2015年12月28日

クリスマスディナーショーと真葛焼の会

1226師走12月-1


竹芝のインターコンチネンタル東京ベイで開催された
バイオリニストの枝並千花さんディナーショーへ。
年末イベントのひとつとして、まりえと一緒に。
エントランスも完全にハレモード。
1226師走12月-4





音響はコンサートホールにはかなわないものの、
ライトアップされたレインボーブリッジをバックに
バイオリンの音色に包まれるというのは、なんとも
贅沢な夜の過ごし方。うん、やけに年末っぽい。
1226師走12月-6




ご年配の方が多めのせいか、昭和の結婚式を髣髴とさせる
クラシカルなフレンチのコースだったけど、前菜のタッチは
結構モダンな要素が散りばめられていて、普段のインタコンチ
東京ベイらしさを感じる構成でした。メインは、牛ヒレ肉の
パイ包み焼き、フォアグラのソテー。久々に食べたわ。
1226師走12月-10



写真では伝わりづらいけど、実際にその場にいると
レインボーブリッジのが かなり迫力あるのよ。
しっとりしたバイオリンに耳を傾けつつ、高速を
走る車のテールランプを眺めていると、さながら
映画のラストシーンに迷い込んだ気分に。
1226師走12月-13



ディナー、コンサートの流れでチャリティオークション。
12/8に行ったんだけど、この頃からグンと年末モードに
入った気がします。
1226師走12月-14




一方、こちらは京都の真葛焼、宮川さんが
自由が丘 大塚文庫で開催された真葛焼で
日本酒を愉しむ『真葛 花月の会』。
1226師走_211月-1




お酒も、コーヒーも、ワインもシャンパンも
いいグラスでのめば、やはりその分味は伸びてくる。
繊細な飲み物だと、グラス一つで味を殺すからね。
1226師走_211月-4



うーん、美しい。
1226師走_211月-3


最近、ブランデーのような甘さのお酒が好み。
古古酒のようなヴィンテージ感がたまらん。
1226師走_211月-2


数寄ものの茶人たちが集まってました。
こういうのもボクにとっては年末っぽいイベント。
1226師走_211月-6




2015年というのが、やっとしっくりしてきた頃だってのに、
もう2016年がやってくる。結局 平成が何年なのかよくわからない
まま、この一年が終わろうとしています。
1226師走_211月-8




今年は、そこそこ努力して、
まぁまぁやりたいことをやれてきた。
そこに関しては自分を褒めたいけど、
体重を放置プレイしたのが一番の後悔。
さて、このパンツのキツさをどうして
くれようか…
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




************************

インターコンチの写真を追加で何枚か。
1226師走12月-2




1226師走12月-3




食事もそれなりにゆったり食べられます。
1226師走12月-5



ノエルっぽいデセールのアレンジ。
1226師走12月-11



カクテル試してみたんだけど、
やっぱし合いませんでした(笑)
1226師走12月-7



ディナーの後に1時間ほどのミニコンサート。
ゲストにチェリスト古川 展生さんを招いて。
やはり、生音はいいね。音に包まれるのが心地いい。

演奏中は撮影禁止なので、存分に音を味わわせてもらった。
カメラがあると、ついそっちに気がイッちゃうので、
強制的にカメラを切り離す環境も、たまには意図して作らないと。

さすがに酒は控えめにしてたので、ゼロ・グラビティは
発動せず。ほっ…
1226師走12月-8




こちらもオークションの出展品。
1226師走12月-12







まりえと能登から帰ってきて、翌日がディナーショーだったのね。
なんだか、浮かれますよね、師走って。
1226師走12月-15



そんな2015年もあと数日。
残りを悔いなきよう。
お体に気をつけて。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)フレンチ | LifeStyle

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔