2016年02月28日

エンジン (神楽坂)和の趣の中華を愉しむ


0226エンジンOct-5

神楽坂の路地裏の奥深くに佇む中国料理の『ENGINE(エンジン)』
ビブグルマンも取っている実力派で、財布にやさしい価格帯の料理が並ぶ。

写真の見た目でも感じると思うけど、かなり和食よりのアプローチ。
シェフが赤坂の有名店出身らしいんだけど、そこでもこうした和の
手法が得意だったようで。
0226エンジンOct-7




この料理も言われてみれば確かに中華料理だけど、
ライトな仕上がりなので、胃にズシンとくる
タイプではない。このタッチなら同じ週でも
通えるね。そのあたりも人気の理由な気がする。
0226エンジンOct-15





カウンター6席とテーブルが3つくらいのこじんまりした店内。
お店の雰囲気も最近人気の他のカウンター中華と共通点あって、
ビストロと見まごうようなデザイン性高めのつくり。
0226エンジンOct-11





料理は食べあるきを良くされてる方々からの評価も高く、
この日も満席で賑わってました。理解のあるお客さんの期待に
応えようとクリエイティビティが発揮されていて、いいスパイラル。
0226エンジンOct-14




この日は黒板メニューからアラカルトで。
カニ玉ご飯とか反則だけど旨いぜ、コレ。
0226エンジンOct-18




〆はこれまた定評のある黒酢酢豚で。
0226エンジンOct-21




”多重人格あるある”や、"神隠し話”が盛り上がり
食がいい意味で脇役に。食は目的でもあるけど、
コミュニケーションの手段という感覚が強いので
ボクはこういう夜が理想です。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





**************************


神楽坂の毘沙門天の先を右に入り、
路地をくねくね入った先の公園脇。
Googleさんがいない時代には、
辿り着くまでにどれだけの準備と
集中力が必要とされてたんだろう。
テクノロジーとは凄いものです。
0226エンジンOct-1




ピータンのムース。
青は藍より出でて藍より青し的な
オリジナルを超えた濃厚さ。癖も
ないから、ピータン苦手な人とか
こっからTRYするのがいいかも。
0226エンジンOct-2



0226エンジンOct-3





この和え物とか、中華と和の中間地点。
0226エンジンOct-4






米が欲しくなる肉とネギのコンビネーション。
0226エンジンOct-6




炙りしめ鯖とか、この町の客層に
マッチしそうな料理だね。
0226エンジンOct-8







野菜の火入れは期待通り。
0226エンジンOct-9




0226エンジンOct-10



魚の身をふんだんに使った春巻きは面白い。
0226エンジンOct-12



0226エンジンOct-13






箸休め的なはまぐり。
0226エンジンOct-16



かに玉をまさかのオンザライス。
0226エンジンOct-17








0226エンジンOct-19



カリッとした外コーティングの酢豚。
0226エンジンOct-20





中華が食べたいけど、軽めになんて夜に
行ってみたいお店。ただ、人気ゆえに
当日ふらっとなんて使い方はできなそうだけど。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ





kyah2004 at 23:57│Comments(0)TrackBack(0)中華料理 | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔