2016年03月08日

TENOHA &STYLE RESTAURANT (代官山)森の奥は別時間

0307WMOct-32

代官山駅前、イータリーの跡地の「TENOHA」。
緑を多く配置した中庭は、ゆったりした演出で、
周囲の低層階の建物には、イタリアンレストランや
カフェ、ショップ、オフィスなどが配置されていてる。
0307WMOct-40


超地下の高い都会のど真ん中にいながら、
癒される気分になれることが贅沢極まりない。

昔からある代官山アドレスといい、人気の衰えない
蔦屋書店といい、こちらのTENOHAも経済効率主義に
センスで対抗しようとしているのが代官山っぽい。
(違う意味の経済戦争だけどw)
0307WMOct-9


この日は、「TENOHA」の敷地内にあるイタリアンレストラン
TENOHA &STYLE RESTAURANT』でアンティーク
ウオッチの会。
0307WMOct-13



ボクは、他で会食だか取材があったために、ここでごはんは
食べることできなかったんだけど、スイーツとワインを飲む限り
こりゃ昼呑みの聖地だとピンときました。
0307WMOct-1




結構な数 テラス席もあるし、ふだんはキッチンスタジオに
なってるスペースも借りることが出来て、ここも窓を
あければ、オープンテラスになるんです。
0307WMOct-4



ただ、唯一にして最大の難点は、休日がメチャ混み
だったということ。奥にある中庭のテラス席まで
ひっこめば、かなり静かではあるんだけど、
フラっと寄ってテラス使いは難しそうだった印象。
0307WMOct-31



さすがに、今はまだ寒いので、そこまで人も
多くないんだろうけど、目黒川の桜が咲いたら
その余波でここも人波が押し寄せそうな予感。
0307WMOct-37


TENOHA&STYLE RESTAURANT
03-5784-1640
東京都渋谷区代官山町20-23 TENOHA代官山
http://tenoha.jp/and-stylerestaurant/





時計はH師匠が、パテック何本も持ってきて
くれていたので、折角だからとはめ撮り。
0307WMOct-22



時計雑誌で見るのと、ナマで見るのは
まるで違う印象だし、自分の手にはめて
第三者視点でみると、更に全然ベツモノに。
0307WMOct-18



決して派手なデザインではないんだけど、
王道すぎる存在感と、隠そうとしても
溢れ出る気品って、やっぱ あるんすね。

それまで"高い別世界の時計"だったパテックが、
ボクにとって本当に憧れの時計となった瞬間です。
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ



************************



140席というキャパ。
0307WMOct-33





0307WMOct-34




いくつかの世界観別に構成された空間。
0307WMOct-30




個室もいくつかあったり。
0307WMOct-3




ここは料理教室も出来る個室。
0307WMOct-2





むむ、チーズも旨っ!!
0307WMOct-11




ワインのラインナップも悪く無い
0307WMOct-12








さて、そろそろヲタクの時間です。
0307WMOct-6




知識が無くても美しい。
0307WMOct-7




パテックの品格たるや…
0307WMOct-8




さすがの師匠。
0307WMOct-10





気持ち良い空間。
0307WMOct-35



0307WMOct-29



0307WMOct-36





0307WMOct-14


0307WMOct-15



女性にも似合うエレガント過ぎるマスク
0307WMOct-16







ド定番たる理由がわかった瞬間。
0307WMOct-19





腕一つで印象変わりますなぁ。
0307WMOct-20



0307WMOct-21



0307WMOct-17



0307WMOct-24

方向性としては。
0307WMOct-25




0307WMOct-26





0307WMOct-27





0307WMOct-28



いい午後
      ↓ ↓
人気ブログランキングへ









トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔