2016年03月07日

チェナクルーム (銀座) 自由で媚びないフレンチ

0303チェナクルームFeb-31

銀座と言っても新橋寄りのコリドー街に
最近オープンした『チェナクルーム』。

きちんと手の込んだフレンチなんだけど、
和のエッセンスを遠慮無くぶっこんできたり、
中華っぽいアレンジも大胆に取り入れてくる。
この遊び方に媚びがなくて、本気なのが印象的だった。



昔は、食べ手が慣れてなかったせいもあってか、
フレンチに和のアレンジって、よそよそしさとか、
わざとらしさみたいのが感じられたじゃない?
でも『チェナクルーム』は、そういう遠慮もなくて
突き抜けた感じが今っぽくて気持ちいいの。

しかも合わせるドリンクも、ワインだけじゃなく
日本酒だったりカクテルだったり

これが、実に見事にマリアージュするんですわ!


ペリングメニューも酒が弱い人向けの
量が少なくお手頃なものがあって、
「少なくていいから、色んなお酒愉しみたい」
というボクにはピッタリ。
0303チェナクルームFeb-1



店内は白のアクセントが効いたエレガントな空間と、
木の素材のもつやさしさを際立たせた2つの要素で
成り立っている。カジュアルな女子会にも、ちょっと
力の入ったデートにも、両方使い分けができると思う。
0303チェナクルームFeb-7




窓の外を向いたカウンター席とか、こうしたフレンチの
お店では、あんまし見たこと無かったから新鮮。

線路脇のビルの最上階だけあって、おもったよりも
景色が抜けている。国会議事堂が見えるから、
なにげにテンションあがるかも。
0303チェナクルームFeb-41




料理で特に印象的だった前菜。

ズワイ蟹とホタテのカネロニ風前菜は、
透明な葛で巻いた軽い仕上がりで、
トマトのジュレと合わせることで、更に
軽やかな印象に仕上げていた。
0303チェナクルームFeb-21


まりえがオーダーしていた水餃子風の
スープは、確かにブラインドで食べてみると、
中国料理のアクセントが強いかも。
それでいてフレンチの芯は通っているから面白い。
0303チェナクルームFeb-20



メインは、尾崎牛を大胆に使ったポトフをセレクト。
これまでの経験もあって、ポトフって、ホロホロっと
崩れた肉をスープや野菜と一緒くたにして食べるって
先入観があるじゃない。

そこに肉の味自体がしっかり立ったブロックの
尾崎牛を合わせてくるので、最初は肉とスープの
一体感をどうばいいかなって悩んでしまった。

だいぶ歯ごたえある肉塊なので、咀嚼しながら
スープを流しこむことで一体感を創りだしては
みたけど、折角の尾崎牛なら、もうちょい違う
アプローチも試してみたかったかな。
0303チェナクルームFeb-29




料理も遊んでるし、お酒も振り幅あって
ほんと楽しかったので、これからも
既成概念にとらわれずチャレンジを
続けてくれると嬉しいな。
0303チェナクルームFeb-10


チェナクルーム (cenaculum)
050-2018-2414
東京都中央区銀座8-3-1
GINZATOKIDEN 10F
http://charpente.jp/cenaculum/



さすが、マーケットインでは
定評のあるVinosityの展開力。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ







***************


ペアリングは一杯60mmの少ないコースも、
シャンパーニュはHENRI GIRAUD 。
0303チェナクルームFeb-2


何度も言うけど、酒が弱い人間としては
2700円で色々ペアリングできるということが
めーっっっっっっちゃ嬉しいんです。

2人だと、相手が相当呑める人じゃないと
ボトルワインは残しちゃうし、だいたい後半戦、
キャパ超えでアルコールを体が受付けなく
なるんすよ。

ちょっとづつ、料理に合わせてお酒が飲めるって、
酒呑みが思ってる以上に、遥かに嬉しいサプライズ
なんです。もう、これだけで再訪する理由になるくらい。
0303チェナクルームFeb-6


アプローチはちと違うけど、祇園の『MAVO』の
ティーペアリングも、酒の弱いボクには泣ける
ほど嬉しい選択肢なんすよ。
0303チェナクルームFeb-5










カトラリーはL’ASっぽく引き出しタイプ。
0303チェナクルームFeb-8




野菜はラフに着崩したビジュアルだけど、
それぞれがとても真摯で甘い。こりゃ、
良家の育ちの良さが隠しきれてないな。
0303チェナクルームFeb-9



続いてのアミューズは、ブランダードのどら焼き。
塩気と甘さのバランスが、食欲を増進させてくれる
0303チェナクルームFeb-11





0303チェナクルームFeb-12







バケットは、東陽町にある「エクラデジュール」という
パティスリーのもの。袋に入ってくるのがかわいい。
0303チェナクルームFeb-13





かわいいだけじゃなく食感も程よく
ふんわりと甘いバターと良く合うのよ。
0303チェナクルームFeb-14




さっきも書いた蟹と帆立の前菜。
0303チェナクルームFeb-18




日本のワイナリーは、こういうフレッシュな
魚介にはドンピシャはまりますな。
0303チェナクルームFeb-16







このスープ単体だとフレンチなんだけど、
皿の周囲に添えられたものをスープの中に
落としていくとチャイニーズテイストに
変化していくんですよ
0303チェナクルームFeb-17




そして、合わせたのがこちらの日本酒。
このマリアージュは、ありそうで無いね。
0303チェナクルームFeb-15






いやいや、いい圧を放ってますね。
尾崎牛のブロックを贅沢に使ったポトフ。
これ、スープがほんとに旨かった。
オレ、スープが美味しいお店って好きなの。



0303チェナクルームFeb-30



0303チェナクルームFeb-32



そして、いかにも赤ワインにいきそうな流れの
ところを白でマリアージュさせてくるところ
なんてニクいと思わない?
0303チェナクルームFeb-24







鴨自体は極めてオーソドックスなアプローチなんですが
0303チェナクルームFeb-25



0303チェナクルームFeb-28


まさか、これをカクテルに合わせてくるとはね。
鴨とこのカクテル一口もらっただけで、思わず昂ぶったわ。
0303チェナクルームFeb-23





0303チェナクルームFeb-27






こちらは3種の安納芋を使ったデザート。
挑戦的でありながら、芯は太くブレてないのよね。
0303チェナクルームFeb-33






こちらには貴醸酒を合わせて。
0303チェナクルームFeb-36






一方、オレがオーダーしたのはアフロヘッドみたいな
アップルパイ。パイ生地好きのオレはついつい完食して
しまったので、あとでとんでもない満腹感と闘う羽目に。
0303チェナクルームFeb-38




アップルつながりで弘前のシードルを。
0303チェナクルームFeb-37



女子好みの内装に油断してると
根っこからもってかれますよ。
特にたべこんでる人ほど。
0303チェナクルームFeb-35




今年になってまだ2ヶ月ちょいだけど、
リピート率の高さでいったら、新規訪問
の中では筆頭候補。
0303チェナクルームFeb-40





そのくらい、ボクもまりえも気に入ってます。
0303チェナクルームFeb-44


今度は、どんなドキドキ体験させてくれっかな。
0303チェナクルームFeb-43


チェナクルームフレンチ / 内幸町駅新橋駅銀座駅
夜総合点★★★★ 4.0




まだまだヤンチャしちゃってください。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:30│Comments(0)TrackBack(0)フレンチ | ¥7000〜

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔