2016年06月21日

くろいわ (恵比寿)鮎と鱧の夏

0622くろいわ6月-21


最近はファミリー会と化してる恵比寿「くろいわ」ですが、そろそろ男子会に戻そうかとも思っています。ファミリーな集まりは他でもやってるので、ここくらいは基本、女子禁制もいいかなと。
0622くろいわ6月-38





さて、そんな「くろいわ」の最新の訪問記がこちら。
0622くろいわ6月-9


「カンテサンス」とか「くろいわ」とか、品数が多くて気合の入った料理が続くお店に行くと、写真撮りすぎたり、ちゃんと書きたくなったりと欲張りになるんすね。で、結局、そこに対応してる時間が取れず、アップが後回しになるなんてのは、よく聞く”ブロガーあるある”です。

なので、今回は旬なうちに。冒頭に書いたとおり、今回は鮎づくし。生きてる鮎をその場でしめて、目の前で焼いてもらうという贅沢な宴。
0622くろいわ6月-3




カウンターの向こうに大きな焼き物がおいてあり、焼く直前までその中で生きてる鮎が泳いでいて、水を跳ねる音が聞こえてくるんです。耳でも涼しさを感じられる演出。
0622くろいわ6月-8




火にかけて尾びれが立っていく様子を目の前で見たり、口の中がグツグツしてるのを観測したり。
0622くろいわ6月-24


金串に刺されて焼かれていく鮎を残酷と見るか、美味しそうと見るか。ボクは100% 美味しそうにしかみえない派ですが、命をいただくという行為だということを再認識するので、背筋が自然と伸びていきます

養殖ではあるんですが、この日が美味しさのピークになるように調整してもらった鮎。色んな意味で、感謝をしながら頭からかぶりつく。

最初は、割としっかりめの焼き加減。締まった食感を楽しみます。蓼のソースも不要なくらい単体で美味。KOEDOの黒ビールが合いますわ。

水茄子でリセットしつつ、まずは焼を2匹。3匹めの鮎はふっくらとした焼き加減で。
0622くろいわ6月-26


この後、八寸や鱧とふかひれの煮物と続きます。
八寸は紫陽花をあしらっていて、いやな梅雨のはずなのに美しさと楽しさを見出してしまった。こういう視点を先人からいただけるから、日本料理はいいんですよね。
0622くろいわ6月-29


この八寸の主役、実は梅の蜜煮。

見 た目は硬そうなのにとても柔らかく、味わいも上品。なんでも、中三日もかけてゆっくり煮るんだとか。手がかかった”ならでは”の美味しさ。手軽に食べられ て美味しいジャンクフードも好きですが、先人たちの智慧(と欲望)の詰まった贅沢な技を亡くしてしまうのは勿体無いので、そうした食文化の継承のために も、外食を続けるのが使命だと感じている次第です。

完全にオッサンのセリフですね(笑)
0622くろいわ6月-33


そして、またしても終盤に鮎が登場。こちらは、なんと”鮎丼”。焼いて、しめて、その後に揚げた、小さいながらも手のかかった子なんです。このサクふわっと感の絶妙さは、体感しないとわ からないもの。エレガントさとワイルドさに小粋さを加えた、テイラー・スウィフト顔負けの破壊力。
0622くろいわ6月-45



最後はお茶室に移って。
0622くろいわ6月-64



一服いただいたあとに、着物だからという理由で、くろいわさんに一服を献上。平点前すら忘れてるので、たまには実家に行って復習しないと。
0622くろいわ6月-73



恵比寿 くろいわ
03-5793-9618
東京都渋谷区恵比寿4-11-12
http://www.kuroiwa.org/



この夏は、浴衣じゃなく、着物で遊び行く機会を増やそうと企み中。
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






**************************************



0622くろいわ6月-2




水無月の豆腐
一年の半分なので、正方形の半分の三角形。こちらは昔の氷室のカタチなのだそうで、視覚でも涼を感じられるというもの。小豆は無業息災の意図が。写真は撮り忘れ。



椀物はボタンはも、じゅんさいとともに。夏のせいだろう、いつもよりお出汁の主張が強め
0622くろいわ6月-10



0622くろいわ6月-11




お造りは、カレイ、いさき、アオリイカ
新ごぼうの醤油が酒飲みににはたまらん(酒は弱いが味覚は酒飲み)
0622くろいわ6月-15


0622くろいわ6月-16


0622くろいわ6月-17





鮎は蓼酢、水茄子
0622くろいわ6月-12




0622くろいわ6月-19


0622くろいわ6月-22



コエドビール
0622くろいわ6月-23




紫陽花があしらわれた八寸。
イワナの甘露煮、名残カツオは酒盗とともに。タコ、ナスの赤ちゃん レモンの田楽、信州白馬のふき、エンドウ豆は、豆を楽しむだけでなく、豆の出汁とお酒を合わせて
0622くろいわ6月-27






0622くろいわ6月-30




よもぎ茶のゼリー寄せ
0622くろいわ6月-31




落とし鱧、お出汁はホタテ、桜エビを散らして。
0622くろいわ6月-32




まさかのフカヒレ君、こんにちは
0622くろいわ6月-34





0622くろいわ6月-36





0622くろいわ6月-37






0622くろいわ6月-39



白米からのじゃこご飯
0622くろいわ6月-43




鮎丼、仕込中
0622くろいわ6月-44


0622くろいわ6月-46




この紅の鰹節が、またうまいんだ。
0622くろいわ6月-47



0622くろいわ6月-48




TKG
0622くろいわ6月-51




まだ、食べられるということで、急遽鰹丼まで。
0622くろいわ6月-52



0622くろいわ6月-53




満足したようだね。
0622くろいわ6月-56



モテ期(?)のピロシ
0622くろいわ6月-57



0622くろいわ6月-59





0622くろいわ6月-60



0622くろいわ6月-62



0622くろいわ6月-63








0622くろいわ6月-65




0622くろいわ6月-68



0622くろいわ6月-75



0622くろいわ6月-78




この日も滞在時間5時間、ゆっくり遊ばせていただきました
 ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ



kyah2004 at 23:05│Comments(1)TrackBack(0)日本料理 | ¥20000〜

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by John Hong Kong   2016年08月23日 10:45
漢の粋は大好きなブログで非常に参考にしている。
香港に住んでいても知らない情報が毎日読んでいても飽きない。

さて、くろいわは期待していったが、余りにも味がイマイチでびっくりした。帰国した際に行ったら、味が薄すぎて微妙すぎる。上品とか京都風とかそんなレベルではない。

二人で6万円弱でこれかいという残念な味。雰囲気重視の典型。
女将の営業もへん。

Cielもそうだが、ブロガーの皆はあまりにもいいことばかり書いて単純に美味しいとかまずいとかじゃ、無くなっているんのでは。
参考にしている読者のためにも、是非まずいものはまずいと書いて欲しい。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔