2016年04月26日

Turnbull & Asser(LONDON)007のシャツを訪ねて

0425T&A4月-21


ターンブル&アッサー(Turnbull & Asser)」は、
ロンドンで1885年に創業したビスポークシャツブランド。
無地で地味だったそれまでのシャツに、ヴィヴィッドな
色と柄を用いたことで名を上げた。
0425T&A4月-23



顧客にはチャーチル首相やレーガン大統領をはじめ、チャップリン、
アル・パチーノなどの俳優が並ぶ。最近では007のシャツと言う方が
わかりやすいかと。
0425T&A4月-22





派手なシャツって言うとイタリアを思い浮かべる人が
多いと思うんだけど、これもロンドン発なんですよ。
0425T&A4月-5




店内はビスポークだけでなく、既製のシャツも売られている。
ボータイの種類や量が半端ないのも驚いた。
0425T&A4月-15



スタイルの多様化やファストファッションの浸透により、
ロンドンでもシャツをビスポークする人は減ってきているそうだ。
シャツに数万円を払うのと同じ額で、ほかのことがなんでも
できちゃう世の中だ。
0425T&A4月-12



とはいえ、視点をロンドンから外に向けてみれば
世界中で「007」のダニエル・クレイグが着てたような
シャツが欲しいという人は、かなりの数いるだろう。
0425T&A4月-7



だから、かつてのような一見さんお断り的なイメージはなく、
今は、非常にオープンな雰囲気。若い人にも試して欲しいと
言っていたので、ロンドンに行く機会があれば是非。
0425T&A4月-26



ちなみにボクも、Yシャツはたいがいオーダーメイド。
「ターンブル&アッサー」のような高価なものではないが、
好きな柄の生地で、自分の好きな襟のカタチが選べて、
ボタン遊びも自由自在。この時も時間があれば作りた
かったです。取材が詰まってて、かつ翌朝にはロンドン
離れなくちゃいけなかったので、諦めましたが。
0425T&A4月-2


eur_bn01

【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 
【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u


最初の1枚目を作るまではハードル高いかもしれないけど、
それ以降は、オーダー以外でシャツを買うことのほうが
違和感を感じるようになるかもよ。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






***************************************


写真はもう少し撮ってあるので
折角なのでご覧くださいな。

こちらは、既成品の方のコーナー
0425T&A4月-3



ジャーミンストリート沿いのブティックは明るく
JOHN LOBB LONDONの重厚感と違って、
お店にも入りやすい。
0425T&A4月-4



0425T&A4月-6






0425T&A4月-9




こういうボータイが似合うようになりたい
0425T&A4月-10



0425T&A4月-11






0425T&A4月-13




0425T&A4月-14






0425T&A4月-16



こんな柄もあるんすね。
0425T&A4月-17




ボータイのこの種類の豊富さ、うらやましい。
0425T&A4月-18



0425T&A4月-20





ビスポークのエリアに入ってみました。
ゴールドのリング、時計ともに勉強になる。
0425T&A4月-24



0425T&A4月-25





0425T&A4月-27



渋すぎるぜ、チャーチルさん。
0425T&A4月-28




0425T&A4月-30



この記事書いてたら、こないだ京都で作った
夏の着物が、早く届いて欲しい!って気持ちが
ますます強くなってきた。
0425T&A4月-31


eur_bn01

【スマホ】http://bit.ly/1z0nslF 
【PC】   http://bit.ly/1Djdw1u


和装もいいですよ。
とはいえ、月1回くらいしか着てないけど。
夏は、もうちょい高めのローテーション予定で。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ











トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔