2016年09月29日

小舟渡 (八戸)うに丼と葦毛崎展望台と種差海岸

0922種差海岸7月-16

このブログは、2年くらいの時差なんてザラですが、そろそろこちらは書き終えましょう。2014年の夏に行ったレストラン列車「東北EMOTION」と八戸美食巡りの記録です。

最終日のランチで「フェザント」で鯖ピザと雲丹パスタに痺れたあと、ちょいと海まで出てみたんです。なんか海に突き出た建物があるぞ?と偵察してみたら、『小舟渡』という磯料理のレストラン。
0922種差海岸7月-1


ランチ食べたばっかだけど、ウニ丼ならイケる!ということでお店に入ったら大行列で30分の待ち時間。逆に腹ごなしにはちょうどいい時間ということで、そのあたりを散策しながら時間をつぶしてました。
0922種差海岸7月-9


0922種差海岸7月-11


周囲はかなり美景スポットで、ここから食後に葦毛崎展望台まで歩いたけど、その中でも印象的な美しさ。
0922種差海岸7月-12




お店に戻るとすぐにテーブルに通されてうに丼を。真横が海というこれでもかというくらいのシーフロントなロケーション。多分、満潮だともっと海が近いんでしょう。
0922種差海岸7月-5


馬糞生ウニ丼が3000円、紫生ウニ丼が2800円。このクオリティならオトクとしか思えない。ただし、生ウニは5/15〜8/末なので要注意。もっと早く書けよって?、うん、オレもそう思うわ(笑)
0922種差海岸7月-17


連れのフォーリンデブはっしーは、更に名物料理の磯ラーメン食べてました、さすがプロ。
0922種差海岸7月-19

海席料理処 小舟渡
0178-33-3824
住所 青森県八戸市鮫町小舟渡平10
http://www.kofunato.co.jp/

食後は更にカントリーサイドを掘り下げてました。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ






********************************


食後は車道の横の遊歩道を歩きながら「葦毛崎展望台」へ。
0922種差海岸7月-20



ここは展望台の景色もさることながら、石造りの展望台をちょっと離れたところから撮るのがオススメ。なんだか、和の情緒がありながらも、ちょっとだけヨーロピアンなアクセントがいいね。
0922種差海岸7月-23



ハワイのアロハな海岸線や、LAの西海岸らしい風景も好きだし、イタリアのアマルフィ海岸もほんと美しいと思います。でも、ここには、それらに一歩も引かない美があって、日本人のDNAにはズサッと刺さります。
0922種差海岸7月-24


しばらく歩くと、ドカーンと広い砂浜の大須賀海岸にブチあたり、ここ歩いてても単調そうだからと足を探したら、ちょうどいいとこにバス停が。
0922種差海岸7月-25


そっから、種差海岸までいって、電車の時間を確かめつつしばしのんびり。種差海岸は、日本で珍しく海際まで芝生が広がっている海岸。海を眺めながら、そのまま服で転がれるってのは使い勝手いいね。砂でシャリシャリしなくてすむし。
0922種差海岸7月-27



こちらが駅舎。
0922種差海岸7月-30



冗談じゃなく1時間に1本とかなんすよね。都内の感覚で油断してると予定がズレちゃうので、あらかじめ時刻表は見ておきましょう。
0922種差海岸7月-29



いつまで経っても線路は好きっすね...
0922種差海岸7月-32



しばらくブログ書いてなかったので、書くのがシンドい。習慣って凄いわ。
  ↓ ↓ 
人気ブログランキングへ




kyah2004 at 12:20│Comments(0)TrackBack(0)和食 | 東北2014_7月

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔