2016年02月09日

穴水の牡蠣祭り(能登 )

0209能登Jan-50
12月の頭に、まりえと初めて訪れた奥能登。

有名な加賀屋がある和倉温泉は有名だけど、
そこから上のエリアって、輪島くらいしか
知らない人が多いのでは?

かく言うボクは、和倉温泉に行ったことあるのに、
輪島の位置関係も良くわからず、ましてや
能登に空港があるなんてことも知らなかったんス。
0209能登Jan-55





そんな縁もゆかりも無かった能登だけど、
昨年、フィリピンのブロガーツアーで一緒に
なったイクと仲良くなって
一気に距離が近くなった。
0209能登Jan-25



鎌倉から能登に移住したバックパッカーの
イクは、当然ながら旅の本質をよくわかってるし、
その土地の魅力を伝えるには、”人”が肝だと
いうことを知っている。

そんなヤツに案内された能登が、魅力的じゃない
わけないじゃない? なんせ日本全国バックパックで
回って、住むとこに選んだのが能登なんだからさ。
0209能登Jan-42



それなりに旅を重ねていると、お仕着せっぽい
観光地とか響いてこないのよ。観光客に媚びてるところも苦手。
変なフォントでチラシとか看板あったら、一気に興ざめ。

京都も札幌も名古屋もそうだけど、暮らしてる人が
オモシロイと思ってることを一緒に経験させて
もらうことが何よりも刺激的。
0209能登Jan-67




こないだの12月の能登が本当に楽しかったので、
今回は更に友人集めての、プチ修学旅行。

パーティーピーポーのJOEくんや、彼女の裕子ちゃん。
0209能登Jan-1




メシ友の大西結花さんも加わっての気ままな旅。
0209能登Jan-63





ゆるそうだけど濃密な能登時間、思った以上に
イクはしっかりプランニングしてくれてました。

 ※ちょいと映像もまとめてるので、
    こっちのほうが雰囲気は伝わるかも。




今回の旅のテーマは”牡蠣”。
能登空港に近い穴水町では1/末に牡蠣祭りってのがあって、
2日間で6万人近くが集まる大規模なイベントなんです。



役場の近くにあるイベント会場はすごい賑わいだけど
もちろんそこだけじゃなく、色んな場所が牡蠣づくし。
0209能登Jan-58





能登に発つ一週間前に(おそらく)牡蠣でノロウィルスを
くらってしまい、半ばドキドキではあったんだけど、
「しばらく、焼牡蠣は食わなくていい」ってくらい
しっかりと向き合えました。おかげで、炭火で焼いて、
殻むいて食べるの、なんか自然に感じるし(笑)
0209能登Jan-59





時系列での旅の様子は、イクのブログに早速アップ
されてるので
、ボクは旅人目線で印象に残った話から。



牡蠣祭りは市役所近くの広場にテントが張ってあり、
そこに炭火の焼き場が並んでるのね。各自テントの周りで
売ってるものを選んできて、自分で焼いて食べるスタイル。
軍手やお箸、トングなどは貸してもらえる。
0209能登Jan-61


このお祭り騒ぎ味わだけでも能登に来る価値はあるけど、
折角牡蠣の時期にきたなら、もっと踏み込めたら面白いよね。


そんな思いを汲んでイクが企画してくれたのが牡蠣漁体験。
最終日の帰り際に、ご近所で牡蠣漁を営んでいる川端さんに
牡蠣の水揚げを体験させてもらったのよ。
0209能登Feb-114




東京に帰る直前のイベントだったので、ボクは汚れてもいい服に
着替えられなかったので、水揚げ体験はまりえにしてもらって。
デジイチとGoProの2台体制で記録係に徹してました。
0209能登Feb-113


おかげさまで天候は曇りで、そんなに寒い日じゃなかったから
一緒にいった皆にも楽しんでもらえてよかった。

こういう体験をすることで、ボクラにとって穴水の牡蠣は
より特別なものになっていく。東京で穴水の牡蠣に会えたら
なんか嬉しい。
0209能登Feb-122




ちなみに、川端さんとは初日の夜に会っていて、ご近所さん達と
ガレージBBQ一緒にしてたのよ。もちろん、彼のところの牡蠣も
いただきながらね。
0209能登Feb-118









このガレージのオーナーは、このあたりで議員をされてる新田さん。
ずーっと、能登で育ってきた新田さんの話は、旅人にとっても
興味深いもので、”へー、そんな能登の楽しみ方あるなら、
また別の時期に再訪しなきゃ!”ななんて、そんな気持ちにさせてもらえる。
0209能登2Jan-2



レストランにも言えることなんだけど、新規開拓よりも、
馴染みのお店を作って、そこでじっくり深掘りすることの
方が面白くなってきてる、年を重ねると尚更。

旅も同じスタンスで、最近は気に入ったところがあれば
できるだけ、その土地の魅力を掘り下げるようにしている。
京都、札幌、沖縄、名古屋(三重、岐阜含む)みたいにね。
0209能登Jan-37




ちなにも、このウェルカムガレージBBQでは、牡蠣も
強烈に美味しかったけど、新田さんが「実は貝の中で
一番美味しいと思っている」という真珠貝(アコヤ貝)も凄かった。


トロッとした食感や繊維質の歯ごたえなど小さいながらも
複雑なテクスチャで、味わいもエグさがなくエレガント。
パット見は清楚な色白美人で、実はエロかった!!!
みたいな、そんな極上体験させてもらえました。
0209能登2Jan-1





他にも、穴水駅のホーム(連絡通路)で電車を
見下ろしながら牡蠣を焼ける期間限定の
「穴水駅ホームあつあつ亭」も楽しかった。
0209能登Jan-77



東京に帰る直前に寄ったオーシャンフロントの
オイスターカフェ&ダイニング「Coast Table」では、
もう、牡蠣は当分大丈夫とゲージが振り切れちゃいました(笑)
0209能登Feb-120



そうそう、ここに入店した瞬間、目の前を野生のイルカが
泳いでて、テンションあがりまくり。前日も野生のイルカ
見れたりと、2日連続のラッキーが降ってきたのよ。
こうした心に響く時間は、カントリーサイドならではですね。
0209能登Feb-121




初日はイクの家に泊まったんだけど、2日目は
能登町にある農家旅館「ゆうか庵」に泊まったのね。
0209能登Jan-85





輪島塗の御膳で囲炉裏を囲みながらみんなで食事
するって、なんだかメッチャ愉しいです。
能登の食材をふんだんに使った素朴だけど
手間の掛かった料理。そうそう、ここまで来た
からには、こういうものが食べたいんです!!
0209能登Jan-87



0209能登Jan-88



しかも料理が朝夕食付きで10,500円/人。さらに能登空港が小松空港と
羽田のエアチケットの半券があれば3000円/人ディスカウントとなるとか
凄くない?? これは助成金交付期間中の特典らしいけど、体感では
食事だけで元とった気分。

部屋も多いので4カップルくらいなら泊まれそう。
もちろん子連れもWelcome!!!
0209能登Feb-94



ボクラは自分たちで温泉入ってきたけど、宿泊者にはこちらの
オーナーの中田さんが、車で温泉に連れてってくれるサービスも
ついてるんだって。

オンライン化がすすみ、旅も便利になったけど、
こうした情報は、「じゃらん」や「Expedia」には
のってこない”生”の情報。こういう発見があるから
旅はやめられないんです(笑)
0209能登Jan-92



まだまた、能登の魅力は掘りきれません。
つづきをどうぞ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






-----------------------

ちょうど雪が降った直後だったので、2ヶ月前に
能登を回った時とは全くの別世界に。

そんなステージにもってこいだったのが、
特別にオープンしてもらった築約400年 江戸時代の
「能登天領庄屋中谷家(のとてんりょうしょうやなかたにけ)」。
0209能登Feb-112



国指定重要文化財で、敷地に入ると
タイムスリップしたかのような錯覚を覚える。
日本昔ばなしで出てきたいわゆる”庄屋さん”が、
想像以上に権力者だったことに驚く。
0209能登Feb-102




お蔵とか総漆塗りでめっちゃ贅沢なんすけど。
0209能登Feb-103



以前は一般開放してて、だいぶ傷んじゃったのが惜しい。
実は昔、この蔵にはご当主以外入れなかったんだって。
どんだけ贅を尽くしてるのよ??って話です。
0209能登Feb-104





先代が亡くなって、しばらくは拝観をしてなかったようなんだけど、
今後はこの趣ある空間を活かして、質の高い蕎麦を出したり、
限定のコーヒーが呑めるカフェをやったりと、新しい活用のカタチ
を検討しているとのこと。ちなみに、この極寒の中でも箸がすすみ
まくった蕎麦は小林仁さんの9.5割蕎麦。酒に合う合う!!!
一番弱いくせにオレだけずっと日本酒飲んでました、だって寒いから(笑)
0209能登Feb-109






輪島塗に代表されるように、実はこのあたりって
高い付加価値を持つ伝統工芸が残ってるんですよ。
今の時代の感性を取り入れたアートな作品を展示
したりしても相性が良さそう。


ボクらが訪れた時にいらした大宮静時さんは、
チェーンソーで椀をけずり、漆を塗る能登の
伝統工芸「合鹿椀」の作者。
0209能登Feb-105



ここに来たら、いいものが 適度な価格で買える、
そういうセレクトショップ的位置づけになったら
行ってみたくない?

つーのも、輪島塗のお椀買いたかったんだけど、
観光客的に、どこで買ったらいいのか全然わからなくて。
ある程度選定されたものが並んでるとうれしいなと。
できれば正統派のものから、アート色が入ったものまで。
0209能登Feb-107




ちなみに、屋敷の中は体感で外より寒い(笑)
それでも、この歴史を重ねたヴィンテージ感は
心地よく、こういう場所で能登をもっと知れたら
いいなーと思えた。

冬は雪囲いがしてあるので、庭の景色を楽しみにくいけど
この時は戸を開けてもらって、雪景色の庭を楽しませて
もらった。うん、ここでコーヒーは贅沢だ。
0209能登Feb-99



観光バスでやってきてワイワイって感じじゃなく、
きちんとキュレーションされた、能登のいいものを
味わいたいという大人向けの限定スペースになるといいな。
0209能登Feb-111




さっきのビデオにも取り込んでおいたけど、奇跡的に
天気が良くてドライブも愉しめた。
0209能登Jan-3





ドライブが快適な理由は、イクのこの
こたつ付きハイエース。電源設備も完璧で
スマホもカメラも電源残量を気にせず使いまくり。
0209能登Jan-2




能登空港から、まず向かったのは輪島。
喜芳のランチでふぐ丼が食べたくて。
0209能登Jan-7




食後に向かったのは海水天然プールがある鴨ヶ浦、
輪島からほんのすこし離れただけで一気に自然が深まります。
0209能登Jan-9




ここはNHKドラマ「まれ」の舞台となった大沢集落。

0209能登Jan-10




ここは間垣の里しても有名なんですね。
0209能登Jan-11




能登の住民でもあまり知らないという桶滝
0209能登Jan-13




雪の道を踏みしめて進むワクワク感。
0209能登Jan-15




そこにはなんとも珍しい、岩のトンネルから降り注ぐ
滝の姿が。近くまで行ってみようと崖をのぼりはじめるも
思った以上に湿った枯れ葉が滑る滑る。この時期、
滝壺に落ちたら命に関わりそうだし、身の回りの
電子機器(カメラ、iPad)やアンティークウオッチが
全滅するのも心から怖かったので途中から引き返してきました。
0209能登Jan-14





崖好きにはたまらないスポットが多く、ちょくちょく
車を停めてもらいながら。
0209能登Jan-16




これは象岩っていうんだけど、確かに象っぽい。
スター・ウォーズの雪上戦車という話もあるけど。
0209能登Jan-17






何度来ても飽きない白米千枚田、いつか行ってみたいと
思っていた場所に、こんなに何度も来れるとは。
というか、思った以上に東京からのアクセスが楽だった。
0209能登Jan-18



0209能登Jan-20




強い風が吹くと滝が逆流して遡る垂水の滝。
ここが好きなのは、実は滝よりも海岸線沿いの
遊歩道。天候が悪い時には荒波がざっぷんざっぷん
下から突き上げてきて、壮大なスリル感あるステージに。
0209能登Jan-21




しかも2ヶ月ぶりにきたら、落石で見事に遊歩道が
破壊されていて、自然の脅威に改めてビビる。
0209能登Jan-22




イクが能登といえばこの景色というくらい気に入ってる場所。
うん、確かにパワーを感じるよ、ここ。ポジティブなForceを。
0209能登Jan-24





そして軍艦島まで行ってからの温泉タイム。
0209能登Jan-30





この軍艦島を見渡せるところに能登路荘。
国民宿舎なんだけどめちゃお洒落で、リーズナブル。
露天風呂から軍艦島が望めるお風呂は、この時間
女性専用になってました、無念。
0209能登Jan-31








ガレージBBQをして即寝したオレラは、
翌朝、大西結花さんを迎えに能登空港へ。
0209能登Jan-53





既に馬扱いのJOEクン。
0209能登Jan-65





こういう何気ない日常がたまらん。
オレの疲れきった心を癒やしてくれる。
0209能登Jan-68




昨晩のBBQガレージの横から。
0209能登Jan-71



なんと、仙人のような猫さまが。
0209能登Jan-70




仙人系猫様のご利益にあやかったのが、野生のイルカに出逢えました。
0209能登Jan-73




こちらは「穴水駅ホームあつあつ亭」への順路。
この観光列車に乗った人だけが、ホームの
あつあつ亭で牡蠣三昧を出来る仕組みなんです。
0209能登Jan-74




0209能登Jan-76





いいなぁ、このラグジュアリー感。
0209能登Jan-75





昨晩から牡蠣が主食状態が続く。
ここでもまずは焼き牡蠣7個から。

もう焼き牡蠣は…といったところで
牡蠣フライ投入。これがいつもより
数段うまいんですわ
0209能登Jan-81





ライトアップされてる駅もあって。
たしかココ、桜の時期にホームがめちゃくちゃ
桜が綺麗と聞いたことあるあの場所ですか。
0209能登Jan-82



駆け出しで紹介したけど、
いかがでしたか「奥能登」は。
是非、皆さんのコメント欲しいです。

では、また明日
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 能登_201601

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔