2016年01月08日

マンワー (香港)マンダリンオリエンタルの広東料理は楽園です

0104マンワー3月-23

香港のマンダリンオリエンタルの25階に位置する
広東料理の「MAN WAH(マンワー)」。

オリエンタルな内装が魅力的で、鳥かごを模した
金メッキのランプやシルク地に描かれた壁の絵画が、
独特の世界観を創り出している。
0104マンワー3月-1

老舗のホテルなので、天井高はさほどでもないんだけど、
窓が大きく開放感があり、ビクトリア湾や香港の夜景が
目に飛び込んでくる。夜の雰囲気は艶っぽくラグジュアリー
指数高め。ギラギラした圧迫感ではなく、包み込むような
妖艶さが大人びていてドキドキする。

色彩が際立つランチタイムも、ボクは同じくらい好きですね。
こちらは8年前のマンワーでのボクとまりえ、さすがに若いわ(笑)。



今回は、個室でのディナー。
ホテルなのでコース料理を一人で頼むことが出来るのも
嬉しいんだけど、やっぱり円卓の回転テーブル囲んで
みんなでワイワイするのが楽しいね。
0104マンワー3月-3




雰囲気や料理に関しては、ミシュラン三つ星を獲得している
フォーシーズンズ「(龍景軒)Lung King Heen」より
ボクは「マンワー」の方が好きだったりします。
龍景軒も勿論美味しいけど、優等生っぽくて遊びには
欠ける印象。マンワーの方がなんか色っぽいのよ。
0104マンワー3月-5




前菜のあわびから魂が震えます。
この歯ごたえ、この旨味、このかをりこそ「鮑」様よ!!
0104マンワー3月-8



なにげに初体験の酔っ払い蝦、
演出重視の料理かと思って、これまで積極的に
関わろうと思ってなかったんですが、いやいやどうして。
0104マンワー3月-15




味もいいけど、テクスチャもエロい。
やっぱ、思い込みはいけませんな0104マンワー3月-17





本場に行って、大きく差を感じるのが焼物とスープ。
日本でも接点多い分、その差がクッキリと見えるんです。
0104マンワー3月-20



米モノも炒飯、あんかけ、土鍋と、広東料理は締めまで愉しい。
こちらの舞茸炒飯も絶品過ぎでした。これだから香港は、
トランジットでも、半日は最低時間創っちゃうんです。
出来れば、朝ついて深夜便まで遊びたい。
0104マンワー3月-33



文華(マンワー/man wah)
マンダリン・オリエンタル香港
5 Connaught Road, Central, Hong Kong
TEL:+852 2522 0111
http://www.mandarinoriental.com/hongkong/fine-dining/man-wah/



title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル


今年は、しっかり香港食べたい!
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ





********************

こちらがメニュー。
乾杯はシャンパーニュで。
0104マンワー3月-4



箸やスープも、どことなくモダン。
0104マンワー3月-6





鮑とジェリーフィッシュ。
0104マンワー3月-9




鮑の影にかくれがちだけど、
5種の香辛料を使った鱈もスタート時の
テンションあげまくってくれます。
0104マンワー3月-10




お茶かな。
0104マンワー3月-12




食中はワインを合わせて。
日本酒も強化するって話でした。
今は、どうなんだろ?
0104マンワー3月-14




酔っ払い蝦。
テーブルの横でお酒にくぐらせて作っていきます。
0104マンワー3月-16





0104マンワー3月-18




巻き貝のスープ、百合根、ロンガンや蓮の種が入っている。
蓋をあけた瞬間、テーブルにたちこめるかおりがやみつきに。
0104マンワー3月-19





0104マンワー3月-22






またしても、敬々しく蓋を空けて姿を現したのは
ロブスター。火入れが繊細な帆立も従えて。
それは、もう至福の時です。
0104マンワー3月-25




こういうお店では、脇役的な葉物も実にうまい。
気を抜きそうなことで、しっかりしみじみさせられます。
0104マンワー3月-28




旨味が凝縮されたごはんもの。
正直、おみやげにしたいです。
0104マンワー3月-30





出来立てふわふわの杏仁豆腐
0104マンワー3月-34



プティフールも演出入れて。
0104マンワー3月-35




すっかりアップが遅れましたが、一昨年の香港ディナー。
そろそろ、香港でまた集合したくなってきました。
0104マンワー3月-37



title250
キャセイパシフィック航空で行く香港+LONDON
 英国政府観光庁、キャセイパシフィック、マンダリンオリエンタル


年明けから更新頻度低めですが、
もうちょいちゃんとアップできるように
時間作っていかないと。ネタがたまり
すぎて、熟成されちまってます。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ




トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by yajapa   2016年01月09日 14:07
いつも拝見してさせていただいています

私はタイチェンマイと日本を行ったり来たりですが寒い間は日本にはいられず、漢(オトコ)の粋さん
のブログを見つつ、日本に帰ったらあれも食べたいこれも食べたいと夢見ています。そうは言ってもタイ
チェンマイも日本食ブームでびっくりするくらい日本食はありますが、どうしても本場もんが食べたくなる
もんです。漢(オトコ)の粋さんたまにタイ食もどうでしょうか?

ブログ更新楽しみです、大変でしょうがよろしくお願いいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔