風に煽られて遡っているんです。
1216能登12月-23






翌日はうってかわって晴天。
1216能登12月-33




輪島の朝市に行ってみました。
買ったものを炭火で焼いて食べられるみたい。
1216能登12月-37




笑えるくらい安いけど、これでも観光客向け価格です。
1216能登12月-38





おみやげというよりは、その場で食べたかったんだけど
いまひとつそのシステムが見えづらくてやり損ねた。
1216能登12月-40




時期は早いけど、牡蠣もつまんでみたり。
1216能登12月-42





こちらは塩田。塩の作り方を実演も交えて見せてもらった。
1216能登12月-46




作られる工程中のでかい結晶をいただいたり。
1216能登12月-47





垂水の滝の先は途中、道が崩落してるけど遊歩道が
あって、そこにうちつける並の迫力が尋常じゃなくヤバい。
歩いてると、足元から振動が響いてくるのよ。
1216能登12月-49





そして、こちらは九十九湾の「百楽荘」
1216能登12月-53




これが海って不思議。
1216能登12月-87




ゆったりした部屋の造り。
一年の疲れを癒やすために。
1216能登12月-56




貸切風呂が圧倒的に気持ちよく。
1216能登12月-80




夜と朝と2回 貸切させてもらいました。
1216能登12月-60




地下には洞窟が掘ってあって、片一方は洞窟風呂。
1216能登12月-58




もう一方は九十九湾へと続いています。
九十九湾沿いは、こんな環境で釣りを
楽しめるジャパンラグジュアリー
1216能登12月-88




そんな湾沿いでディナーを楽しめます。
1216能登12月-75




この能登酒3種飲み比べが美味しくて。
天狗舞の古古酒はドンピシャ。
1216能登12月-61




加能蟹や香箱蟹を、お造りだったり
しゃぶしゃぶだったり、ご飯だったり。
あらゆるスタイルでいただける。
1216能登12月-63







この甲羅味噌がうめーんよ、しかもここに
日本酒注いでぬる燗にするのが最高。
1216能登12月-70






誰もいなかった朝の展望風呂。
ここを独り占めって贅沢でしょ。
1216能登12月-79







朝食はハタハタといわしを炭火で。
1216能登12月-84











能登金剛の景色を。
1216能登12月-89





世界一長いベンチの前はやさしげな海、
春みたいな陽気だったなぁ。
1216能登12月-93




もしこれが湘南だったら、このベンチの脇には
コーヒースタンドや出張BARとか並んで、賑わう
んだろうなと。
能登12月-1






帰り際にちらっと走っただけだったけど、
琴ヶ浜あたりはドライブしてて気持ちよかった。
1216能登12月-95







夏だったら、バイクを借りて
2人乗りでドライブしたい。
そんなスッピンの場所でした。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:10│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 能登2015_12月

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔