2016年01月25日

じゅうろく(浅草) 料理も蕎麦も舌鼓

0125じゅうろく1月-27

浅草は、浅草寺の裏に、昨年夏オープンした
蕎麦屋『浅草じゅうろく』。

つくばエクスプレスの駅はまぁまぁ近くにあるっぽいけど、
浅草とか入谷あたりから車ってのが、大半の人のアクセス
ラインになるんじゃないかな。

そんな場所にも関わらず、年末に訪れてから、年明け
すぐに再訪しちゃったんす。というのも、料理が旨い!
そして下町価格!
0125じゅうろく1月-6


というわけで、今回はレストランにやたらとうるさい(笑)
ウオッチマニアのパイセンたちを連れてきました。
0125じゅうろく1月-30




0125じゅうろく1月-15




前回の鴨鍋も美味だったけど、今回の5000円のコースも
かなり満足度が高め。料理は丁寧に作られてるのは勿論、
素材も妥協してくれない(笑)


5種類の肴の八寸は、陸前高田の広田牡蠣のオイル漬けや、
品質の高い御殿場わさび味噌。鍋でも使っている蔵王鴨の
赤ワイン煮などなど。こりゃ、酒がすすむわ。
0125じゅうろく1月-1



お造りは壱岐の本マグロと、長崎のハタ。
ハタがいいコンディションでヒット。
0125じゅうろく1月-3



野菜の白和えも当然素材ごとに仕事してるので、
ひとつひとつと、じっくり向き合える。

海老芋のゆずあんは、出汁が強すぎず
程よいタッチで、ボクは相当好み。
一度揚げてるので、テクスチャもエロい。
0125じゅうろく1月-6


更に巨大なだし巻き卵
見た目に反して繊細な味。
0125じゅうろく1月-12



ここで、蕎麦かとおもいきや、更に
おおぶりの穴子の揚げ物が登場。
0125じゅうろく1月-23



そして、メインの蕎麦へと続く。
これまでのドヤ!的な展開から、
ふっと一歩引いた静けさの蕎麦に
こちらが自然と足を踏み込みたくなる
そんな立ち位置の蕎麦。

繊細さと芯の強さを感じる、
女将のような蕎麦。

ちなみに、こちらが女将では
ありませんぞ(笑)
0125じゅうろく1月-25


























浅草じゅうろく
03-6240-6328
東京都台東区浅草4-37-8 小田井ビル 1F



皆さん、気に入ってくれたようで
なによりです。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ






************************


浅草駅からだと浅草寺抜けて歩けば、
楽しいから距離感じないし、
入谷(日比谷線)あたりからは、
タクシーでさっと来れる。

ただ、知らなければ中々見つけることが
できないロケーション。そゆとこに、
さっとアクセス出来るようになった
現代を、便利と思うかつまらないと
思うかは貴方次第。

コースの流れはだいたい書いたけど、
野菜の白和えの料理はアップしてなかったね。
地味なビジュアルだけど、じんわり沁みます。
0125じゅうろく1月-8



最後まで愉しませてくれた〆のそばアイス。
ボリュームあるし、蕎麦の実のアクセントが
香ばしくて実に大人スイーツ。
0125じゅうろく1月-29




帰りは浅草まで歩いたんだけど、以前は裏道にあったテラス席が
結構目抜き通りまでテラス席化してて驚きましたわ。いつのまに
都内屈指のオープンテラスエリアになってたの?
さすがは国際都市『浅草』、このおしゃれな大人バージョンを
都内で2ヶ所くらい作りましょうよ。海辺と坂道のあるとこ。
0125じゅうろく1月-31




では、ここからはマニアの時間。
アンティークウオッチに興味のない方は
無理せずに流してくださいませ。

これもね、机の上で見た時と嵌めた時では
全く印象が変わるのさ。腕の上で存在感が増すタイプ。
0125じゅうろく1月-5



ブレゲ数字の文字盤がストイックさの中に艶ってますね。
0125じゅうろく1月-9



これは、嫁ぎ先が見つかったとか。
0125じゅうろく1月-10




こちらのクロノも実に好み。
0125じゅうろく1月-13




このあたりのトリッキーなのはエリオさんのでしょ。
0125じゅうろく1月-14




トノー型とか、文字フォントでゆるくまとめて。
0125じゅうろく1月-16



ブラックフェイスたち。
0125じゅうろく1月-17





0125じゅうろく1月-18




まさかのスタバ尽くし。
0125じゅうろく1月-22




とにかく健康が全てのベースということに気づいた週末。
牡蠣のノロウィルス、マジで地獄見えます。しばらく
牡蠣が恐怖症になりそう。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:23│Comments(0)TrackBack(0)和食 | ¥5000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔