2016年08月26日

レイガーデン (シンガポール)年越しの北京ダックとベイサイドの花火

0825SG12月-9


2004年を迎えたのはシンガポール。バンコク、クラビと回った後にシンガポールへ。弟家族や親友が住んでいたので、感覚的には殆ど東京に帰ってきた気分。


そんなファミリーとの大晦日の晩餐に選んだのは、安定の広東料理「レイガーデン」。子供連れで大人も愉しめて、しかもなにげにテラス席あるという。ちなみに、この時に使ったオーチャード通りの「レイガーデン」はもう無くなってて、今は”チャイムス”の中の方だけ残っているようです。
0825SG12月-6



「レイガーデン」はじめてのメンバーもいたので、焼き物、スープなど定番メニューを。だいぶシンガポールの物価も高くなっちゃったけど、それでも価格に対する満足度は、たいていの日本の広東料理店と食べて、まだまだ高水準。さすがは中華系が7割以上の国家ですな。
0825SG12月-14




テラス席でトップクラスの広東料理がカジュアルに楽しめるという。なにげに、そんなお店、日本であるかと聞かれても、「えーっと....」ってなりません?
0825SG12月-13




オーチャードストリートは、どんどん新しいビルに建替えられたからねぇ。成熟した日本では体感しにくい、”国が成長している実感”を感じられる場所です。
0825SG12月-5

Orchard Lei Garden Restaurant
現在はCLOSE、チャイムスの中のレイガーデンは健在
http://www.leigarden.hk/en/branches/branch.php?cid=4



食後はマリナベイの植物園行って、ニューイヤーの花火を待ちながら呑んでました。
0825SGNY1月-2




その地域・国によって得意なものってのは変わるので、旅人はうまくそのギャップを利用するのが理想です。東京は、なんでもあるって言えば、なんでもあるかもしれません。ほんと豊かな都市だし、その恩恵を死ぬほど受けてるのは自分です。

でも、ホテルの大人なリゾート感(しかも安い)や大胆なフォルム、高層階のルーフトップバー、オープンテラスのカフェやレストランなど、そういった部分はシ ンガポールにかないません。チキンライスやバクテー、ラクサなど、地元密着方の料理も、やはり現地で食べる方が美味しいです。あと、あんだけ狭いエリア で、コントラスト強めカルチャーが混在しているのも好奇心が刺激されて面白い。

何故、こんなに旅が好きなのか、ちゃんと考えたことはあんましないけど、多分、世の中で面白いことがまだまだあって、それを体験したくてたまらないんでしょう。刺激ジャンキーといえば、それまでかな。

そんな感じで、常に思考よりも行動が先になるオレですが、年末のせいか、めずらしくこれまでのことを振り返ってました。
0825SG12月-25



弟はそれこそヤツが生まれてからの付き合いだし、親友とも当時で20年近い付き合いになってたのかな。弟は昔から海外で仕事したいって話してたし、ヤケに仕事ができる親友も、若い頃から将来的には世界を舞台に仕事をするって、そんな話をしていたもんです。

そして実際に着々と人生のビジョンを実現してきた友人や家族。そんな仲間家族と、大晦日にシンガポールでうまいもんを囲んで酔っ払ってるというのは、なんだかホントHAPPYでね。
0825SG12月-1



刺激がもらえる友人というのは、ほんとありがたいもの。自分の狭い価値観をどんどん広げてくれるし、現状で満足するなんてことは、人生で殆ど味わったことの ない感覚です。友人らの活躍を目の当たりにしていると、いつだって”オレって、なんも成せてねーわ”って、そう思いながら日々を送ってます。
0825SG12月-27



あ、 別に卑屈になってるわけじゃないよ。多少うまくいったことがあったとしても、そんな慢心することないし、周囲に感謝しながら次の目標を目指していける、そ ういうサイクルを自然と作ってもらえているということ。これは、こうした友人・家族らのおかげなんで、ほんと”ありがたいな”って思うんです。

こう書くと、なんだかいい人ぶってるように感じるかもしれないけど、それがマジ本心なのよ。自分でもこんな精神状態になるなんて、ガキの頃には夢想だにしてなかったわ(笑)
0825SG12月-35



人が成功したら羨んだり、失敗したらザマーミロってなるのかと思ってたけど、誰かが成功してたら素直に尊敬するし、自分も絡める部分がないか、自分のケースで役立つことないか、そういう思考回路で生きてます。

子供の頃は「いい大学にいって、いい会社に入って」みたいな人生しか選択肢がないかと思ってた。確かに、大学でできるコネクションとか、価値観の形成は重要 だけど、もはやいい会社ってのは、定義が昔とは大きく変わっていっている。自分の人生に責任を持てるのって、結局自分しかいないわけだし、インターネット は個人にビジネスのチャンスを、信じられないくらい提供してくれている。
0825SG12月-44




0825SG12月-47



このシンガポール訪問から、既に2年半以上が経ってるわけなんで、子どもたちはだいぶ大きくなったし、新しい命が誕生したり、ビジネスの環境も大きく変わっています。

それは自分にもあてはまることで、この旅の直後に書いてた文章を見て、なんだか今は、このNEW YEARの奇跡の延長に立ってるんじゃないかって感じてます。
0825SGNY1月-4


『カウントダウンの花火を見た後、道路は封鎖されてるし、恐ろしい人混みをかきわけながら電車で家の近くまで帰ろうと覚悟を決めてたんですが、交通封鎖が解け た瞬間に一台のタクシーがロビーに到着。だれかが呼んだタクシーだったんだけど交渉したら「乗っていいよ」とのこと。新年早々ついてる!

しかも、交通封鎖が解けた直後なので、他のタクシーは殆どいません。横に黒塗りの車が居るなと思ったら、シンガポールの副首相でした。なんか2014年はイケる気がしてきた! モーゼの十戒みたいに人混みの中をスイスイすすんでいきます。』

0825SGNY1月-6



ほんと、この頃からビジネス環境がガラッと変わったし、国内だけじゃなく、海外に行く頻度もめっちゃ増えた。

確か、この時期って、色々自分の環境を変えた時期だったと思う。ま、いつも通り計画的なんてもんじゃなく、なりゆきと勘と行動力だけなんだけどね。そういうことの集約が、この年末から年始の時間に集約されていた感じ。
0825SG12月-52



日々、全然ダメだわーと感じていながらも、2年前のこの時よりは、自分もやりたいことをカタチにしてきている。歩みは遅くてもいい、その代わり、自分に正直に、ブレずに進むことに拘りたい。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ




**************************************



年末なので街が浮かれてます。
0825SG12月-3



子どもの成長は早いねぇ。
0825SG12月-2



銀座の東急プラザじゃないですよ、シンガポール。銀座の東急プラザ通るたびに、なんだかシンガポールに来たみたいな気分になる。
0825SG12月-4




こちらは「レイガーデン」で食べた料理たち。
0825SG12月-10




焼物は安定して旨い。
0825SG12月-11




北京ダックも、大人5人で結構な数食べられます。子どもたちも食べてたかな?
0825SG12月-12




スープうめーなぁ。
0825SG12月-15




皮のパリッとした揚がり具合、これが本当に堪らんのですよ。
0825SG12月-16




春雨とガーリックは鉄板、ガルーパと合わせて。
0825SG12月-17




マンゴープリンは、子供も大好き。
0825SG12月-18



絶対定番の楊枝甘露を。
0825SG12月-19




いい感じで酔っ払ってハッピー♪
0825SG12月-20



ふぅ、お腹いっぱいになったので歩きますか。
0825SG12月-21




あらゆるものがコンパクトなので、突き抜けたリッチ感も日常の横にある。
0825SG12月-22






この植物園もスゲーよな。
0825SG12月-28




ビグザムめ!!!
0825SG12月-37




やっぱしデカい。
0825SG12月-36





日本より小さい国なのに東京以上のスケール感。魅せ方の巧みさが目立ちます。
0825SG12月-38




マリナベイは、さながら浅草寺ですかね。人人人人
0825SG12月-40



0825SG12月-42




0825SG12月-41





0825SG12月-43




お店はどこも満席で、子どもたちは疲れてしまったらしく親友ファミリーとはここでお別れ。
0825SG12月-45








ちょっと、ホテルのラウンジ見てみようかと、リッツに行ったら全然余裕で。
0825SG12月-49



イベントが終わった後らしく、殆ど人もいなくてね。
0825SG12月-50



テラス席に陣取ってバーの旨い酒をいただきながら、2013年を締めくくる。
0825SG12月-51






夏の終わりが見えてくると、ちょいと焦りを感じません?
0825SGNY1月-3



今年は、どんな風に締めくくろうかね。
  ↓ ↓
人気ブログランキングへ



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔