2016年09月11日

テンダロッサ(横浜)ビステッカに続く道

0828TR5月-26

初夏に訪れた横浜 馬車道のイタリアン「テンダロッサ」、テラスがオープンした時期を狙って。オープンエアの活気あふれる大箱の中を、カメリエーレたちが滑らかに動きまわる。大箱の中を男前のカメリエーレたちが滑らかに動きまわり、ゲストに応じた流れを創っていく。予約の取れない小箱の店は数あれど、大箱で毎日賑わい続けるイタリアンって、この時代はほんとレア。

大箱イタリアンのメリットは、ゲストの賑やかな活気がもたらす高揚感だけではない。それだけ数が出るだけにいい素材が集まってきやすい。ここ「テンダロッサ」は、上質なオーブラック牛が集まってきているので、スペシャリテのビステッカは間違いなく旨い。肉塊を前にしたプレゼンが似合うのも、テンダロッサの魅力のひとつ。
0828TR5月-7



しかも、それだけの数をグリルしているので、焼き手のスキルも当然高まる。フィレンツェで修業していたKENZOシェフはともかく、他の焼き手たちの底上げにもつながるはずだ。
0828TR5月-23




肉推しのイタリアンではあるが、ここに通うのはビステッカに続くまでのアプローチが、隙なく楽しめるから。バーニャカウダひとつとっても、油断できない(笑)。
0828TR5月-10




オレ、タルタル好きなんすよ。日本だとうるさいとこ多いので、海外で見かけたら、だいたいオーダー入れちゃいます。
0828TR5月-12




鯖のマリネに、いわし、にしん。蛸、マグロ、ひらまさなどなど、最近は魚にもより力を入れているとのこと。前菜で海の幸と戯れ、セコンドで肉とタイマン。
0828TR5月-15



うまみが炸裂するイカ墨のパスタ。この後で得意のラビオリを挟んでからビステッカ・アッラ・フィオレンティーナへと続く。カメリエーレやシェフからは、ピッツァも全力で勧められるのだが、毎回胃のキャパがネックとなって辿り着くことが出来ない。
0828TR5月-19





今年になって数キロ太った分、食べられる量も増えてきてる気がするんだけど、ビステッカを完食した頃には、動くことすら面倒になってきている。そして、毎度のことながら、ワインのセレクトが愉しい。美味しいのはもちろん、気分をアゲるポイントをついてくる。これは通って無ければ味わえない楽しみ。
0828TR5月-29




0828TR5月-30




0828TR5月-35


0828TR5月-37


0828TR5月-40

ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa)
045-663-0133
神奈川県横浜市中区太田町6-75
http://www.tenda.jp/



 ↓ ↓
人気ブログランキングへ



**************************

この日は、横浜で「ガンダムオリジン」の舞台挨拶があったので、映画の後に「テンダロッサ」へ。
0828TR5月-1





桜木町の駅から、歩いて5分ちょっとかな。計ったことはないから、体感値。
0828TR5月-3




予約時にテラスの最前面を所望。
0828TR5月-4




フェラーリさんで乾杯。
0828TR5月-5




ドスンとテーブルに降臨したオーブラックの肉塊、BSEの影響で止まっていた、イタリア牛の輸入も今年になってやっと再開したけど、なかなかコンスタントに手に入れるのは難しそう。
0828TR5月-6






さりげなく出されるズッパが、めちゃくちゃ旨い。イタリアのマンマ的というか、景色が浮かんでくる味だ。
0828TR5月-8




野菜を挟んで、この後に備えます。
0828TR5月-9






このオリーブオイルとか、持ち帰りたくなるわ。
0828TR5月-11






焼いたパンの上に乗せたタルタルをがぶっと。これはワインなしにはいられない。
0828TR5月-13



0828TR5月-14





力を入れてるというだけあって、以前よりも魚の前菜がパワーアップしている気がする。
0828TR5月-16




ペアリングは任せっきり。自分で選ぶと、どうしても同じようなものばかりになるし、そもそも料理の流れも知らないから、身を委ねて後で感想を言ってチューニングをしていく。そんなやりとりの繰り返しが、より自分好みの店を作る方法です。
0828TR5月-17




うまみとナチュラルな甘さが癖になるイカスミのパスタ。
0828TR5月-18




このラビオリは、流れの中だから1枚だけだけど、これ数枚あれば普通ならディナーが成立する。
0828TR5月-20





そろそろうちのが焼かれてるかなと、グリル台に偵察。
0828TR5月-24





いや、見ちゃってくださいな、この火入れ。
0828TR5月-21




ビステッカは、塩、オリーブオイルに続く第3のソースがワイン。このネッビオーロは主張しすぎずエレガントさ纏っててタイプでした。さすが、高野くん。いつも、グラッツェ!!
0828TR5月-22



赤身肉の旨味を、じっくり噛み締めながらいただきます。
0828TR5月-27





骨の周りもたまりません。
0828TR5月-28






たまに横浜に引っ越したくなる理由がココにある。
0828TR5月-31





食後酒もいいの出してくるからベロベロです。
0828TR5月-32







0828TR5月-34






0828TR5月-36






お店の中が落ち着いてきたところで、しばし歓談。
0828TR5月-38




テラスが閉まる前に、また行っておかないと。
0828TR5月-39




弟家族とか両親とか、誰かしらが訪れているので、家族が集まるよりKENZOシェフは、うちの家族を見てるかもしれない。そういう当家のHUBとなってるイタリアン。
 ↓ ↓
人気ブログランキングへ







トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔